おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
10 | 2017/03 | 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ガパオライス』 @ほっともっと
ほっともっと
http://www.hottomotto.com/

●ガパオライス ¥560
―バジルの香り、スパイスの辛さ、本場の味―
―鶏肉を、“ガパオ”と呼ばれるホーリーバジルと
 本場のスパイスで炒めました。
 香りと刺激的な辛さを味わえます。
 フライドエッグでまろやかに、レモンを絞ってさわやかに。
 お好みで色々な味が楽しめる、
 「ほっともっと」初の本格タイ料理です。
 ※本場タイの高級レストラン「ラサイアム」監修。―


ガパオライスとは


↑画像を、クリック〜!

TVCMでやっていた、ガパオライスを買いに、
電車に乗って、ほっともっとへ。
ちなみに、CMに出演しているのは、
2012年のタイフェスのステージで歌っていた、Newwy(ニウィ)

hottomotto_02B

ガパオライスにシーザーサラダが付いて、この値段は、涙もの。

hottomotto_03

おまけに、さらだのパッケージは、別になっていて、
ガパオの容器の上に、セットできるようになっているのだ。

『スグレモノ~! スグレモノすぎる~!!』

hottomotto_04

なんで、レモンが付いているのかが、謎。
あと、卵が、普通の目玉焼きなのも、
鶏肉が、ひき肉なのも、チョット残念。

hottomotto_05

ただ、ビックリしたのは、ガパオが、大量に入っていたこと。
というより、ガパオの葉っぱの存在に驚いてしまった。
今まで、コンビニなどから出された、ガパオライスには、
ガパオが全く入っていなかったからだ。

味わい的にも、“本場の味”にそれなりに近づいてるようだし、
この本気度を見ると、今後のアップグレードが、超楽しみ。

ガパオライスとは、ゼンゼン関係ないけど、
無念なのは、近くの大学病院の隣にあった、ほっともっとが、
処方箋薬局になってしまったこと。
大学病院で働く先生や、看護師さんには、
あんまり人気がなかったんだろうか。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『ガパオライス(鶏肉のバジル炒めごはん)』 @ファミリーマート
ファミリーマート
http://www.family.co.jp/goods/recommend/asianfair2013/

●ガパオライス(鶏肉のバジル炒めごはん) ¥430
―香り豊かで、辛みとコクのある味わいの「鶏肉のバジル炒め」に、
 目玉焼きをのせたプレートごはんメニューです。
 甘みのある「トウモロコシのかき揚げ(カオポートトード)」
 との相性も抜群です。(国産米使用)―


ガパオライスとは


↑画像を、クリック〜!

ガパオライスを買いに、ファミマへ。
が、アジアンフェア(9.24-10.21)が終わる直前だったので、
なかなか見つからないぞ。
1時間位かけて、4,5店回り、ようやく発見。
それにしても、1時間圏内に数店あるって、
どんだけ、密集してるんだ。

f_gapaorice_02

汁がしみ込まないように、ごはんの上に、シートが。
食べる前から、ごはんが茶色くなっていると、美味そうじゃないもんな。
そんな、心づかいが、ウレシイ。

f_gapaorice_03

電子レンジ、500w2分で、できあがり。
それにしても、なんでトウモロコシが乗ってるんだろう。
タイ人が、好きだってことは、聞いたことがあるけど、
ガパオライスに、トッピングされてるのは、見たことないぞ。
ってことで、まずは、先にトウモロコシを食べ終えてから。

f_gapaorice_04

しっかり混ぜて、ひと口。
原材料に、
ごはん、鶏そぼろバジルピューレ添え(鶏肉、玉ねぎ、植物油、
料理酒、オイスターソース、魚醤、にんにく、
バジルピューレ、中国醤油、その他)~
とあるように、ガパオ(ホーリーバジル)の葉は、入ってないよう。

バジルピューレというのは、ガパオをピューレ状にしたものなのだろうか。
そのあたりは、定かじゃないけど、味付けは、
ガパオライス風だから、不思議だ。

以前に比べれば、少しずつ本物に近づいているのは、
間違いないと思うけど、まだまだ突込みどころは、満載。
①ごはんが、国産米
②鶏肉が、ひき肉より細かい、みじん切り
 ↑本来は、肉をたたいて使用
③卵が、目玉焼き
 ↑本来は、揚げた卵を使用
④トウモロコシが、添えられている

①…価格的に難しいのかな
②…せめて、もう少し大きめの、ひき肉に
③…技術的に難しいのかな
④…不要なので、その分ガパオを増量

次回の、更なるアップグレードに、期待したい。


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『東京ガス 青山クラブ』
会席料理・割烹・小料理・京料理
表参道
港区南青山6-12-5
http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13014208/

東京ガス経営のゲストハウスで、昼御飯を。


↑画像を、クリック〜!

さすが、一流企業。
9階建てという、超豪華版の厚生施設だ。

aoyama-c_02
↑御献立

aoyama-c_03
↑先付…いくら醤油漬(長芋素麺、柚子卸し)
       椀盛…名残り鱧(鵜安平、松茸、菊花、素麺)↑

aoyama-c_04

↑造り…氷を敷いて(まぐろ、鯛、鳥賊、芽物一式、土佐醤油)↓

aoyama-c_05

aoyama-c_06
↑焼肴…甘鯛もろこし焼(しめじ、はじかみ、酢橘)

aoyama-c_07

↑煮物…べっこう冬瓜(鴨蒸しロース、栗、銀杏)↓

aoyama-c_08

aoyama-c_09
↑油物…胡麻豆冨(伊勢海老、公孫樹丸十、ちり酢)

aoyama-c_10
↑食事…木の子御飯、香の物…三種盛、留椀…赤出汁

aoyama-c_11
↑水菓子…季節の果物(栗のゼリー、梨、柿)


先付から、水菓子まで、全10品。
どれもこれも、やさしい味付けながら、奥深い味わい。
器も、盛り付けも、とても美しく、目でも楽しめるのだ。

『極上~! 極上すぎる~!!』

東京ガスの関係者と一緒じゃないと入れないのが、
唯一残念なところ。


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『岩手じぇじぇフェスタ2013』
日程:2013年10月19日(土)、20日(日)
時間:19日(土)10時〜20時、20日(日)10時〜17時

『東京ベジフードフェスタ2013』に行ったら、原宿側のあたりで、
『岩手じぇじぇフェスタ2013』っていうフェスに遭遇。
長年、代々木公園に通ってるけど、こんなフェスは、知らなかったぞ。


↑画像を、クリック〜!

一回りしてみると、あまちゃんで有名になった、“まめぶ汁”を発見。
もちろん、即並んでしまった。
iwate-jj_02

まめぶ汁…クルミや黒砂糖を包んだ団子(←まめぶ)を、
     野菜、焼き豆腐、油揚げ、かんぴょう等と共に
     昆布と煮干しの出汁で煮込んだ料理

iwate-jj_03
↑これが、「おかずかおやつか分からない微妙な食べ物」まめぶ汁 ¥500

iwate-jj_04
これが、クルミや黒砂糖を包んだ団子、まめぶ↑


まずは、スープをひと口。
昆布だしが効いていて、とても優しい味わい。
野菜、豆腐などにも、だしがしみ込んでいて、美味い。

そして、まめぶをひと口。
モチっとした団子と、カリッとしたクルミのコラボが新鮮。
が、しかし、黒砂糖の甘みが、なんか不思議な感じ。
正直言って、しょっぱい汁の中に、甘みのある具が入ってることに、
チョット違和感があるのだ。

ただ、別にまずいわけじゃないので、
慣れてしまうと、逆にクセになるのかも。
食べる機会があったら、またチャレンジしてみないとね。


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『きなこあげぱん(つぶあん)』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

安堂ロイド 沫嶋研(MATSUSHIMA LAB.)御用達
●『きなこあげぱん(つぶあん) ¥110
―歯切れの良い揚げパンにつぶあんをサンドし、
 仕上げにきなこシュガーをまぶしました。
 木村拓哉さんが演じる、大学教授で天才物理学者・沫嶋黎士の好物で、
 主人公と柴咲コウさんが演じるヒロイン・安堂麻陽とを繋ぐ
 キーポイントのアイテムとして登場する
 “きなこあげぱん”をイメージしたものです。―



↑画像を、クリック〜!

TVドラマ「安堂ロイド」との、コラボ商品。
“きなこあげぱん”も、食べてみた。

kinakoagepan_02

もしかしたら、きなこあげぱんって、食べるの初めてかも。
等と考えながら、ひと口。
まずは、きなこの風味が広がる。
そして、つぶあんの、ほど良い甘みが。

kinakoagepan_03

思ったほど甘くなくて、あげぱんの香ばしさもプラスされるので、
自分でも無理なく食べられるぞ。
ドラマに出てくる、きなこあげぱんにも、似てるし。

『安堂ロイド~! 安堂ロイドすぎる~!!』

キムタクが主演した「華麗なる一族」とのコラボでは、
「華麗(カレー)パン」が、大ヒットしたとのこと。
果たして、今回のコラボは、いかに。

ちなみに、「安堂ロイド」は、かなりぶっ飛んだSF作品なので、
大当たりか、大コケか、のどちらかになるような気が。
2話以降の視聴率によって、売れ行きが変わってくるかも。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!


ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。