おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『香味(4)』
中華料理
二子玉川
世田谷区玉川2-21-1
二子玉川ライズ オークモール1F

ランチ
●レバニラ定食 ¥750

11時50分頃にお店に行くと、もう4,5人のお客さん。
カウンターのはじの席に座り、大好物のニラレバをオーダーした。

待っている間に、ドンドンお客さんがきて、
12時過ぎには、アッというまに、満席に。
相変わらず、人気のお店のようだ。

komi_rebanira_01

待つこと、数分。
レバニラの登場だ。

komi_rebanira_02
↑すごいボリューム

komi_rebanira_03
↑高さもこんなに

ニラレバを一口。
チョット薄めだけど、レバーの味わいが、絶妙。
くどすぎず、あっさりすぎず、程よい旨み満載なのだ。

『レバ~! レバーすぎる~!!』

今度食べる時は、後半コショウなどをかけて、
パンチをプラスして、味わってみるつもり。

普段、腹八分目を心がけているんだけど、今日は、腹九.五分目。
ほぼ、満腹状態になってしまったけど、たまには、いいか…


★前回のレポは、こちら
『燈庵(3)』
豆腐&地鶏料理
二子玉川
世田谷区玉川3-9-10
http://r.gnavi.co.jp/a045207/

ランチメニュー
●《お豆腐屋さんの》麻婆豆腐御膳 ¥880
 (おばん菜、サラダ、ご飯、お味噌汁、香の物、甘味)
―お豆腐屋さんの麻婆豆腐です ごはんが進みます―

おばん菜って、恥ずかしながら、知らなかった。
で、調べてみると、元々は、京都の昔ながらの家庭料理のことらしく、
家庭料理・普段のおかず・おふくろの味といった意味のようだ。

お店のお姉さんに、麻婆豆腐御膳を頼むと、
ご飯と、味噌汁は、おかわり自由、
ご飯は、白米と、五穀米のどちらかが選べるとのこと。
ってことで、五穀米をお願いすることにした。

touan_mabodofu_01

今日は、一番乗りだったようで、3,4分後に、御膳登場。
麻婆豆腐の他に、煮物も付いていて、なかなかの豪華版だ。

touan_mabodofu_02

サラダを食べ終えてから、麻婆豆腐を一口。
トロミは付いていないので、中華じゃなくて、和風っぽいぞ.
辛さは、ピリ辛程度だけど、とてもコクがあって美味い。
“ごはんが進みます”のコピー通り、思わず、ごはんをお替りしてしまった。

『おばん菜~! おばん菜すぎる~!!』

自分的には、もう少し辛ければ、もっと嬉しかったんだけど、
ボリュームも味わいも、大満足。

他にも、気になるランチメニューがあるので、また来てしまいそうだ。


★前回のレポは、こちら

『おねぎや(6)』
旬彩酒庵
二子玉川
世田谷区玉川3-14-7
http://r.gnavi.co.jp/a045203/

●牛タンのねぎ塩焼き定食 ¥980
 (麦めし・とろろ・お味噌汁・お新香付き)
―麦めしに牛タンは絶品!―

以前から気になっていた、牛タンを食べに、おねぎやへ。

onegiya_gyutan_01
↑牛タンのねぎ塩焼き定食

なかなか、豪華版。

onegiya_gyutan_02

まずは、ねぎをたっぷり乗せて、牛タンを一口。
ほどよい塩味、コリコリとした食感が、抜群。
チョット硬い部分もあって、いつかみ終えたらいいのか悩んだりしたけど、
この値段なら、仕方ないってところか。
食べ応えのある牛タンが好みの方には、ちょうどいいのかな。。

『コリコリ~! コリコリすぎる~!!』

デフォルトでは、自分的には、腹八分目くらいのボリューム。
麦めしはお替り自由なので、ガッツリ食べたい時にも、オススメのメニューだ。


★前回のレポは、こちら

『おねぎや(5)』
旬彩酒庵
二子玉川
世田谷区玉川3-14-7
http://r.gnavi.co.jp/a045203/

●ディナー ¥4500位(1人あたり)

今日は、待望の、おねぎやディナー。
7時過ぎに訪問、カウンター席に案内された。

onegiya_0701_01
↑おねぎや

onegiya_0701_02
↑まずは、生ビール

onegiya_0701_03
↑お通しも、とても凝っていて、期待が膨らむ

お通しを食べると、このお店のすごさがヒシヒシと。

onegiya_0701_04
↑《おすすめ》自家製ねぎ豆腐
―自家製の豆腐の中にネギがたっぷり♪―


何もつけないで食べると、大豆の風味が広がり、これぞお豆腐って感じ。
柚子コショウをつけても、パンチが加わって、美味。

onegiya_0701_05
↑カウンターの上には、いろんな食材が

onegiya_0701_06
↑静岡ハイ
―焼酎の生緑茶割り―
―静岡産 深蒸し緑茶使用
 深蒸し茶は通常より長い時間で蒸す為
 茶茎が細かく砕けて普通のお茶より
 濃厚で甘味のあるまろやかさが出ます―


onegiya_0701_07
↑千住葱の豚肉巻き
―みずみずしい「千住ねぎ」は甘味がたっぷり ―


豚肉の旨みと、ねぎのシャキシャキ感が絶妙のコラボ。

onegiya_0701_08
↑じゃこオムレツ
―甘辛く炊いたジャコをいれた、ふんわり和風オムレツ ―


トロトロの玉子と、歯ごたえのあるジャコの相性が、抜群。

onegiya_0701_09
↑ねぎの箸置き

onegiya_0701_10
↑葱屋の油淋鶏

カリカリ、ジューシーな、唐揚げ。

onegiya_0701_11
↑ハイボール

onegiya_0701_12
↑《新潟名物》越後そば せいろ(中 1〜2人前)
―〆はツルッとそばでさっぱり!―


onegiya_0701_13
↑ジンジャーハイボール

ジンジャーがものすごく効いていて、パンチがあって、超美味。
こんなドリンク、初めてだ!

onegiya_0701_14
↑締めは、抹茶と、一口カステラ

どの料理も、まったくハズレ無しで、超美味。
また、機会があったら、ゼヒとも訪れたいお店だ。


★前回のレポは、こちら
『燈庵(2)』
豆腐&地鶏料理
二子玉川
世田谷区玉川3-9-10
http://r.gnavi.co.jp/a045207/

ランチメニュー
●《朝引き》大山鶏の親子丼(お味噌汁・香の物・甘味) ¥880
―鳥取県産の上質な朝引き鶏を使用し
 秘伝のタレと、フワッと絶妙にとじた
 とろとろ玉子で仕上げた燈庵自慢の親子丼です―


親子丼が食べたい気分だったので、久しぶりに『燈庵』へ。
店内に入ると、きれいなお店のお姉さんが、笑顔で迎えてくれた。
OPENの11:30ちょい過ぎなのに、すでに2組のお客さんが。
カウンター席の奥に座って、メニューを見ると、麻婆豆腐もあったので、一瞬迷ったのだが、
初志貫徹して、親子丼を、ごはん大盛りでオーダーした。
(ちなみに、ごはん大盛りは無料)

touan_oyakodon_01

2組4人の先客の後だったので、7,8分後に、親子丼登場。

touan_oyakodon_02
↑大山鶏の親子丼。今日の甘味は、ミルクプリン

味噌汁を2,3口飲んでから、親子丼を一口。
玉子は、フワフワ・トロトロで、鶏肉は、プリプリ・ジューシー。
この親子の共演は、相性抜群なのだ。

touan_oyakodon_03

柔らかめのごはんが好きな自分にとっては、やや硬かったのがチョット気になったけど、
トロトロ、ジューシーな食感、コクのある甘辛いダシのコラボは秀逸。

『親子~! 超仲のいい親子~!!』

“豆腐&地鶏料理”ってことで、豆腐は、お店で作ってるらしい。
次回は、オリジナルの豆腐を使った、麻婆豆腐を味わってみるつもりだ。


★前回のレポは、こちら


ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Laku

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。