おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『クルンサイアム 三軒茶屋店』
タイ料理
三軒茶屋
世田谷区太子堂4-27-11 ウィンベル福本
http://r.gnavi.co.jp/a274801/

krungsiam_0607_01
ヤム・マクア(焼きナスのサラダ)
―焼きナスを挽肉などで和えたさっぱりとしたサラダです。
 ゆで卵が味のアクセントに欠かせません。―

krungsiam_0607_02
カイ・ジャオ・ムー・サップ
(豚挽き肉入りタイの玉子焼き)
―豚挽き肉、たくさんの野菜を醤油で味付けし、
 卵でとじてやきました。大人の玉子焼きです。―

すごくサッパリとしているのに、味わい深い。

krungsiam_0607_03
パット・ピィアオ・ワ~ン
(エビと野菜のタマリンドソース炒め)
―タマリンド(タイのフルーツ)を煮出し
 甘酸っぱく仕上げました。―

これは、中華の酢豚って感じの料理だ。

krungsiam_0607_04
チム・チュム(イサーン地方の鍋)
―クルン・サイアムの新作鍋です。
 レモングラスをはじめ沢山のハーブが
 独特の味わいを生んでいます。
 野菜もたっぷりとれてヘルシーですし、
 タイスキとはまた違ったさわやかな辛さ、
 酸味はクセになること間違いなしです。―

本日の、メイン料理。
辛党さんオススメの鍋なので、
さぞかし辛いのではないかと思い、
初めは躊躇していたのだが、一口スープを飲んでみると、
それほど辛くない。
辛酸っぱくて、レモングラスがすごく効いていて、
トムヤムクンに似た味わいの激旨の鍋だ。

食べ終わった後は、ご飯を入れて、雑炊に。
麺も選べるのだが、やっぱり鍋の後はこれだよな。

krungsiam_0607_05
ガイ・パット・バイ・ガパオ・ラート・カオ
(鶏挽肉のホーリー・バジル炒め)
―タイの食堂人気NO.1!
半熟の黄身を混ぜて、お召し上がり下さい。―

かなり辛さがあって、ガパオも効いていて、なかなかの本格派。

krungsiam_0607_06
プー・パット・ポンカリー/カニのカレー炒め
―タイでは高級料理店しか扱わない自慢の一品。
中華料理を思わせるふわふわな卵でとじた仕上がり!―

これまた、絶品。

『アロイ~! アロイすぎる~!!』

人気があるのも頷ける、激旨料理の数々。
タイ料理の鍋は、初体験だったのだが、この鍋は秀逸。
また今度、他の料理も味わってみなければ。
コメント

タイの鍋&雑炊は驚きの美味しさですね。
私も初めてで堪能しました。<m(__)m>。
[2008/06/14 00:29] URL | しゃんろん #- [ 編集 ]


>しゃんろんさん
無事、生還されたんですね。
もしかして、まだあのお店に、いるんじゃないかと、
心配してましたw。

ホント美味かったですね。
タイ料理の鍋の概念が、根底から覆されましたw。
[2008/06/14 00:32] URL | RAKU #- [ 編集 ]


どのお料理も素晴らしいですね。メニューが充実してますね。
[2008/06/14 15:34] URL | スー #- [ 編集 ]


>スーさん
ココも美味いので、ゼヒ一度。
鍋も、なかなかいいもんだなとw。
[2008/06/15 09:39] URL | RAKU #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mblood.blog41.fc2.com/tb.php/304-7bc0aa6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Laku

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。