おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『らあめん花月 嵐(24』
期間限定メニュー
●博多豚骨ラーメン なんでんかんでん ¥720
―『なんでんかんでん』のラーメンは豚骨のみを煮出す直球勝負の白濁スープが特徴だ。
 豚骨と水のみで炊き出すスープはその火加減と豚骨の量で、味が決定する。
 煮出す食材の種類がシンプルであるほど、実は作り方が難しい。
 川原氏からスープ作りの指導を受けたマエストロ達は、
 早速スープ作りを開始することになった。
 その際、川原氏から『うちのラーメン難しいよ』との言葉が…。
 25年かけて培った『なんでんかんでん』のスープ作りは、
 幅広いジャンルの様々なスープを作ってきた
 マエストロ達といえども、容易ではなかった。
 そして果てしない豚骨との格闘の末、
 ついに『博多豚骨ラーメンなんでんかんでん』は完成した! ―


今回の期間限定メニューは、なんでんかんでんとのコラボ企画ってことで、
さっそく、『らあめん花月 嵐』へ。

rka_nandenkanden_01
↑なんかすごいセットが登場

“味変えアイテム”ということで、“白ゴマ”“うまみ汁”“紅生姜”“辛子高菜”が、
最初から、セッティングされているのだ。

rka_nandenkanden_02

“うまみ汁”で、濃さを調節して、“白ゴマ”“紅生姜”“辛子高菜”などを入れて、
味を変えて楽しむという、スグレモノなのだ。

rka_nandenkanden_03
↑具は、チャーシュー、ネギ、きくらげ、『なんでんかんでん』とプリントされたのり

プリントのりは、『なんでんかんでん』の特許商品らしく、
玉子のカルシウムで、文字が描かれているとのこと。

まずは、麺を一口。
やや硬めの麺は、口中に小麦の風味を広げる。
骨の髄まで溶け出したこってりまろやかな口当たりのスープは、濃厚で奥深い味わい。

『豚骨~! 豚骨すぎる~!!』

rka_nandenkanden_04
↑低加水極細麺

半分くらい食べたところで、“うまみ汁”を投入。
さらに、こってりとした味わいに。
その後、次々に、白ゴマ、紅生姜、辛子高菜も入れてみる。

替え玉をせず、一杯で全部試そうとしたのが、大きな間違いだった。
味の変化をしっかり楽しむ余裕が、まったくなかったのだ。
せっかくの、“味変えアイテム”が、あんまり意味ないじゃん。

替え玉をすると、満腹になってしまうので、自重したんだけど、
今度は、夜訪問して、替え玉をするつもり。
一杯目は、デフォルトで楽しんで、
二杯目に、味の変化をしっかり味合わないと、もったいないもんな。
近いうちに、替え玉にチャレンジしないとね。


★前回のレポは、こちら
コメント

あれ、替え玉しなかったんですね。
いろいろな味を楽しめるのはユニーク。
次回は替え玉の結果を楽しみにしています。
[2012/07/26 01:34] URL | 七味とうがらし #- [ 編集 ]


>七味とうがらしさん
ランチは、腹七,八分目を心がけてるので、替え玉しなかったっす。
満腹になってしまうと、午後から眠くなってしまうんすよ(笑)。
[2012/07/26 22:30] URL | Laku #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mblood.blog41.fc2.com/tb.php/1713-c43f89b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Laku

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。