おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『かつや(4)』
とんかつ
溝の口
川崎市高津区溝口2-12-7 第2永原ビル1F
http://www.kousei-grp.co.jp/business_category/b-katsuya/syoukai.htm

●四川風 麻婆鶏カツ丼 ¥590
─四川山椒「花椒(ホワジャオ)」を使用したしびれる辛さの本格麻婆
鶏カツとの相性は抜群です!! 是非ご賞味ください。─

katsuya_1023_01

“しびれる辛さの本格麻婆”というPOPを見て、思わず入ってしまった。
以前食べたのは、“超激辛麻婆カツ丼” だっだが、そのバージョンアップ版なのだろうか。

まずは、鶏カツを一口食べて、驚愕。

『熱い~! 熱すぎる~!!』

できたて、アツアツのカツという証なのだから、誰にも文句は言えないのだが、
あまりにも熱くて、飲み込むまでにえらい時間がかかってしまった。。
どのくらいの辛さなのか、気になっていたはずなのに、
そんなもんは、どっかに飛んで行ってしまうほどの熱さだったのだ。

katsuya_1023_02

という訳で、少し口の中が落ち着いてから、麻婆を食べてみると、
ケッコウ辛くて、旨みもあって、なかなかの味わい。
以前の麻婆シリーズよりも、かなりバージョンアップしてるようだ。

katsuya_1023_03

ただ、唯一の欠点は、カツとのコラボの必然性が感じられないこと。
まあ、かつやなので、麻婆丼だけでは、メニューにならないだろうけど、
麻婆とカツを合わせる必要がどこにあるのか、チョット疑問。

鶏カツはやっぱりソース味のほうが美味いはず。
ってことで、備え付けのとんかつソースを投入してみた。

katsuya_1023_04

『美味~! 美味すぎる~!!』

麻婆にソースの甘味が加わって、コクが増したのだ。
ただ、中華料理の麻婆とは、まったく違う味わいになってしまったのが、残念。
もしかしたら、鶏カツじゃなくて、鶏唐揚げのほうが合うような気がするけど、
かつやでは、唐揚げメニューは、やってないのだろうか。。
コメント
No title
こんばんわ!
鶏カツと麻婆ソースの組み合わせは初めて見ました。
なかなかユニーク!
私も鶏カツよりもから揚げのほうがむいているような
気がします。

[2010/10/28 03:30] URL | 七味とうがらし #- [ 編集 ]

No title
Lakuさんおはよーございます
コメントありがとうございました^^

この画像、とってもそそられます!
辛いの大好きなんです♪
子供に遠慮せずにお腹いっぱいいただきたい♪♪♪
[2010/10/28 06:42] URL | なべちゃん #- [ 編集 ]

No title
>七味とうがらしさん
そうなんすよ。
このコラボが気になって、食べてしまいました。
感想は、鶏唐揚げのほうがあうのでは?
という、残念な結果に。。
あとあと、メニューを見てみたら、鶏唐揚げは、無いモヨウ。
なんで無いのか、不思議っす。。
[2010/10/28 22:09] URL | Laku #- [ 編集 ]

No title
>なべちゃんさん
これは、予想以上に辛かったっす。
辛いの好きなんだけど、食後けっこう汗かいてました(笑)。。
ただ、鶏カツとのコラボが、チョット無理があるというか、
正直、別々に食べたほうが美味いのでは、って感じでした。
[2010/10/28 22:13] URL | Laku #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mblood.blog41.fc2.com/tb.php/1019-d32e881f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Laku

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。