おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
08 | 2013/09 | 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

『更科家族亭(16)』 ●焼きさんまセット(Aせいろ)
●焼きさんまセット(焼きさんま+ご飯+小そば) Aせいろ、Bたぬき、Cきつね ¥1,100

さんまのメニューが登場したので、久しぶりに更科家族亭へ。
そばは、せいろをチョイスした。

sanma-set_01

焼きさんまセットは、1年ぶり

前回のレポを読んでみたら、値段が、¥50上がってる。
まあ、今年は海水温の上昇のため、サンマが品薄のようなので、仕方ないよな。


↑画像を、クリック〜!

などと、あれこれ考えていると、10分ほどして、さんまの登場。
オーダーが入ってから、焼き始めるので、それなりに時間がかかるのだ。

sanma-set_03

まずは、せいろをひと口。
蕎麦の風味が、広がる。
早くさんまを食べたいこともあって、一気に完食。

sanma-set_04

そして、いよいよ、さんま。
脂ののったサンマは、プリプリで、超美味。
やっぱりこの時期は、さんまだよな、などと考えながら、

『旬の味~! 旬の味すぎる~!!』

今回は、大根おろしを半分に分けて、頭の部分と、しっぽの部分に使用したので、
前回のように、途中でおろしが無くなることもなく、完璧に食べることができたぞ。

sanma-set_05

ごちそうさま~!

シーズンが終わる前に、もう一度食べないとな。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『凄麺 横浜発祥 サンマーメン』
ヤマダイ株式会社
http://www.newtouch.co.jp/index.html

●ニュータッチ 凄麺 横浜発祥 サンマーメン ¥198
―「生碼麺(サンマーメン)」は、
 野菜たっぷりのとろみが旨いラーメンです!―

凄麺の、サンマーメンを見つけたので、買ってみた。


↑画像を、クリック〜!

標準栄養成分表(1食あたり)
エネルギー 313kcal
たん白質 9.4g
脂質 4.6g
炭水化物 58.4g
ナトリウム 3.0g(めん・かやく0.2g/スープ2.8g)

sannma-men_02
↑後入れ粉末スープ、後入れ液体スープ、かやく2種

sannma-men_03

具材…モヤシ、チンゲンサイ、ニンジン、キクラゲ、タケノコ

sannma-men_04

スープ…豚骨と鶏ガラだしをベースに、魚介と野菜のエキスを加え、
   ゴマ油と胡椒でバランスを調えた野菜の旨みたっぷりの
   コクとトロミのある中華風醤油スープです。

sannma-men_05

めん…当社独自製法のノンフライ製法により、
   生麺のようなモチモチ感となめらかな食感を実現した新配合麺です。


サンマーメンと言えば、以前食べたマルハニチロの、
横浜あんかけラーメン<サンマー麺(生碼麺)>のイメージが強かったので、
なんか、チョット物足りない。
トロミも、味わいも、もう一息なのに、って感じなのだ。

まあ、冷凍のモノは、カップめんの倍くらいの値段なので、
比べるのは、掟破りだというのはわかってる。
だけど、自分のサンマーメン・デビューがマルハニチロだったので、
無意識のうちに、比較してしまうのだ。

『惜しい~! 惜しすぎる~!!』

次のバージョンで、アップグレードしてくれることに、期待。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『10品目の特製中華丼』
セブンイレブン
チルド弁当

●10品目の特製中華丼 ¥430
―野菜がたっぷり摂れる中華丼です。
 具材は白菜、ヤングコーンなどの野菜に、きくらげ、うずらの玉子、
 豚肉、海老、イカなどが入り、具沢山で食べ応え十分です。
 ホタテの煮汁とオイスターソースのうま味を加えた海鮮中華あんが、
 野菜の美味しさを引き立てます。―



↑画像を、クリック〜!

10品目の特製中華丼も、買ってみた。

chilled_chukadon_02

500wの電子レンジで4分温めれば、できあがり。

chilled_chukadon_03

中華丼の具を、ごはんにかけて、ひと口。
しっかりトロミが付いたあんが、とても深い味わいで、美味いぞ。
おまけに、10種類もの具が入っているので、食べ応えもあるのだ。

『満足~! 大満足すぎる~!!』


★今週(9/23~28)アップした、チルド弁当の“お気に入り”は、こちら
こいつの味わいには、完璧にやられちゃったんだよね。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『特製牛めし』
セブンイレブン
チルド弁当

●特製牛めし ¥380
―甘辛く味付けした柔らかな牛肉を、たっぷりと盛り付けました。
 食べ応え十分なお弁当です。―



↑画像を、クリック〜!

特製牛めしも、買ってみた。

chilled_gyumeshi_02

500wの電子レンジで3分30秒温めれば、できあがり。

chilled_gyumeshi_03
↑牛めしには、マストの卵もトッピング

まずは、牛肉とごはんを、ひと口。
甘辛い味付けが、なかなか美味いぞ。
牛丼屋の肉よりは、いいものを使っているようで、
スジばったとこもなく、ケッコウ柔らかいのだ。

『でも、それなり~! それなりすぎる~!!』

牛丼屋よりは、¥100も高いのだから、いい肉で、当たり前って感じか。

chilled_gyumeshi_04

途中からは、お約束の七味を、大量投入。
パンチが出て、ますます美味に。

と言っても、近くにセブンイレブンしかなくて、どうしても牛丼を食べたい時用かな。
牛丼屋が近くにあるんだったら、同じ値段で、
サラダも付けられるので、そっちの方が、いいような気も。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!

『自家製ラー油の旨辛四川風麻婆丼』
セブンイレブン
チルド弁当

●自家製ラー油の旨辛四川風麻婆丼 ¥398
―ラー油と花椒(ファージャオ)と呼ばれる中国山椒の風味を効かせた、
 本格的な味わいの四川風麻婆丼です。
 山椒の風味、豆腐の食感、ザージャン炒め(挽肉炒め)の
 旨みをお楽しみください。―



↑画像を、クリック〜!

自家製ラー油の旨辛四川風麻婆丼も、買ってみた。

chilled_mabodohu_02

500wの電子レンジで3分30秒温めれば、できあがり。

chilled_mabodohu_03

麻婆豆腐を、ごはんにかけて、ひと口。
思ってたより、ピリ辛で、コクもあって、なかなか美味いぞ。

『旨辛~! ケッコウ旨辛~!!』

chilled_mabodohu_04

一味(七味)を大量投入すると、パンチが増して、旨味が倍増するので、
辛いのが好きな方は、ゼヒお試しを。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『お肉たっぷり 濃厚ビーフカレー』
セブンイレブン
チルド弁当

●お肉たっぷり 濃厚ビーフカレー ¥430
―牛肉をたっぷりと使った、濃厚でコクのあるビーフカレーです。
 カレーソースは、30種類以上のスパイスを使用し、
 ほど良い辛味と芳醇な香りが感じられるように仕上げました。―



↑画像を、クリック〜!

お肉たっぷり 濃厚ビーフカレーも、買ってみた。

chilled_beef_02

500wの電子レンジで3分30秒温めれば、できあがり。

chilled_beef_03

カレーを、ごはんにかけて、ひと口。
思ってたより、ピリ辛で、コクもあって、なかなか美味いぞ。

『濃厚~! ケッコウ濃厚~!!』

ごはんが少ないのと、カレーの具が少ないのが、
男には物足りないだろうけど、その味わいには、大満足。

女性向けの商品なんだろうか?
それとも、ポテトサラダなどを、“もう一品を買ってもらう作戦”なんだろうか??


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『たまごとろとろ特製親子丼』
セブンイレブン
チルド弁当

●たまごとろとろ特製親子丼 ¥430
―とろとろとした食感の玉子と半熟玉子が楽しめる親子丼です。
 だしは、こだわりのかつおだしを使い、
 風味豊かな香りと味わいに仕上げました。―



↑画像を、クリック〜!

たまごとろとろ特製親子丼も、買ってみた。

chilled_oyakodon_02
↑ごぼうサラダ ¥118

まずは、ごぼうサラダを、ひと口。
ごぼうがシャキシャキしていて、味わいもほど良く、美味。

chilled_oyakodon_03

500wの電子レンジで3分30秒温めれば、できあがり。
とろとろ感を強調するためか、半熟卵が入っているのが、オモシロイ。
確かに、普通の混ぜた卵だけだと、温めた時に固くなってしまうので、
半熟卵も、一緒に入れてあるのかも。
半熟玉子は、レンジで加熱しても、固まらないのが不思議だけど。

ごはんに卵をからめて、ひと口。
半熟卵を崩して食べると、予想以上に、とろとろで、とてもいい食感。
濃すぎず、薄すぎない、ほど良い味わいで、なかなか美味いぞ。

『トロトロ~! 思ったよりトロトロ~!!』

chilled_oyakodon_04

途中から、刻みノリを入れると、
香ばしさがプラスされて、うま味倍増。
やっぱり、だしの味には、ノリの香ばしさがとてもよく合うのだ。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『デミトマチーズのロコモコ丼』
セブンイレブン
チルド弁当

●デミトマチーズのロコモコ丼 ¥450
―ご飯の上に、ハンバーグと半熟玉子、
 コクのあるソースをたっぷりかけた「ロコモコ丼」です。
 デミトマソースは、玉ねぎ、にんじん、きのこなどを煮込み、
 さらにワインとチーズを加え、コクのある味わいに仕上げました。―



↑画像を、クリック〜!

セブンイレブンのチルド弁当を、初めて買ってみた。

チルド弁当とは…
製造から流通・販売までを5℃前後で管理。
これまでのコンビニ弁当は20℃前後で管理されていたが、
チルド弁当は低温管理されているので消費期限が、1日程度から3日程度に。

chilled_demi_02

素材の鮮度を生かした調理法
トロトロの半熟玉子は、鮮度を生かした野菜など、チルドだからできる調理法で美味しく!

chilled_demi_03

具材とごはんの二段弁当
食べる直前にご飯とおかずを合わせるから、ご飯の美味しさがしっかり味わえます!


chilled_demi_04

500wの電子レンジで3分30秒温めれば、できあがり。

おかずを、ご飯の上に乗せて、
半熟卵をつぶして、ハンバーグに絡めて、ひと口。
ソースに、ものすごくコクがあって、奥深い味わい。

『デミトマ~! 極上デミタマ~!!』

ひと口目で、完璧にやられてしまったぞ。
チョット自分には、量が少なめだけど、
味わい的には、大満足だ。
かなり期待できそうなので、他のメニューも、全部食べてみないとな。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『スリランカフェスティバル 2013』
9/21(土)、22(日)
代々木公園イベント広場


↑画像を、クリック〜!

srilanka2013_02
インドスリランカレストラン294

srilanka2013_03

知らない店だったけど、メニューの写真が美味そうだったので、
ここで食べることに。

srilanka2013_04
↑カレーだけじゃなくて、ロティなどのおかず系も充実

srilanka2013_05
↑チキンカレー ¥400

他のお店のカレーは、¥500なのに、ここは¥400。
しかも、チキンだけじゃなく、豆カレーも付いているのだ。

srilanka2013_06

まずは、チキンカレーをひと口。
辛さはあまりないけど、とてもスパイシーで、奥深い味わい。
チキンも、ケッコウでかいのが、ゴロゴロ入っていて、食べ応えもあるのだ。

『ラサイ~! ラサイすぎる~!!』

豆カレーも、やさしい味わいで、美味いぞ。
茨城県のお店らしいけど、機会があったら、ゼヒ一度行ってみたいものだ。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!

『オリジン弁当(3)』 ●レバニラ
弁当、惣菜
http://www.toshu.co.jp/origin/

お惣菜 ¥178(100g)
●レバニラ ¥291(172g)
―厚みのあるレバーを揚げた、食べ応えのある商品に仕立てました。―

前回、午前中に行ったら、レバニラが見当たらなかったので、
今回は、夜に行ってみた。

総菜コーナーを、見回してると、レバニラ発見。

『見つけた~! ようやく、見つけた~!!』

rebanira_01

興奮しすぎたせいか、200g入れたつもりが、
レジに持っていって測ってもらったら、なんと172gしかなかったぞ。


↑画像を、クリック〜!

まずは、レバーと野菜を絡めて、ひと口。
レバーの独特の食感と、風味が広がる。
ただ、自分の好みとしては、チョット薄い味わい。

初めてなので、これが定番の味なのか、
今日が、薄めの味付けになってしまったのかは、謎。
自分は、味の濃いのが好きじゃないのに、
それでも薄いって思うのは、なんか納得できないのだ。

ものすごく気になるので、また、今度、食べてみないとね。


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『こだわりパン工房 バターチキンカレーのナン』
ファミリーマート
http://www.family.co.jp/

●こだわりパン工房 バターチキンカレーのナン ¥126
―もちっとした食感のナン生地に、
マイルドな味わいのバターチキンカレーを包んで焼き上げました。―

kodawari_butter_01

ナン…
インド、パキスタン、中央アジアのタジキスタン、
中国新疆ウイグル自治区、ウズベキスタン、アフガニスタン、
イラン、クルディスタンなどで食べられるパンである。
インドのものは他国と異なり、
二等辺三角形あるいはへら型をしている。


kodawari_butter_02
↑そのルックスは、まさに、ナン


↑画像を、クリック〜!

まずは、ひと口。
モチモチしていて、ナンに近い食感だ。
ただ、“マイルドな味わいのバターチキンカレー”が、
マイルドすぎて、まったくインパクトが無いのだ。

『パンチが無い~! 無さすぎる~!!』

せっかくここまで、形にこだわったんだから、
味わいも、しっかり作りこんでほしかった、というのが正直なところ。


★今週(9/16~20)アップした、こだわりパン工房の“お気に入り”は、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『こだわりパン工房 ハムエッグデニッシュ』
ファミリーマート
http://www.family.co.jp/

●こだわりパン工房 ハムエッグデニッシュ ¥105
―コンソメ風味のデニッシュ生地に、
黒胡椒のきいたハムとタマゴサラダをのせて焼き上げました。―

デニッシュ…
デンマークやその周辺のスカンジナビア諸国に源を発した、パンの一種。
イーストの入ったパン生地を薄く延ばし、
バターを塗り込み何重にも重ね、巻き込む。
数回繰り返すことでサクサクと言う食感やバターの風味ができ上がる。
生地はクロワッサンに似ている。
だが、クロワッサンと同生地を使っている店と、
別生地を使っている店があり、一概に同じとは言えない。



↑画像を、クリック〜!

まずは、ひと口。
サクサクのデニッシュの食感が、素晴らしいぞ。
ただ、“黒胡椒のきいた”っていうコピーほど、
辛みも、風味も感じられなかったのが残念。

kodawari_hamegg_02

『黒胡椒は、いずこ~! いずこすぎる~!!』

今度食べることがあったら、黒胡椒を大量投入して食べないとな。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『こだわりパン工房 ふんわり明太マヨネーズ』
ファミリーマート
http://www.family.co.jp/

●こだわりパン工房 ふんわり明太マヨネーズ ¥116
―ふんわりしたパンに明太ソースとマヨネーズを
 トッピングして焼き上げました。―



↑画像を、クリック〜!

まずは、ひと口。
明太ソースと、マヨネーズのコラボは、当然のことながら美味いんだけど、
これまた、パンと一緒に食べると、なんかパンチの無い味わいになってしまうのだ。

kodawari_mentai_02

『ぼんやり~! ぼんやりすぎる~!! パート2~』

ただ、味的には、ケッコウ満足できるので、
次回は、マヨネーズをたっぷり追加して、食べてみないとな。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『こだわりパン工房 チキン南蛮ドッグ』
ファミリーマート
http://www.family.co.jp/

●こだわりパン工房 チキン南蛮ドッグ ¥160
―ソフトなロールパンに、唐揚げを挟み、
 タルタルソースと南蛮ソースをあわせました。―



↑画像を、クリック〜!

まずは、ひと口。
タルタルソースと、南蛮ソースが、チョット薄い感じ。
チキン南蛮だけだったら、ちょうどいい味付けなんだけど、
パンと一緒に食べると、なんかパンチの無い味わいになってしまうのだ。

kodawari_chicken_02

『ぼんやり~! ぼんやりすぎる~!!』

ただ、ボリューム的には、ケッコウ満足できるので、
次回は、タルタルソースをたっぷり追加して、食べることにしよう。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『こだわりパン工房 たまごドッグ』
ファミリーマート
http://www.family.co.jp/

●こだわりパン工房 たまごドッグ ¥100
―ジューシーなたまごサラダをたっぷりはさみました―


↑画像を、クリック〜!

まずは、ひと口。
たまごサラダに、ほのかな甘みがあって、とてもコクのある味わいで、超美味。
たまごドッグで、こんなに感動したのは、初めてだぞ。

kodawari_tamago_02

『たまご~! 超たまごすぎる~!!』

このシリーズは、他にも、いろいろ出ているようなので、
ひと通り、食べてみないとね。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!

『ベトナムフェスティバル2013』
9/14(土)、15(日)
代々木公園イベント広場


↑画像を、クリック〜!

1年ぶりに、ベトナムフェスティバルへ。

vietnamfes2013_02

333(バーバーバー)を飲みながら、会場を一回りして、
ベトナム大使館のフォーを、食べてみることにした。

vietnamfes2013_03
↑フォー ¥400

まずは、チリソースをしっかり混ぜてから、麺をひと口。
ピリッと辛みが効いてるけど、とてもさっぱりした味わい。
牛肉も、予想以上に入っていて、食べ応えもあるぞ。

『ゴーン クワ~! ゴーン クワーすぎる~!!』

チョットあっさりしすぎって感じもするけど、さすが大使館の料理。
その完成度の高さは、特筆すべきものなのだ。

今回は、諸事情で、1日目しか行けなかったのが残念。
来年は、2日間とも、行かないとね。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『すみれ 札幌濃厚味噌』
セブンゴールド 日清名店仕込みシリーズ
http://www.nissinfoods.co.jp/com/news/news_release.html?nid=2855

●すみれ 札幌濃厚味噌 ¥268
―昭和三十九年創業
 職人技と心で守り続ける
 伝統の味をここに再現―

sumire_01

パッケージ…従来品(口径166mm)の口径を180mmに一回り大きくし、
 お店のどんぶりを真上から見た出来上がり写真の真中に
 お店の名前の「すみれ」を力強く配置し、
 スープのおいしさをアピールするデザインに仕上げました。

sumire_02

スープ…「すみれ」の特徴である山椒が効いた野菜と味噌を炒めた
 調理感あふれる力強い香油をたっぷり使い、
 自然な濃厚感のあるとんこつベースの味噌スープと合わせました。
 お店の看板メニューである「味噌」を再現し、
 まるでお店で味わっているかのようなおいしさの実現にとことんこだわりました。

sumire_03

具材…肉そぼろ・ローストオニオン・メンマ・ねぎの充実の具材で、
 ボリュームたっぷりにスープの旨さを引き立てます。



↑画像を、クリック〜!

めん…黄色み強く、コシと粘りのあるノンフライめん。
 すみれのめんを再現した小麦が香る太ちぢれめんが
 スープにからみ、絶妙のおいしさです。


sumire_05

「すみれ」のカップ麺を、買ってみた。
すみれって、恥ずかしながら、初耳。
調べてみると、味噌ラーメンで有名なお店らしい。

まずは、麺をひと口。
太いちぢれ麺に、スープが良くからみ美味いぞ。
大きめの肉そぼろも、ケッコウ入っていて、とてもいいアクセントに。

『美味~! なかなか美味~!!』

チョットだけ残念なのは、もう一息コクが足りないこと。
おそらく、本物は、もっと味わい深いと思うので、
いつの日か、札幌に行く機会があったら、お店で食べてみたいもの。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
レトルト:『マンダラ バターチキンカレー』
S&B
http://www.sbfoods.co.jp/

●噂の名店 マンダラ バターチキンカレー ¥278
―第2回神田カレーグランプリ優勝し、日本一のカレー激戦区、
 東京神田で名をとどろかせる名店です。
 代表メニューである「バターチキンカレー」は、完熟トマトの旨み、
 酸味に濃厚なバターが効いたマイルドな北インド風カレーです。
 ホットな辛さが後をひくおいしさです。―

retort_mandara_01

●栄養成分(1食分(200g)あたりの栄養成分)
エネルギー 325kcal
たんぱく質 12.6g
脂質 25.2g
ナトリウム 800mg
食塩相当量 2g
炭水化物 12g


retort_mandara_02

マンダラのバターチキンカレーも、食べてみた。
フェスの時に食べたのは、バーベキューチキンだったので、カレーは、初めてだ。


↑画像を、クリック〜!

まずは、ひと口。
ほどよくトマトの酸味が効いていて、コクがあって、なかなかの味わい。

お店のバターチキンは、食べたことが無いので、比較できないけど、
ゼヒ一度、お店で食べてみたいと思ったのは、事実。
近いうちに、行ってみないとね。


★今週(9/09~13)アップした、名店のレトルトカレーの“お気に入り”は、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
レトルト:『プティフ・ア・ラ・カンパーニュ 欧風ビーフカレー』
S&B
http://www.sbfoods.co.jp/

●噂の名店 プティフ・ア・ラ・カンパーニュ 欧風ビーフカレー ¥278
―ビーフとオニオンが織りなす旨み―
―行列のできるカレー店の代名詞。
 まさに欧風カレーの神髄を知る名店。―
―じっくりと炒めた玉ねぎ、バター、生クリームが織りなす極上のコクと、
 とろけるようなビーフはまさに逸品。
 一之瀬シェフ入魂の味わいをお楽しみください。―


プティフの欧風ビーフカレーも食べてみた。

retort_ouhu_01

●栄養成分(1食分(200g)あたりの栄養成分)
エネルギー 367kcal
たんぱく質 11.8g
脂質 24.4g
ナトリウム 1g
食塩相当量 2.5g
炭水化物 25g



↑画像を、クリック〜!

お店では、欧風カレーの定番のじゃがいもが出てくるけど、
レトルトなので、当然、それは付いてない。

retort_ouhu_03

まずは、カレーをひと口。
レトルトとしては、とても美味しいんだけど、
お店の味わいと比べると、どうしても、なんか一味足りない感じ。

『もう一息~! もう一息すぎる~!!』

名店のカレーというのは、美味しいのは当たり前で、
しかも、お店の味わいに、限りなく近くないといけない。
ってことは、他のレトルトカレーよりも、遥かにハードルが高いのだ。

当然、レトルトで、本物の味を完璧に再現できるとは思ってないけど、
どれだけ、近づいているかが、最大のポイントなのだ。
さらなる高みを目指してほしい、っていうのが、正直なところ。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
レトルト:『珊瑚礁 湘南ドライカレー』
S&B
http://www.sbfoods.co.jp/

●噂の名店 珊瑚礁 湘南ドライカレー ¥278
―鎌倉 七里ガ浜 珊瑚礁。創業1967年。
 この味を求めて全国から訪れるお客様の長い行列は、今や湘南の定番風景。
 たっぷりの挽肉と生クリームの豊かなコク。
 濃厚なカレーソースで作り上げた大人気のドライカレー。―


七里ガ浜の超人気店、珊瑚礁。
何年か前に行ったことがあるけど、もちろん行列が。
30分ほど待って、ようやく席に着くことができた。

店内は、南国の雰囲気。
お店のお姉さんの、コスチュームは、、ハワイアンドレス。
そして、お店の外には、広大な海が広がる。
そんな、素晴らしいロケーションで食べるカレーは、格別なのだ。

retort_sangosyo_01

そんなことを思い出しながら、ひと口。
味わいは、かなり再現できてると思うんだけど、何かが足りないような気が。
それは、七里ガ浜の空気感、というスパイスが、抜けているからなのかも。


↑画像を、クリック〜!

『惜しい~! 惜しすぎる~!!』

お店で食べたことが無い人は、全く問題ない完成度だと思うけど、
本物と比較してしまうと、どうしても、物足りなさを感じてしまうのだ。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
レトルト:『デリー・プレミアムレシピ 』
ハウス食品
http://housefoods.jp/index.html

●デリー・プレミアムレシピ <ビーフマサラカレー>(辛口) ¥298
―デリー秘伝のレシピをもとに、スパイスを炒めて、
 すりつぶした特製マサラの香り立ちと、炒め玉ねぎとトマトの旨みが特徴の、
 本格インド風ビーフカレーです。―


retort_beef-masala_01

デリーには、何度か行ったことがあるけど、ビーフマサラは、初体験。
ってことで、期待に胸を膨らませながら、、ひと口。

retort_beef-masala_02

『奥深い~! 奥深すぎる~!!』


↑画像を、クリック〜!

恥ずかしながら、最初の一口で、やられてしまった。
辛さは、それなりなんだけど、とてもスパイシーで、すごくコクがあり、
まさに、感動的な味わいなのだ。

レトルトで、これだけの味を再現してるのも驚きだけど、
お店で食べたら、どんだけ美味いんだろう。
近いうちに、久しぶりに、お店に行って食べてみないとな。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
レトルト:『すぱいす 骨付きチキンカレー』
S&B
http://www.sbfoods.co.jp/

●噂の名店 すぱいす 骨付きチキンカレー ¥278
―2002年荻窪「すぱいす」オープン。
 以来絶えない美食家達からの賞賛の声は、まさに真の実力店の証。

 スパイスが鮮烈に香るサラリとしたカレーソースと、
 ホロリとほぐれる骨付きチキンが調和する、
 佐藤シェフ渾身の一皿をお楽しみください。―

retort_spice_01

1食分(200g)あたりの栄養成分
エネルギー 153kcal
たんぱく質 9.2g
脂質 8.4g
炭水化物 10.2g
ナトリウム 1.1g
(食塩相当量) (2.8g)



↑画像を、クリック〜!

レトルトで、この骨付きチキンは、特筆すべきもの。
ただ、チョットしょっぱいのが、残念なところ。
お店で食べたときは、しょっぱさは、感じなかったので、
これは、レトルトだけのものだと。

retort_spice_03

『もったいない~! もったいなすぎる~!!』

このデッカイ具にふさわしい味わいを、ゼヒとも期待したいもの。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『なか卯(32)』 ●衣笠(きぬがさ)丼
和風牛丼とうどん
http://www.nakau.co.jp/

期間限定
●衣笠丼(並)+サラダ ¥390+¥100=¥490
―ふっくらおあげを自慢の出汁と
 こだわり卵でとじた京都伝承の丼です。―


『東京アジアカルチャーフェスティバル2013』を観た後は、
久しぶりに、なか卯へ。
新メニューの“衣笠丼”っていうのが、とても気になっていたからだ。

nakau-kinugasadon_01

衣笠丼…京都のローカル食として有名です。
  京都の薄揚げ(京揚げ)と青ネギ(九条ネギ)を炊いて、
  卵でとじた丼物です。
  名前の「衣笠」は京都の地名の衣笠山に由来します。



↑画像を、クリック〜!

そうだったのか。
京都でも、食べたことが無かったかも。

nakau-kinugasadon_03
↑京風 山椒つき

nakau-kinugasadon_04

サラダを食べ終わってから、山椒をたっぷりかけて、ひと口。
ふっくらしたおあげに出汁がたっぷりしみ込んでいて、やさしい味わい。
ピリッとした山椒の辛みが、とてもいいアクセントになっていて、美味。

『衣笠~! 衣笠すぎる~!!』 ←意味不明…

ただ、きつねうどんのあげほど、ジューシーじゃなかったのが、残念なところ。
って、うどんの出汁を吸ったあげと比べたら、かわいそうな気もするけど。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『一風堂 赤丸新味 博多とんこつ』
セブンゴールド 日清名店仕込みシリーズ
http://www.nissinfoods.co.jp/com/news/news_release.html?nid=2855

●一風堂 赤丸新味 博多とんこつ ¥268
―この味、店味(みせあじ)
 昭和60年創業 変わらないために変わり続ける
 情熱の味をここに再現―


ippudo_01

「一風堂」のカップ麺を、買ってみた。
一風堂って、もちろん知ってるし、
お店の近くを何度も通ったことがあるんだけど、
未だに、行ったことが無いので、とりあえず、一度食べてみようと思ったのだ。

ippudo_02
↑液体スープ、粉末スープ、辛みそ・黒香油、かやく(チャーシュー)、かやく(キクラゲ・ワケギ)

ippudo_03

麺…小麦の風味を実感できるノンフライ細麺。
  「一風堂」らしい、歯ごたえがあり、白くてまっすぐな麺を再現しました。
具材…おいしさとボリュームをアップしたチャーシュー、キクラゲ、ワケギ。

ippudo_04

スープ…「一風堂」の特徴である、臭みのないコクのあるとんこつスープ。
  旨みと辛みをアップした "辛みそ" を仕上げに加えることで、
  おいしさがより一層引き立ちます。



↑画像を、クリック〜!

2種類のかやくを乗せ、熱湯を投入して、待つこと3分。
スープと、辛みそ・黒香油を入れると、
赤丸新味 博多とんこつの、できあがりだ。

まずは、麺をひと口。
細麺なので、写真を撮ってる間に、伸びてしまったのか、
チョット、やわらかめ。

液体・粉末の2種類のスープ、おまけに、辛みそ・黒香油まで付いてるので、
スープは、コクのあってなかなか美味い。

が、しかし、せっかくの奥深い味わいが、歯ごたえのない麺のせいで、台無しだぞ。

『もったいない~! もったいなすぎる~!!』

次に食べるときは、撮影なんかしてないで、速攻で食べないとな。
っていうか、温めた後に、スープと辛みそ・黒香油を入れるので、
もしかしたら、3分じゃなくて、2分40秒位で、
仕上げの作業をした方がいいのかも。
今度は、ストップウォッチも、用意しとかないとね。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『松屋(70)』 ●山形だしとろろ牛めし
牛丼チェーン
http://www.matsuyafoods.co.jp/

●山形だしとろろ牛めし(並)+生野菜 ¥480+¥100=¥580
―牛めしに山形の郷土料理&とろろをトッピング!―

山形だしとろろ牛めしが出た、ってことで、松屋へ。

matsuya_dashitororo_01

カロリー/797kcal
たんぱく質/21.6g
脂質/26.5g
炭水化物/152.5g
ナトリウム/1803mg
食塩相当量/4.6g



↑画像を、クリック〜!

生野菜を食べ終わってから、とろろとだしを、ひと口。
以前食べた、「夏野菜山形のだし牛めし」の時は、だしがチョットしょっぱかったんだけど、
これは、とろろがあるので、ちょうどいい味わい。

matsuya_dashitororo_03

これなら、牛めしと一緒に食べても、味が濃くならず、

『絶妙のコラボ~! コラボすぎる~!!』

とろろとだしで、牛めしもさっぱりと、食べられて、
「夏野菜山形のだし牛めし」より、こっちの方が夏向きだぞ。


★今週(9/02~06)アップした、松屋の新作メニューの“お気に入り”は、こちら
暑さに負けないよう、ガッツリ食べたい時は、やっぱり、これが鉄板。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『松屋(69)』 ●豚キムチ定食
牛丼チェーン
http://www.matsuyafoods.co.jp/

●豚キムチ定食 ¥580
 (生野菜・ライス・みそ汁付き)
―NEW! 葉ニンニクの食感とほのかに香るにんにく風味!―

今年も、「豚キムチ定食」復活、ってことで、松屋へ。


↑画像を、クリック〜!

カロリー/937kcal
たんぱく質/27g
脂質/38.9g
炭水化物/120.9g
ナトリウム/2228mg
食塩相当量/5.7g


matsuya-butakimu_02

先に来た、生野菜を食べていると、数分後に、定食登場。
野菜を食べ終わってから、豚キムチをひと口。

甘辛い味わいの後に、ニンニクの香りが広がる。
葉ニンニクの、クニュクニュした食感も、とてもいいアクセントに。
食べ応えもあって、しかも食も進むので、まさに、

『夏向き~! 夏向きすぎる~!!』

バテ気味の時や、ガッツリ食べたい時には、最適のメニュー。
今年の夏は、あと何回食べるかな。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『松屋(68)』 ●うまトマハンバーグ定食
牛丼チェーン
http://www.matsuyafoods.co.jp/

●うまトマハンバーグ定食 ¥580
―毎年夏の恒例となった「うまトマハンバーグ定食」は
 大変多くのお客様からご好評をいただいており、
 トマトのフレッシュな味わいがお楽しみいただけるハンバーグメニューです。
 今年は更にモッツァレラチーズをトッピングした
 「うまトマモッツァレラチーズハンバーグ定食」も発売いたします。―


今年の夏も、うまトマの発売ってことで、松屋へ。
って、前回食べたのは、今年の春だったんだけど、
あれは、夏のための試験販売だったんだろうか。
などと、あれこれ考えていると、まずは、生野菜の登場。

matsuya_umatoma2013_01

食べていると、定食もやってきた。
野菜を食べ終わってから、ハンバーグをひと口。


↑画像を、クリック〜!

酸っぱいのは、苦手なんだけど、これはほどよい酸味で、
ハンバーグが、とても爽やかな味わいに。
ほのかなガーリックの風味も、とても良く効いていて、美味。

『うまトマ~! うまトマすぎる~!!』

途中からは、卵をくずしてハンバーグにからめて、食べてみる。
卵のコクが加わって、ますます旨味が増したぞ。

この値段で、これだけのハンバーグが食べられるんだから、
文句を言ったら、罰が当たるってもんだ。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『松屋(67)』 ●山かけネギトロ丼
牛丼チェーン
http://www.matsuyafoods.co.jp/

●山かけネギトロ丼(並) ¥490
―とろろとまぐろがごはんとよく合い、
 さっぱりとした食感をお楽しみいただけ、
 食欲が低下しがちな暑い時期にぴったりの逸品です。―


山かけネギトロ丼が出たってことで、松屋へ。

matsuya_yamakake_01

2,3分後に、山かけネギトロ丼の、登場。
まあ、ごはんをよそって、とろろ、まぐろ、ネギ、刻みのり、ガリを、
乗せれば出来上がりなんだから、早いのは当たり前か。

ワサビを醤油でといて、ネギトロにかけて、ひと口。

『さっぱり~! さっぱりすぎる~!!』


↑画像を、クリック〜!


“さっぱり”というのは、いろんな意味のある言葉で、

「“さっぱり”した味わい」と、
「入浴して“さっぱり”する」
「“さっぱり”見えない」

では、ゼンゼン意味が違ってくるのだ。
今回は、もちろん最初のヤツ。

とてもあっさりしていて、これなら、
これなら、猛暑日でも、無理なく食べられるぞ。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『松屋(66)』 ●豚しゃぶ丼
牛丼チェーン
http://www.matsuyafoods.co.jp/

●豚しゃぶ丼(並)+生野菜 ¥390+¥100=¥490
―夏季限定!オニオンスライスと柚子風味の香味ダレ―

豚しゃぶ丼が出たってことで、久しぶりに松屋へ。

季節限定だけかと思ってたら、静岡~北海道までの地域限定のよう。
どうして、静岡以西は、販売してないのか、謎。
もしかして、豚しゃぶって、あんまり一般的じゃないのかな。

matsuya_butasyabu_01

などと、生野菜を食べながら、あれこれ考えていると、丼の登場。


↑画像を、クリック〜!

野菜を食べ終わってから、豚しゃぶをひと口。
香ばしいオニオンの香りがして、後味には、柚子の風味が広がる。

『爽やか~! 爽やかすぎる~!!』

肉の丼にしては、ものすごくさっぱりしていて、まさに夏向き。
チョットあっさりしすぎてるよ、って人もいるだろうけど、
これなら、猛暑日でも、無理なく食べられるかも。


★前回のレポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!
『超シンプルな、そうめん & 冷麺』
そうめん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%A0%E9%BA%BA

昨日、サザンオールスターズのライブが終わって、
うちに帰ってきたのは、23:30過ぎ。
それから、晩めしを食べたので、昼になってもあまり腹が減ってない。
そんなときに、重宝するのが、そうめんだ。


↑画像を、クリック〜!

ちなみに、そうめんと冷麦の違いって、どこにあるんだろう??
調べてみると、

・製法的には、そうめん…主に手延べ ひやむぎ…機械麺が主流
・機械麺の場合
 太さ直径1.3mm未満…そうめん、
     1.3mm以上1.7mm未満…ひやむぎ

とのこと。

simple-somen_02

それほど腹が減ってないので、トッピングは、刻みノリだけ。

simple-somen_03

今年も、何回となくそうめんを食べたけど、
よくよく考えてみると、こんなシンプルなのは、初めてかも。
ってことで、つゆにつけた麺を、ひと口。

『スッキリ~! スッキリすぎる~!!』

昨日は、身も心も、大満腹だったので、
クールダウンするには、これくらいが、ちょうどいい感じなのだ。


ちなみに、夜も麺類。

reimen_01
↑盛岡冷麺↓
reimen_02


★前回の麺類レポは、こちら

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ ←ポチっと、よろしく!
にほんブログ村
 ←こっちも、よろしく!


ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Laku

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する