おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
04 | 2013/05 | 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

『出雲ぜんざい風』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●出雲ぜんざい風(出雲ぜんざい学会推奨) ¥145
─つぶあんと紅白の求肥を合わせて、
 出雲ぜんざい風に仕上げました。─

栄養成分表示/1個当たり
熱量:146kcal
たんぱく質:3.2g
脂質:1.1g
炭水化物:30.7g
ナトリウム:94mg



↑画像を、クリック〜!

ぜんざいは、出雲地方の「神在(じんざい)餅」に起因しています。
出雲地方では旧暦の十月には全国から神々が集まり、
この時「神在祭(かみありさい)」と呼ばれる神事が執り行われています。
そのお祭りの折に振る舞われたのが「神在餅(じんざいもち)」です。 
その「じんざい」が出雲弁で訛って「ずんざい」さらには「ぜんざい」となって、
京都に伝わったと言われています。


ってことは、出雲ぜんざいが、ぜんざいの始まりで、
紅白の餅も、縁起物ってことだったのね。

l_izumozenzai_02

紅白の牛肥の食感が、超いい感じ。

『モチモチ〜! モチモチすぎる〜!!』

ただひとつ残念だったのは、
つぶあんが、自分にとってはやや甘過ぎたこと。
といっても、なんとか2つ食べられたので、
甘い物好きの女子の方には、何の問題も無いんじゃないかな。


★前回のレポは、こちら

『ハムマヨネーズパン』
FamilyMart
http://www.family.co.jp/

●こだわりパン工房 ハムマヨネーズパン ¥110
―ハムマヨネーズをのせて、
 チーズ風味ソースを絞って焼き上げました。―


FamilyMartのハムマヨネーズパンを、買ってみた。


↑画像を、クリック〜!

皿の直径とほぼ同じなので、長さ約23cm。
ケッコウ食べがいがありそう。

ham-mayo_02

レンジで温めてから、まずは、ひと口。
ハム、マヨネーズ、チーズという、鉄板のフィリングだけに、
とても素朴な味わい。

ただ、“からみの苦手な方は注意してください。”っていう注意書きがあったので、
辛いのかと思ってたら、全く辛くないぞ。
っていうか、辛味を全く感じなかったんだけど、それは、自分だけ??

『辛さは、いずこ~! いずこへ~!!』

これで、からし系の辛さがプラスされたら、
パンチが出て、さらに美味くなるのでは。
辛いのが好きな人は、マスタードをかけて、お試しを。


★前回のレポは、こちら
『松乃屋(49)』
とんかつ/和定食
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13143619/

期間限定値引
―親子ささみかつ丼 GOGO! 選べるセットフェア―

●親子ささみかつ丼+ポテサラセット ¥550


↑画像を、クリック〜!

matsunoya_oyako-sasami_02

親子ささみかつ丼
  +ポテサラセット
  +豚汁セット
  +ドリンクセット(オレンジまたはコーラ) の3種類

matsunoya_oyako-sasami_03

数分後に、“GOGO! 選べるセット”登場。

matsunoya_oyako-sasami_04

ポテトは、2口分くらいだけど、キャベツのボリュームがあるので、
ポテサラだけでもケッコウ、腹が膨れるぞ。

matsunoya_oyako-sasami_05

さっぱりした鶏肉と、トロトロの卵のコラボが絶妙。

『親子~! さすが親子~!!』

サクサクの衣も、とてもいいアクセントになっているのだ。
味わいはもちろんのこと、ボリューム的にも大満足。
明日(30日)までなので、食べたい方は、お忘れなく。


★前回のレポは、こちら
『すき家(63)』  ●からあげカレー(並)
牛丼チェーン
二子玉川
世田谷区玉川2丁目22番13号
http://www.zensho.com/

●からあげカレー(並) ¥480
―国産鶏むね肉の本格唐揚げトッピング!
 野菜とチキンとスパイス22種をじっくり煮込みました。―


二子玉川店に、再訪。
未食の、からあげカレーを頼んでみた。
待つこと、2,3分。
からあげカレーの登場。
といっても、からあげは、別の器に入ってるじゃん。


↑画像を、クリック〜!

どうやら、からあげ(¥130)+カレー(¥350)=¥480
ってことで、カレーに、からあげをトッピング、ってことらしい。

sukiya_karaage-curry_04
↑入口右側の、コの字型のカウンター席

sukiya_karaage-curry_02
↑からあげ(5個) ¥130

sukiya_karaage-curry_03
↑からあげを乗せて、からあげカレー完成

まずは、からあげを一口。
出来立てじゃないだろうけど、思ったよりもサクッとしていて、
なかなかの味わい。

そして、カレーを一口。
スパイシーというより、なんかチョットしょっぱいぞ。
もしかして、煮詰まってしまったのかな。
残念ながら、オペレーションは、まだこれからって感じ。
新人のスタッフが多いようなので、完璧じゃないのは、仕方ないんだろうけど。

sukiya_karaage-curry_05
↑最近は、スイーツに力を力を入れてるのかな

それとも、この店独自の、戦略なのかな?
ほかの店に行って、確かめてみないとね。


★前回のレポは、こちら
★ラクんちパック★
※「ラクんちパック」とは、自作の、ランチパック風サンドイッチのことで、
  「ラク家()のパック」の略。


l_wahu_02
サンドでパンダ
茶色い部分で、耳をカットし、白い部分で端をくっつけるという、スグレモノ。

★和食系
『ラクんちパック おかずわさび』
『ラクんちパック 揚げだし豆腐の山菜あんかけ』
『ラクんちパック すき焼き(2)』
『ラクんちパック ごまひじき 豆腐ハンバーグ』
『ラクんちパック いわしの生姜煮』
『ラクんちパック ししゃもの唐揚げ』
『ラクんちパック 肉団子』
『ラクんちパック 赤鶏さつま炭火焼』
『ラクんちパック 煮豚と煮玉子』
『ラクんちパック 和風てりやき』
『ラクんちパック いかしゅうまい』
『ラクんちパック 塩麹焼肉』
『ラクんちパック 甘えび唐揚』
『ラクんちパック あんかけ茄子海鮮挟み天』
『ラクんちパック 春キャベツと豚肉の塩麹和え』
『ラクんちパック 焼鳥』
『ラクんちパック チーズはんぺん磯辺揚』
『ラクんちパック ぶりあら炊き』
『ラクんちパック あじ南蛮漬』
『ラクんちパック 鶏軟骨の唐揚げ』
『ラクんちパック 鎌倉煮(醤油味)』
『ラクんちパック わかさぎの甘露煮』
『ラクんちパック 焼豚野菜炒め』
『ラクんちパック きんぴらごぼう』
『ラクんちパック みそカツ』
『ラクんちパック めざし』
『ラクんちパック かじきまぐろ味噌焼き』
『ラクんちパック こんにゃくステーキ』
『ラクんちパック さば竜田揚げ』
『ラクんちパック 炙りホットチキン』
『ラクんちパック かぼちゃ煮』
『ラクんちパック いわしの生姜煮』
『ラクんちパック カレーコロッケ』
『ラクんちパック 北海道ポテトのサラダ+スイートポテト』
『ラクんちパック 里いもうま煮+スイートポテト』
『ラクんちパック 北海道ポテトのサラダ+ジュレ』
『ラクんちパック さつまいも煮+スイートポテト』
『ラクんちパック 白身魚フライ+ジュレ』
『ラクんちパック 牛肉コロッケ+ジュレ(柚子こしょうぽん酢)』
『ラクんちパック 七目しょうが豆』
『ラクんちパック 七目ひじき豆』
『ラクんちパック 唐揚げ+食べるラー油』
『ラクんちパック しゅうまい』
『ラクんちパック ソースとんかつ』
『ラクんちパック いかめし』
『ラクんちパック おでん』
『ラクんちパック ごぼうと豆のサラダ』
『ラクんちパック ひじき』
『ラクんちパック すき焼き』
『ラクんちパック きんぴられんこん』
『ラクんちパック 豚汁』
『ラクんちパック 肉じゃが』
『ラクんちパック 豚冷しゃぶサラダ』
『ラクんちパック いわしの生姜煮』
『ラクんちパック 切り干し大根』
『ラクんちパック お好み焼き』
『ラクんちパック ウナギのかば焼き』
『ラクんちパック いなり寿司』
『ラクんちパック お赤飯』
『ラクんちパック 峠の釜めし』
『ラクんちパック さばの味噌煮』

★総菜/ごはんの友系
『ラクんちパック ふりかけ(明太子)』
『ラクんちパック スパム』
『ラクんちパック かぼちゃとさつまいものデザートサラダ』
『ラクんちパック ふりかけ 明太子+ジュレ』
『ラクんちパック おとなのふりかけ』
『ラクんちパック 男前豆腐』
『ラクんちパック 梅ごのみ+α』
『ラクんちパック いかなごのくぎ煮+あんこ』
『ラクんちパック いかなごのくぎ煮+マヨネーズ』
『ラクんちパック いかなごのくぎ煮+ケチャップ』
『ラクんちパック いかなごのくぎ煮』
『ラクんちパック 卵焼き』
『ラクんちパック 納豆』
『ラクんちパック 唐がらしのり』
『ラクんちパック おから/卯の花』

★洋食系
『ラクんちパック 厚切りベーコン プレーン』
『ラクんちパック チキチキボーン』
『ラクんちパック ミニハンバーグ』
『ラクんちパック ハーフベーコン』
『ラクんちパック うずら卵を包んだ肉だんご』
『ラクんちパック のり塩で味わう チキンナゲット』
『ラクんちパック ハム&チーズ イン フライ』
『ラクんちパック アンティエ』
『ラクんちパック とろ~り コーン クリームコロッケ』
『ラクんちパック ハバネロサーディン』
『ラクんちパック ベルガヴルスト ディープチリ』
『ラクんちパック アスパラ肉巻フライ』
『ラクんちパック お魚ハンバーグ まぐろ』
『ラクんちパック 白身魚のフライ タルタルソース&甘辛ソース』
『ラクんちパック 厚切りベーコンのハニーマスタード』
『ラクんちパック タルタルチキン』
『ラクんちパック ローストビーフ カルパッチョ』
『ラクんちパック スコッチエッグ』
『ラクんちパック アジなソーセージ&ラー油』
『ラクんちパック アジなソーセージ+ワサビ』
『ラクんちパック アジなソーセージ+ケチャップ』
『ラクんちパック アジなソーセージ+マヨネーズ』
『ラクんちパック アジなソーセージ(フィッシュソーセージ)』
『ラクんちパック ソーセージ&スクランブルエッグ』
『ラクんちパック 半熟目玉焼き』
『ラクんちパック ポトフ』
『ラクんちパック チョリソ』
『ラクんちパック いわしのトマト煮』
『ラクんちパック ハンバーグ』
『ラクんちパック ポテトサラダ+プリックボン』
『ラクんちパック ガーリック&トマト』
『ラクんちパック パストラミビーフ』
『ラクんちパック クリームシチュー』

★中華系
『ラクんちパック 豚バラチャーシュー』
『ラクんちパック エビマヨ』
『ラクんちパック 酢豚』
『ラクんちパック エビチリ』
『ラクんちパック 麻婆豆腐』

★タイ料理系
『ラクんちパック ラープ』
『ラクんちパック ヤマモリのパッタイ』
『ラクんちパック ガイ・パット・ガパオ』

★韓国料理系
『ラクんちパック 鶏キムチ』
『ラクんちパック キムチ』

★麺類系
『ラクんちパック 讃岐金比羅 生うどん』
『ラクんちパック チキンラーメン・カレー味』
『ラクんちパック 麻婆豆腐焼そば』

★カレー/カレー味系
『ラクんちパック ちょい食べカレー〈中辛〉』
『ラクんちパック めざめるカラダ 朝カレー』
『ラクんちパック チキンカリー@オクシモロン』
『ラクんちパック いつでもちょこっとカレーな気分』
『ラクんちパック ソーセージ野菜炒め・カレー味』
『ラクんちパック 和風キーマカリー@オクシモロン』

★パン系
『ラクんちパック のりっこチキン』
『ラクんちパック 桜あんぱん』
『ラクんちパック 薄皮あんぱん』
『ラクんちパック クロワッサン』

★スイーツ系
『ラクんちパック チョコ』
『ラクんちパック 抹茶のモンブラン』

★和菓子系
『ラクんちパック おはぎ(胡麻)』
『ラクんちパック 塩大福』
『ラクんちパック 道明寺』
『ラクんちパック おはぎ』

★フルーツ系
『ラクんちパック さくらんぼ』
『ラクんちパック おかずわさび』
※「ラクんちパック」とは、自作の、ランチパック風サンドイッチのことで、
ラク家()のパック」の略。


おかずわさびを、はさんでみた。


↑画像を、クリック〜!

l_wasabi_02

パンにバターと、わさびを塗ってトーストすると、
ワサビの風味だけ残って、辛味が消えるので、とても食べやすくなる。
わさびの辛みは揮発性なので、温めると辛みが飛んでしまうのだ。

ラクんちパックも、パンの端をくっつけるために、
レンジで30秒チンするんだけど、トーストしたのと同じようになるんだろうか。
などと、アレコレ考えながら、一口。

『ツンと来る~! ツンと来すぎる~!!』

30秒チンする位じゃ、辛さはゼンゼン飛ばないよう。
ってことで、

「ハックション! ヒェックショ~ン! フェックション~~!」

思わず、くしゃみ3連発。
それほど辛いわけじゃないんだけど、とてつもなく鼻にくるのだ。

2口目からは、慣れてきてくしゃみは出ないんだけど、
これは、他のフィリングの、トッピングとして使う方が、よさそう。
もしかしたら、ふりかけなんかに混ぜると、パンチが出て美味いかも。


★前回のレポは、こちら
『魚肉ソーセージのホットドッグ』
●魚肉ソーセージのホットドッグ

魚肉ソーセージと、カレー味のキャベツの、
昔懐かしい、ホットドッグを食べてみた。


↑画像を、クリック〜!

魚肉ソーセージの味って、東西で微妙な違いがあるらしい。
東のあっさり味に対して、西はやや魚っぽいんだそう。
食べ方も違っていて、
東はおやつやおつまみとして“そのまま”食べることが多く、
西では焼いたり炒めたり、“調理”するのがスタンダードとのこと。

gyonikuHD_02

まずは、ひと口。
キャベツには、カレー味がついているので、
香ばしい風味が、口中に広がる。

『スパイシ〜! けっこうスパイシ〜!!』

魚肉ソーセージの懐かしい味わいと、ピッタシ合うんだよね。
ただ、子供の頃は関西に住んでたので、
今食べてる、関東のモノとは、微妙に味が違うのかもしれないぞ。
ということは、厳密に言うと、
あんまり“懐かしい味”じゃないのかも。
ってことで、

『懐かしい〜! アバウトに懐かしい〜!!』
『松乃屋(48)』
とんかつ/和定食
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13143619/

期間限定値引
●油淋鶏定食 ¥590→¥550
─たっぷりの白葱と
 唐辛子がピリリと効いた
 特製中華ソースが食欲をそそります─


matsunoya_yurinchi_01

お店の前に到着すると、油淋鶏のポスターが。
今まで見たことが無かったと思うので、新作メニューなのかも。
ってことで、もちろん、油淋鶏定食のボタンをプッシュ&ゲット。


↑画像を、クリック〜!

昼前で、ケッコウ混んでいたので、10分ほどして、定食登場。
甘酸っぱい香りに、食べる前から、昇天しそうに。

はやる心を抑えながら、まずはキャベツに、ニンジンソースをかけてひと口。

『ん? いつもと味が違うような…??』

油淋鶏のソースも混ざって、ニンジンソースとはひと味違う、
激旨特製ドレッシングになっていたのだ。

『いきなり美味〜! いきなり美味すぎる〜!!』

まさか、キャベツでやられるとは思ってもいなかったぞ。

matsunoya_yurinchi_03

甘酸っぱい油淋鶏のソースが、バカ旨なんだから、
唐揚げにかけたら、超バカ旨なのは当たり前。

『ハオチ〜! ハオチーすぎる〜!!』

これなら、程よい酸味もあるので、あまり食欲が無い時でも、
ペロッと食べられそう。

もしかしたら、一番のお気に入りになりそうなので、
ゼヒとも定番メニューにしてほしいもの。
って、もう定番なのかな??


★前回のレポは、こちら
『すき家(62)』 ●カレー南蛮牛丼(並)
牛丼チェーン
二子玉川
世田谷区玉川2丁目22番13号
http://www.zensho.com/

●カレー南蛮牛丼(並)+サラダセット ¥400+¥100=¥500
―かつおと昆布の出汁をきかせた、とろみのあるカレーをかけました。―

二子玉川店 5/24 9:00 OPEN!!

ってことで行ってみた。
10:25頃に到着すると、意外にも、まだ混んでないようだ。

sukiyaF_curry-nan_01

店内に入ると、左右の壁際にカウンター席。
正面向かいにオーダー用のレジカウンターがあって、
そこで注文して、受取って、席に着くという、セルフサービスシステムのよう。

sukiyaF_curry-nan_07

マックとか、ケンターッキーでは、普通だけど、
すき家では、フードコート以外の店では、初めて見たぞ。
独立した店舗で、こういうシステムをやってることに、ビックリ。

二子玉川では、ファストフードのお店は、マックとケンタッキーだけで、
いわゆる牛丼屋はなかった。
だから、席についてから頼むより、カウンターで先にオーダーする方が、
ニコタマダムにとっても、抵抗がないのかな。
ってことで、そういうお店のスタイルに、合わせてるのかも。

sukiyaF_curry-nan_05
↑もらったチラシには、全メニューは掲載してないみたい…

朝定食を頼もうと思ってたんだけど、メニューを見ると、
たまごかけごはん朝食”しかないようなので、
お気に入りの、カレー南蛮をオーダー。

後で、よくよく見てみると、朝定食とか、普通の定食なんかも、
他のメニューに載っていたので、
チラシには、一部のメニューしか載ってないモヨウ。

『まぎらわしい~! まぎらわしすぎる~!!』


↑画像を、クリック〜!

まだすいていたので、2,3分後に、南蛮丼の登場。
トレイを持って、窓際のテーブル席に。

sukiyaF_curry-nan_03
↑この左側に、レジカウンターが

sukiyaF_curry-nan_04
↑途中から、例によって、七味を大量投入

sukiyaF_curry-nan_06
↑オープン記念プレゼント すき家オリジナル赤さじ

二子玉川では、超めずらしい24時間営業のようだけど、
夜中にお客さんが来るんだろうか??
ものすごく気になるので、朝4時頃に確かめに行ったりして。。


★前回のレポは、こちら
『納豆&青南蛮漬』
大浦食品
http://www.umai-aomori.jp/db/main3.php5?class1=2&id=427

aonanbanduke_01

納豆ごはんのトッピングに、いただいた青南蛮漬を。
1人前のごはんに、スプーン1杯くらい入れてみた。
まずは、ひと口。


↑画像を、クリック〜!

『辛っ〜! 辛すぎる〜!!』

初めてだったので、思いっきり油断してた。
納豆ごはんに混ぜて食べたから良かったものの、
青南蛮漬だけ食ってたら、心臓止まってたかも。

っていうのは、オーバーだけど、
その辛さのインパクトは、まさに想定外だったのだ。

でも、このハンパ無い辛さは、いろんなものと合いそう。
まずは、パンとのコラボを試してみよっと。


★前回の、“納豆ごはんのお供”は、こちら
『松屋(58)』 ●牛皿焼魚定食
牛丼チェーン
http://www.matsuyafoods.co.jp/

店舗限定 クイックメニュー
●お得なランチ 牛皿焼魚定食 ¥630→¥500
(牛皿、ミニお新香、ライス、焼魚、味噌汁)

10:00~15:00までのランチが始まったようなので、松屋へ。
もしかしたら、以前試験的にやっていたランチが、
定番メニューになったのかも。


↑画像を、クリック〜!

matsuya_lunch2_02
↑新作の“ネギ塩豚カルビ定食”の横に、ランチのボタンが

matsuya_lunch2_03

自販機の写真を撮っている間に、定食登場。
もう少し時間がかかると思ってたので、あまりの速さにビックリ。
まあ、冷静に考えてみたら、焼き魚を温める時間があれば、
ほかのモノは、ほぼ、お盆にセットするだけだから、速くて当たり前か。

matsuya_lunch2_04

定番の牛皿と、焼鮭は間違いないので、NO問題なんだけど、
お新香じゃなくて、生野菜だったら、もっといいんだよな。
メニューは、毎週変わるのか、同じなのか分からないけど、
もし、リニューアルするなら、ゼヒともご検討のほどを。
今後どのように展開するのか、とても気になるので、
来週も、また行ってしまいそう。


★前回のレポは、こちら
『松屋(57)』 ●ネギ塩豚カルビ定食
牛丼チェーン
http://www.matsuyafoods.co.jp/

新発売!
●ネギ塩豚カルビ定食 ¥580
─「ネギ塩豚カルビ定食」は、豚カルビを鉄板で香ばしく焼き上げ、
 特製の塩ダレとシャキシャキの青ねぎが良く合う逸品です。
 「ネギ塩豚カルビ定食」を是非お召し上がりください。─


ネギ塩豚カルビ定食新発売!ってことで、松屋へ。

matsuya_negishio_01
↑青ネギが大量に乗っていて、見るからに爽やか〜

ランチタイムで忙しかったからか、いつもなら先にでてくるサラダも、
定食と一緒に、7,8分後に登場。
もしかしたら、お店のお姉さんもテンパっていて、
サラダを先に出すの、忘れたのかな??


↑画像を、クリック〜!

ってことで、サラダを食べ終わってから、
青ネギ、生姜を乗せて、肉をひと口。
ネギのシャキシャキとした食感と、
生姜のピリッとした辛みが、すっごく効いてるんで、
予想以上に、肉をさっぱりと食べられるんだよね。

『爽やか〜! 爽やかすぎる〜!!』

これなら、肉・青ねぎが2倍のW定食でも、余裕で食べられそう。
まっ、1372kcalもあるので、頼むことは無いと思うけど、
もしかしたら、ブログのネタ作りのために、オーダーしてしまうかも。。


★前回のレポは、こちら
『横手やきそば風』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●横手やきそば風(横手やきそば暖簾会推奨) ¥168
─やきそばとたまごフィリングをサンドして、
 横手やきそば風に仕上げました。─


↑画像を、クリック〜!

栄養成分表示/1個当たり
熱量:142kcal
たんぱく質:4.6g
脂質:5.0g
炭水化物:19.6g
ナトリウム:450mg


l_yokote_02

短く切った焼きそばは、見えるけど、
卵はどこに入っているのか、よくわからないぞ。
もしかしたら、ソースに混ざっているのかな。
という訳で、普通のやきそばとの違いが、イマイチ不明だけど、
その味わいは、なかなかのもの。

『美味〜! それなりに美味〜!!』

l_yokote_03
↑2つめは、トーストしてみた

香ばしさがプラスされて、さらに旨味は増したけど、
相変わらず、あまり横手やきそばって感じはしないぞ。

まあ、目玉焼きを入れる訳にはいかないんだろうけど、
ランチパックの“たまご”フィリングを入れれば、
もっと横手やきそば風になる様な気がするので、
だまされたと思って、ご検討のほどを。


★前回のレポは、こちら
『ラクんちパック 揚げだし豆腐の山菜あんかけ』
※「ラクんちパック」とは、自作の、ランチパック風サンドイッチのことで、
ラク家()のパック」の略。


お惣菜・お弁当
株式会社 若菜
http://www.e-wakana.co.jp/index.html

揚げだし豆腐の山菜あんかけを、はさんでみた。

agedashi-sansai_01

揚げだし豆腐というのは、豆腐に衣をまとわせて揚げ、
だし汁または、醤油で味を付けたつゆをかけた料理。


なんだけど、これは、つゆの代わりに、山菜のあんかけをかけたもの。
そのまま食べると、山菜のシャキシャキ感がいいアクセントに。
あんかけも豆腐によく絡んで、美味いぞ。

ただ、それほど濃い味じゃないので、パンにはさんだら、
どんな感じになるのかが、イマイチ想像できないんだよね。


↑画像を、クリック〜!

ってことで、恐る恐る、ひと口。

『ん?』

予想外に、塩味を感じることができて、美味いぞ。
以前試した豆腐は、フニャフニャで、不気味な食感だったけど、
山菜のシャキシャキとした食感が、しっかりフォローしてくれてるし。

『フニャシャキ〜! フニャシャキすぎる〜!!』

これは、以外にもと言ったら、失礼だけど、
メチャメチャ美味いじゃん。

きんぴらごぼうをトッピングしても美味そうなので、
今度試してみないとな。


★前回のレポは、こちら
『ホァングン 渋谷文化村通り店』
ベトナム料理
渋谷
渋谷区道玄坂2-25-10 ベニー清建ビル 6F
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13090020/

渋谷に美味しいベトナム料理の店があるということで、
ディナーに訪れてみた。


↑画像を、クリック〜!

7時に予約して、お店に入ると、貸し切り状態。
テーブル横の壁には、芸能人のサイン色紙が貼ってあったので、
知る人ぞ知るって感じの店なのかも。

HoangNgan_02
↑333(バーバーバー) ¥630

まずは、333で、乾杯〜!

HoangNgan_03
↑生春巻き(海老) ¥660

海老のプリプリとした食感が、抜群〜!

HoangNgan_04
↑蒸しハマグリ(ビール風味) ¥945

ハマグリ自体は、まずまず美味しいんだけど、
ビール風味のスープというのが、生姜の味しかしないぞ。
なんとも、微妙なというか、不思議な味わい。
はっきり言ってしまうと、日本人好みの味じゃないって感じなのだ。

HoangNgan_05
↑ベトナム風お好み焼き<バインセオ> ¥1,180

バインセオというのは、米粉とココナッツミルクをベースにした生地に、
豚肉、もやし、海老など、好みのものをたっぷりと入れて
大きめの専用フライパンで薄皮に焼き上げた料理。
ベトナム料理店では、“ベトナム風お好み焼き”って書かれてることが多いけど、
どっちかって言うと、クレープとか、ガレットに近い感じなんだよね。

パリパリの生地、シャキシャキのもやしが、とてもいい食感。

HoangNgan_06
↑豚バラ肉甘辛ソース炒め ¥945

甘辛いソースが、照焼きのようで、超美味。

『ゴーン! ゴーンすぎる~!!』

HoangNgan_07
↑カレー(ライスorビーフン) ¥840

ライスじゃなく、ビーフンで、カレーを頼んでみた。
カレーは、でっかいジャガイモ、ニンジン、肉が
ゴロゴロと入っていて、なんかオウチカレーのよう。
味わいも、とても懐かしい感じで、
ビーフンとの相性も、抜群なんだよね。

HoangNgan_08
↑牛肉のフォー ¥840

シメは、もちろん、フォー。
って書いたら、レイザーラモンHGを、ふと思い出した。
最近見かけないけど、どうしてるんだろう??

ま、それはともかく、さっぱりした味わいでシメにぴったり。

はずれもあったけど、全体的には、なかなか美味。
ランチは¥680で、メニューが数種類あるようなので、
機会があったら、食べに行ってみたいものだ。
『フィッシュフライ&タルタルソース』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/index.html

●フィッシュフライ&タルタルソース ¥170
─フィッシュフライとタルタルソースをサンドしました。─


↑画像を、クリック〜!

栄養成分表示/1個当たり

熱量:192kcal
たんぱく質:6.6g
脂質:9.2g
炭水化物:20.7g
ナトリウム:451mg


l_fish-tarutaru_02

フィッシュフライとタルタルソースって、まさに鉄板。
美味くない訳が無いんだよね。
そのまま食べても、美味いんだけど、
トーストするするのが、オススメ。

『香ばしい〜! 香ばしすぎる〜!!』

温かいフライ、酸味のあるタルタルに、
香ばしさが加わると、なんてったって無敵だぞ。

ただ、自分にとっては、チョット脂っぽかったので、
朝メシというより、昼メシとして食べる方が、いいかも。


★前回のレポは、こちら
『タルタルメンチカツバーガー』
伊藤製パン
http://www.ito-pan.co.jp/

デリカテッセン
●タルタルメンチカツバーガー
─ソースで味付けしたメンチカツと、
 タルタルソースをサンドしました。─


↑画像を、クリック〜!

栄養成分表示(1個あたり)
エネルギー 393kcal
タンパク質 10.1g
脂質 23.1g
炭水化物 36.2g
ナトリウム 496mg


tartare-menchi_03

ヤマザキの“春のパンまつり”の間は、ヤマザキしか買ってなかったので、
久しぶりに、伊藤製パンのを買ってみた。

電子レンジで、20秒温めて、まずはひと口。
メンチは、ケッコウ大きくて、ジューシーで美味いぞ。
ただ、残念なのは、タルタルがあまりにも少ないこと。
それも、一部にしかかかって無いじゃん。

『さみし〜! 超さみしすぎる〜!!』

量的に増やすのは難しいのかもしれないけど、
せめて、全体にかかるよう、してもらえないかな。


★前回のレポは、こちら
『佐野ラーメン』
ヤマダイ
ニュータッチ
http://sugomen.jp/

●凄麺 佐野ラーメン ¥198
─幅広になった麺と調理感を増したスープで、
 さらに本物に近づいた凄麺佐野らーめん!─


↑画像を、クリック〜!

sanoramen_02
↑液体スープ、かやく、レトルト調理品(チャーシュー)

スープ…<液体スープタイプ>じっくりと煮込んだ鶏ガラをベースとして、
ポークエキスの旨味と野菜の風味を加えて味を整え、
調理感のある鶏油で香りをつけた、
スッキリしながらも肉感やコクを感じる
飽きのこない醤油ラーメンスープに仕上げました。

sanoramen_03

めん…佐野らーめんの特徴である「平打ち麺」により近づけるべく、
切刃の番手を変えて幅広に切り出した、
当社独自製法のノンフライ麺です。
表面はツルツル・シコシコ、
中はモチモチとした生麺の様な食感は、伸びにくいのが特徴です。


sanoramen_04

佐野ラーメンというのは、栃木県佐野市を中心として、
食べられているラーメンであり、関東地方のご当地ラーメンの一つ。
竹を使って麺をうつ、青竹打ちの平麺が特徴のよう。

まずは、スープをひと口。
鶏がらがとても良く効いていて、ビックリするほど奥深い味わい。

『コクがある〜! コクがありすぎる〜!!』

いきなり、最初のひと口でやられてしまった。
幅広のモチモチの麺にも、よくからんで、とんでもなく美味いじゃないの。
という訳で、息を吸うのも忘れて、一気に完食。
って、これはあくまでもイメージで、
息は無意識のうちに吸ってたと思うので、あしからず。

久々に、感動的に美味いカップ麺に出会えたぞ。
今度見つけたら、買いだめしておかないとな。


★前回のレポは、こちら
『ベーコンエピ』
LAWSON BAKERY
http://bakery.lawson.jp/

実りベーカリー
●ベーコンエピ ¥155
─豚バラ肉を桜チップで香りよく燻製にし、豚肉の旨味も引き出しました。
 お酒に合います。─


↑画像を、クリック〜!

bacon-epi_02
↑ベーコンの入った小さいパンが、6つ連結!

これってどうやって作ってるんだろう。
小さいのを、6個くっつけてるんだろうか?
夜も眠れないくらい気になったので、Netで調べてみると、

①パン生地を、20cmの縦長に伸ばす。
②ベーコンを置いて、パン生地で包む。
③皮一枚残す感じで深めにカット。
④どちらかに傾ける。それを繰り返す。

っていう手順で作って、熟成させた後、焼いてるらしい。

bacon-epi_03

しかし、最初に作った人は、どうしてカットしようと思ったんだろう。
その独創的な発想に、脱帽って感じ。

で、これまた、調べてみると、
Epiというのは、稲穂って言う意味らしい。

『なるほど〜! なるほどすぎる〜!!』

ワインなんかと、よく合いそうなので、今度試してみないとね。


★前回のレポは、こちら
『チーズバーガー』
LAWSON
http://www.lawson.co.jp/index.html

●チーズバーガー ¥198

LAWSONのチーズバーガーを、買ってみた。


↑画像を、クリック〜!

cheezeHB_02
↑中には、ハンバーグ、チーズ、ピクルスが

cheezeHB_03

電子レンジで、45秒温めて、できあがり。
まずは、ひと口。
トローリ溶けたチーズと、ジューシーなハンバーグが、
なかなかの味わいだぞ。

『トロジュ〜! トロジューすぎる〜!!』

ただ、ピクルスが、小さいのひとつだけで、
なかなか、巡り会えないのが、残念なところ。
まあ、ピクルスなんて必要ない、って人も多いようなので、
2つ以上入ってるバーガーは、皆無なのかもしれないけど。
できれば、もう少しデッカイのを入れてくれると、ウレシイ。

どっちかっていうと、酸っぱいのは苦手。
でも、バーガーの中のピクルスは、そのほのかな酸味と、
カリッとした食感が、とてもいいアクセントになるんだよね。


★前回のレポは、こちら
『ヤマザキ 春のパンまつり 2013』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/index.html


↑画像を、クリック〜!

今年の、春のパンまつりの“大きなモーニングボウル”は、
全部で、5枚ゲット〜!

毎日、ヤマザキのパンばかり食ってたので、
しばらくは、他のメーカーのパンを食べてしまうかも。
ヤマザキさま、お許しくださいませ。


★前回のレポは、こちら
『タイフェスティバル 2013』
代々木公園
http://www.thaifestival.jp/jp/


↑画像を、クリック〜!

今年も、タイフェスへ。
雨模様なので、それほど混んでないかと思ってたら、
11時頃に到着すると、けっこうのお客さん。
さすが、大人気のフェスティバルだ。

thaifes2013_02
↑初出店の、スパイスMARKET

今回は、スパイスMARKETで食べてみようと思ってたので、
一目散に、ブースへ。
オススメの、ぶっかけ飯!を頼んでみた。

thaifes2013_03
↑オレンジのカレー(パネーン)、豚バラガパオ炒め、鶏挽肉のハーブサラダ(ラープ・ガイ)

ぶっかけ飯!というのは、その名前のとおり、タイ米の上に、
3種類の料理が、ぶっかけられたもの。
いずれも、予想以上に辛くて、パンチが効いてて、美味いぞ。

『アロイ〜! 超アロイすぎる〜!!』

ボリュームも、ケッコウあるので、
口も、舌も、お腹も大満足。
お店でも、平日のランチに、ぶっかけ飯があるようなので、
近いうちに、食べにいかないとね。

メースィールアン                                                 タニ・キッチン
thaifes2013_04
ヤマモリ                                                     木徳神糧

thaifes2013_05
↑木徳神糧のタイ香り米 ¥1,000(3個)     ヤマモリのガパオ・ガイ ¥300×2個=¥600↑

タイ香り米は、1個=¥400。2個買おうと思ってたんだけど、
2個=¥800、3個=¥1,000ってことで、もちろん3個ゲット!


★前回(2012年)のレポは、こちら
『ティラミス風味』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

5月の新作
●ティラミス風味(ココア風味パン使用) ¥147
─ココア風味パンにマスカルポーネチーズ入りの
 チーズクリームとコーヒーゼリーをサンドしました。
 (マスカルポーネチーズの製品に占める割合は1.3%です)─


↑画像を、クリック〜!

栄養成分表示/1個当たり

熱量:132kcal
たんぱく質:3.6g
脂質:4.2g
炭水化物:20.0g
ナトリウム:130mg


l_tiramisu-hu_02

まずは、ひと口。
確かに、ティラミス風味のような…
ただ、ここ数年食べて無いので、どんな味だったのか、
正直言って、よく覚えてないだよね…

ティラミスは、チーズケーキの一種だし、ココアパウダーがかかってる。
だから、チーズクリームとコーヒーゼリーとココア風味パンというのは、
食材的には、同じような組み合せ。
ってことで、

『ティラミス風味〜! 風味すぎる〜!!』

甘さ控えめだし、コーヒーゼリーの食感もおもしろいので、
“ティラミス”だと思わずに食べた方が、いいのかも。


★前回のレポは、こちら


『まい泉 たっぷりロースかつ弁当』
まい泉
http://mai-sen.com/

●まい泉 たっぷりロースかつ弁当 ¥945
─まい泉選りすぐりの国産豚ロースを
 やわらかくとんかつに仕立てました。
 副菜も煮物など充実。
 ロースかつの肉と脂の旨みを十分にご堪能頂けるお弁当です。─

maisen_roast_01

【お弁当内容】
大ロースかつ・煮物・お新香・白飯・梅干



↑画像を、クリック〜!

まい泉の“たっぷりロースかつ弁当”を食べてみた。
「箸で切れるやわらかなとんかつ」でおなじみ「まい泉」。
残念ながら、これは、冷たい弁当なので、箸では切れなかった。。

が、しかし、冷たくても、なかなかの美味さ。
さすが、まい泉。

『美味~! 冷えてても、ケッコウ美味~!!』

大ロースかつってことで、ボリュームもあるので、
舌もお腹も、大満足なんだよね。


★ヒレかつサンドは、こちら
『納豆&ごはんにスパイス! おかずわさび』
S&B
http://www.sbfoods.co.jp/index.html

●ごはんにスパイス! おかずわさび(海苔入り)
─食感、コクを楽しめるわさびです。
 本わさび葉、のり、鰹節のサクサクした食感と鰹節、
 醤油の和テイストになたね油、
 ごま油でコクをプラスした味わいが特徴です。
 ごはん、そうめん、焼肉、
 カルパッチョ、冷奴、納豆などにどうぞ。─



↑画像を、クリック〜!

●栄養成分(100gあたりの栄養成分)
エネルギー 564kcal
たんぱく質 14.1g
脂質 43.1g
ナトリウム 3.5g
食塩相当量 8.9g
炭水化物 30g


okazu-wasabi_02

納豆ごはんのトッピングに、おかずわさびを。
わさびのピリ辛感、鰹節のサクサク感がプラスされて、
絶妙の味わいに。

『ドンピシャ〜! ドンピシャすぎる〜!!』

これは、納豆ごはんのお供に最適な、食材だ。
パンにはさんでも美味そうなので、今度試してみるつもり。
『四日市とんてき風』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

5月の新作
●四日市とんてき風(四日市とんてき協会推奨) ¥168
─ウスターソースベースのたれで炒めた
 豚肉フィリングをサンドしました。


↑画像をクリック〜!

栄養成分表示/1個当たり

熱量:120kcal
たんぱく質:3.7g
脂質:3.2g
炭水化物:18.8g
ナトリウム:260mg


l_yokaichi-tonteki_02

まずは、ひと口。
肉の食感はコリコリしているけど、
ひとつ一つが小さいので、トンテキって感じがあまり…
味わいは、チョット濃いめなので、トーストした方が食べやすいかも。

ってことで、2つめは、トーストしてみた。
パンのサクサクとした食感と、香ばしい風味がプラスされて、
フィリングの濃いめの味付けも、緩和され、なかなか美味。

『トースト〜! トーストに限る〜!!』

けっこうボリュームがあるのに、
カロリーが低いのも、素晴らしいところ。


★前回のレポは、こちら
『冷やし中華 2013』
大徳食品

●冷し中華(胡麻ダレ) ¥198

近所にできた、まいばすけっとに行ってみたら、
冷し中華があったので、思わず買ってしまった。
今まであまり気にしてなかったんだけど、
冷し中華って、5月初めから売ってたんだろうか??

夏のものだと思っていたので、
こんな時期にあることに、ビックリしてしまったのだ。


↑画像をクリック〜!

hiyashichuka_02
↑具は、キュウリと、ハムと、ゆで卵

hiyashichuka_03

胡麻ダレをかけて、しっかり混ぜてから、ひと口。
香ばしくて甘みのある、胡麻ダレが、とてもコクがあって、
麺ともよくからんで、激うま。

『美味〜! 紛れもなく美味〜!!』

ボリュームはチョット物足りなかったけど、味わい的には大満足〜!
『松屋(56)』 ●うまトマハンバーグ定食
牛丼チェーン
http://www.matsuyafoods.co.jp/

店舗限定
●うまトマハンバーグ定食 ¥580
─トマトの果肉がたっぷり!─



4/25(木) 15時~5/7(火) 15時まで
東京都、大阪府の一部店舗でトマトの果肉がたっぷり!
ガーリック風味が決め手の大人気
「うまトマハンバーグ定食」を復活します!!


ってことで、用賀の松屋へ。
隣の松乃屋へは何度か来てるけど、ここの松屋は初訪問だ。

うまトマを頼むため、Suicaを使おうと思ったら、
券売機にタッチするところが無いぞ。
なんと、Suicaに対応してない券売機だったのだ。
隣の松乃屋は、Suica対応なのに、どうしてなんだろう。

考えてみると、松屋は、ずいぶん前からあったので、
もしかしたら、OPEN当時の券売機を、今でも使ってるのかも。

matsuya_umatoma_02

サラダを食べ終わってから、ハンバーグをひと口。
以前ほど酸っぱくなく、トマトのほどよい酸味が、
ハンバーグを爽やかな味わいに。
ほのかなガーリックの風味も、とても良く効いているぞ。

『爽快〜! 爽快すぎる〜!!』

matsuya_umatoma_03

途中から、温泉卵をくずして食べてみた。
卵のコクが加わって、ますます奥深い味わいに。

こんな美味いものが、どうして店舗限定なのか、謎。
夏に、全国展開するための、テスト販売なのかな。


★前回のレポは、こちら
『関東・栃木レモンクリーム&ホイップ』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●関東・栃木レモンクリーム&ホイップ ¥137
─無果汁・レモンフレーバー使用
 栃木乳業(株)の「関東・栃木レモン(乳飲料)」入りの
 クリームとホイップクリームをサンドしました。
 「関東・栃木レモン」は原産地名ではなく栃木乳業(株)の商品名です。─




栄養成分表示/1個当たり

熱量:149kcal
たんぱく質:2.9g
脂質:4.6g
炭水化物:23.9g
ナトリウム:120mg


l_lemon&whip_02

知らなかったんだけど、レモン牛乳というのは、栃木県産の生乳に
砂糖やレモン香料などを加えたレモン色の乳飲料のことらしい。
栃木県でしか買えないようなので、聞いたこと無くても、当たり前か。

まずは、ひと口。
酸味は無いんだけど、レモンの香りがとても爽やか。
甘さも、控えめなので、自分でも無理無く食べられるのだ。

『レモン牛乳〜! レモン牛乳すぎる〜!!』

ランチパックのサイトに、
 「あの飲みものの風味でおいしかった」
 「懐かしい味わいがして好きです」
っていうコメントがあったので、
おそらく“レモン牛乳味”なんだろうと思うんだけど、果たして。


★前回のレポは、こちら
『オクシモロン(58)』
CURRY AND TREATS
鎌倉
鎌倉市雪ノ下1-5-38 2F
http://www.oxymoron.jp/

●スリランカ風チキンカリー+いちごとミントのサンデー+ラッシー ¥1,800
─スリランカのスパイス・ハーブを使って仕上げたルーに、
 チキン、玉ねぎ、ナス、ししとうが入った旨みたっぷりのスパイシーなカリーです。
 付け添えのココナッツと一緒にどうぞ!─


kaburaki_0503

いつものように、鏑木清方記念美術館で絵画鑑賞した後に、
オクシモロンへ。
GW中で、超激混みの小町通りをすり抜けて、
なんとかお店に到着。
予想通り満席だったんだけど、
幸いにも、2,3分後に、席に案内された。


↑画像を、クリック〜!

本日カリーの、スリランカ風チキンカリーと、
いちごとミントのサンデーと、ラッシーをオーダー。

定番カリーに、スリランカ風マトンカリーはあるけど、
チキンカリーは、初めて食べるのかも。

o_srilankaC_02
↑皿の左端にあるのが、ココナッツパウダー

カリーをごはんにかけて、まずは、ひと口。
このお店のカリーにしては、ほとんど甘みがないのに、ビックリ。
が、しかし、ごはんに添えられた、ココナッツパウダーを一緒に食べると、
甘みがプラスされて、絶妙の味わいになるのだ。

『美味いぞ〜! 美味すぎるぞ〜!!』

o_ichigomint
↑いちごとミントのサンデー

─ミントとレモンの果汁で時間をかけてマリネした苺を
 自家製ソースに仕上げました。
 苺の甘酸っぱさとミントの爽やかな香りが
 バニラアイスとの相性バツグン!
 見た目にも春らしいデザートです。─


自分にとっては、やや甘めだったけど、とても爽やかなスイーツ。

o_ichigo-babaroa_0503
↑いちごのババロア

─この佇まいだけで胸を射止められそう!
 ふんわりと桜色の甘酸っぱいババロアの上には
 少し酸味のあるやさしい味わいのクリームをトッピングしました。
 オクシモロンのふんわりとやさしい
 春の甘いものを是非おたのしみください。─


これは、もはや定番の、超かわいいスイーツ。


★前回のレポは、こちら


ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Laku

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する