おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
01 | 2013/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ラクんちパック 赤鶏さつま炭火焼』
※「ラクんちパック」とは、自作の、ランチパック風サンドイッチのことで、
ラク家()のパック」の略。


K&K
http://www.kokubu.co.jp/

●缶つま 赤鶏さつま炭火焼
─鹿児島県産赤鶏さつまを備長炭を使った炭火で焼きあげました。
 焼きたてのような香ばしさをお楽しみください。
 味つけには国産の塩と一味を使用し、
 肉の美味しさを引き立てています。─


l_kantsuma_01

栄養成分表示(1缶75g当り)

エネルギー 131kcal
たんぱく質 18.2g
脂質 6.3g
炭水化物 0.3g
ナトリウム 300mg


l_kantsuma_02


l_kantsuma_03

赤鶏さつま炭火焼を、はさんでみた。

l_kantsuma_04

パンにはさんだからか、自分の舌がヤバいのか、
普通の鶏肉との違いが、よくわからないぞ。
とても美味しいのは、もちろんなんだけど、
際だった特徴が見いだせなかったのだ。

『未熟〜! 未熟すぎる〜!!』

まだまだ、修行が足りないモヨウ。
っていうか、微妙な味わいの違いなんて、
凡人にはわからないものだろうから、仕方が無いのかも。


★前回のレポは、こちら
スポンサーサイト
『らあめん花月 嵐(30)』
期間限定メニュー
●牛肉麺天晶 ¥780
―石神氏は語る。
 『日本人が台湾に旅行に行った時は必ず注文するという牛肉麺(ニューローメン)は、
 以前から挑戦する価値のある麺料理の一つだと考えていたんです!!
 台湾の屋台で庶民が気軽に楽しめる牛肉麺は、
 実に様々な麺の形状、スープの取り方があるんです。
 つまりそれだけ、アレンジが出来るポテンシャルを持つ麺料理の一つだと思うんです。
 日本でも、少しずつ『牛肉麺』を提供するお店も出てきたみたいですが、
 まだまだ、その存在はマイナーなもの。
 自分自身、様々な牛肉麺を食べて来て『これだ!!』と
 満足のいく牛肉麺に出会ったことがなかったのです。
 それならば、この機会に、とことん満足できる牛肉麺を
 作り上げて欲しいと思っていたんです!!』
 こうして、史上最高の牛肉麺を創り上げたいという石神氏の提案のもと、
 花月嵐ラーメンマエストロ達の挑戦が始まった!! ―


新作の期間限定メニュー登場ということで、らあめん花月へ。

rka_tensyo_01

牛肉麺というのは、初体験。
どんな味わいなのか、とても楽しみ。
などと、あれこれ想像を膨らませていると、牛肉麺の登場。

rka_tensyo_02

まずは、スパイシーな香りが漂うスープを一口。
花山椒の風味が口中に広がる。
ただ、思ったほど辛くなかったので、チョット拍子抜け。
コクがあって、とても美味いんだけど、前回食べた天紅ほどの、インパクトが無かったのだ。

まあ、本場の牛肉麺を食べたことが無いと、比較することもできないので、
今度食べに行ってみないとな。


★前回のレポは、こちら

『ラクんちパック チキチキボーン』
※「ラクんちパック」とは、自作の、ランチパック風サンドイッチのことで、
ラク家()のパック」の略。


ニッポンハム
http://www.nipponham.co.jp/

●チキチキボーン
―鶏の手羽肉にスパイシーな衣をつけて、
 植物油でカラッと揚げた骨付きフライドチキンです。―


l_chikichiki_01

栄養成分※100g(可食部)あたり

エネルギー 238kcal
たんぱく質 16.2g
脂質 14.2g
炭水化物 11.3g
ナトリウム 821mg
食塩相当量 2.1g
鶏コラーゲン 3836mg


l_chikichiki_02

チキチキボーンをはさんでみた。

l_chikichiki_03

骨付きなので、食べやすいように骨をはずして、タルタルソースを投入。

l_chikichiki_04

まずは、一口。
普通のフライドチキンより、スパイシーなので、
パンと一緒に食べても、パンチがある。
チキンをそのまま食べても、もちろん美味いんだけど、
パンと合わさると、モチモチの食感、ほのかな甘みが加わって、
さらに味わい深くなるのだ。

『美味~! いたく美味~!!』

チキチキボーンを買った時には、
ラクんちパックにするのが、マストになりそうだ。


★前回のレポは、こちら
『松屋(48)』  ●マーボカレー
牛丼チェーン
http://www.matsuyafoods.co.jp/

●マーボカレー(並)+生野菜 ¥490+¥100=¥590
―「マーボカレー」は、以前、大変ご好評をいただいたメニューで、
 カレーのピリッとした辛さと、コクのあるマーボの辛さが絶妙な美味しさです。
 また、豆腐、にんにくの芽も入り、具沢山でボリューム満点の一品です。―


マーボカレーが復活したということで、松屋へ。
かなり前に麻婆カレーを一度食べたことがあるけど、
その時は、残念ながらイマイチだった。
今回どれだけバージョンアップしてるか、とても楽しみだ。

matsuya_maboC_01

生野菜を食べていると、数分後にマーボカレーの登場。
山椒の香りが広がって、食欲をそそるぞ。

matsuya_maboC_02

少しだけ期待しながら、まずは一口。

『うん? カレーの味がしないぞ…』

以前食べたのと同じく、まったくカレーじゃないのだ。
しかも、麻婆豆腐でもないという、ものすごく中途半端な味わい。
前回の麻婆カレーが、好評だったというのも信じられないけど、
今回の、“コクのあるマーボの辛さが絶妙な美味しさ”というコピーも、
まったく納得できないのだ。

『無味~! 無味すぎる~!!』

あまりにもショックが大きかったので、そのまま全部食べてしまったけど、
醤油とか、カルビソースなんかをかければ、美味くなったのかも。
もしかして気が向いたら、試してみるかも。


★前回のレポは、こちら
『松乃屋(34)』
和定食

期間限定 ワンコインフェア
●ささみカレー+ミニサラダ ¥580→¥500

ワンコインフェアのささみカレーを食べてみた。
ささみのカレーは、通常のメニューにはないもので、もちろん初体験。

matsunoya_sasamiC_03

ミニサラダを食べてから、ささみを一口。
衣はサックリ揚がっていて、ささみもとてもサッパリしてるぞ。

matsunoya_sasamiC_02

ここのカレーは、松屋と同じもので、牛丼チェーン店の中では辛い方なんだけど、
もっともっと刺激がほしかったので、七味を大量投入。
これで、パンチがさらに増して、旨みも大幅にアップするのだ。

『美味~! まことに美味~!!』

ゼヒとも定番メニューに加えてほしい、一品だ。

※ちなみに、今回のワンコインフェアは終了しているので、
 ささみカレーを食べたい方は、次の機会に。


★前回のレポは、こちら
『タイパ(5)』
4カ月ぶりの、タイパーティ(タイパ)。
今日も、みんなで料理を1品ずつ持ち寄る、ポットラックパーティだ。

thaiipa_0223_01
↑カミさん作の、ニンジンのソムタム 73さん作の、インドネシア料理↑

73さん作の、ナシ・チャンプル的なもの。
ブロッコリーの酸っぱいやつ、ほうれんそう、豚の揚げたの、豆の揚げたの、
レモングラスの揚げたの、高野豆腐の煮たの、
あとスイートチリソースだかサンバルだかのやつ。

thaiipa_0223_02

レモングラスの揚げたヤツがカリカリで、とてもいいアクセントに。
いろんな味わい食感を楽しめて、おまけに辛いのだから大満足。

『エナック スカリ~! エナック スカリすぎる~!!』

thaiipa_0223_03
↑ガパオ豚バラ炒め

いつもは、ガパオと叩いた肉を炒めるんだけど、
今日は、豚バラ肉をそのまま入れてみた。
タイの屋台などでは、こういう形で提供しているお店もあるようだ。

ごはんと混ぜて食べる、ガパオごはんとは違って、
なんか、一品のおかずっぽくなるのが不思議。

thaiipa_0223_04
↑ノリさん作の、ラープ

ラープというのは、タイ、ラオスのサラダの一種で、
生、あるいは加熱した挽肉をトウガラシ、ミントや野菜類と混ぜ合わせたもの。
このラープには、いろんな具材が入っていて、しかもケッコウ辛くて美味。

『アロイ~! アロイすぎる~!!』

thaiipa_0223_05

ごはんにかけてもいいけど、きゅうり、にんじんなどと一緒に食べてると、
野菜のシャキシャキした食感も楽しめるのだ。

thaiipa_0223_06
ラ・テール セゾンのかぐや姫 ¥1,260

ずいぶん前から気になっていた、チーズケーキをようやくゲット。
直径19cmもあるドーム型のケーキなので、大人数の時じゃないと、食べきれないため、
なかなか買うチャンスが無かったのだ。

かぐや姫って名前通り、満月のようで、表面もクレーター風に見え、
とても素晴らしいルックス。
ふんわりした食感。やさしい味わいで、甘さも控えめ。
超自分好みの、できばえなのだ。

thaiipa_0223_07

『美味~! いと美味~!!』

今回も、有意義な時間を過ごすことができて、大満足。
みなさん、またのご参加を、よろしく~!


★前回のレポは、こちら
『お好み焼き風蒸しパン』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●お好み焼き風蒸しパン ¥98
―甘さを抑えたふんわりもっちりした蒸しパン生地に
 お好みソースとマヨネーズをトッピングして
 お好み焼き風に仕上げました。―

okonomiyakihu_01

なんかいやな予感がしたので、一瞬ためらったんだけど、
ネタになりそうなので、やっぱり買ってしまった。

okonomiyakihu_02

封を開けると、予想以上に、お好み焼きの香りが。
キャベツ、焼豚、紅生姜、青海苔、かつお節が入っていて、
ソース、マヨネーズの味付けだから、お好み焼きの風味がして当然か。
ただ、単なる企画モノって感じじゃなく、
パンとしても美味しいのが、素晴らしいところ。

『お好み焼き風~! 思いのほか、お好み焼き風~!!』

からしをつけたら、もっと本格的になるかもしれないので、
今度買った時に、試してみないとな。


★前回のレポは、こちら

『朝パン ツナチーズポテト』
Ginza Kimuraya

●ツナチーズポテト ¥118
―自家製のツナポテトサラダフィリングを包み、
 パセリ入りチーズパン粉をトッピングして香ばしく焼き上げました。―


tuna-cheese_01

GINZA KIMURAYAのツナチーズポテトを食べてみた。
製造者を見ると、「木村屋総本店」になっているので、
あの、あんパンで有名な銀座のお店が出している商品のよう。

tuna-cheese_02

まずは、一口。
ツナの塩加減が絶妙で、美味いじゃないか。
普通の菓子パンよりも、やわらかめの生地で、モチモチした食感も抜群。

tuna-cheese_03

『さすが、老舗~! 老舗すぎる~!!』

木村屋総本店のオリジナル商品だけのことはある。


★前回のレポは、こちら
『4種のチョコクリーム』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●4種のチョコクリーム ¥148
―白いパンにはミルクチョコクリームとイチゴチョコクリーム、
 ココア風味パンにはビターチョコクリームと
 ホワイトチョコクリームをサンドしました。―

lp_4syu-choco_01

栄養成分表示/1個当たり
白いパン
熱量:135kcal
たんぱく質:3.3g
脂質:3.6g
炭水化物:22.4g
ナトリウム:140mg

ココア風味パン
熱量:129kcal
たんぱく質:3.4g
脂質:2.7g
炭水化物:22.8g
ナトリウム:135mg


lp_4syu-choco_02

今回はチョコクリームの。4種シリーズ。
あまり甘過ぎるのは苦手な自分でも、少しずつならムリなく食べられるのだ。
おまけに味が変わることによって、甘さもそれほど蓄積されないような気もする。

lp_4syu-choco_03

一番好きなのは、ビターチョコかな。
それでも、これが普通サイズのが2つだったら、キビシイかも。
スイーツ系は全部この形にしてくれると、
自分的には、とてもウレシイんだけど。


★前回のレポは、こちら
『日高屋(6)』
ラーメン・定食
溝口
川崎市高津区溝口2-7-5
http://www.hiday.co.jp/man/core/index.html

●温玉旨辛ラーメン ¥490
―ピリッと辛いあんかけ、とろ~り温玉がベストマッチのラーメンです。―

hidakaya_ontama_01

辛いモノが食べたかったので、日高屋へ。
辛マークの中では、坦々麺は食べたことがあるので、旨辛ラーメンを頼むことに。

hidakaya_ontama_02
↑なぜか、温玉は、別皿で

待つこと、数分、ラーメンの登場だ。

hidakaya_ontama_03

まずは、スープを一口。
“ピリッと辛い”ってほど、辛くないぞ。
旨みも、特筆するほどじゃないし、
旨辛のどちらも、なんか中途半端な感じ。

hidakaya_ontama_04

『ものたりない~! ものたりなすぎる~!!』

坦々麺は、ものすごく美味いだけに、期待しすぎたのかもしれないけど、
このデキバエには、チョットがっくし。


★前回のレポは、こちら
『松乃屋(33)』
和定食

期間限定 ワンコインフェア
●チーズトマトチキン定食 ¥590→¥500

朝定食(AM5:00~AM11:00)を食べたいと思って、松乃屋へ。
出遅れてしまって、店に着いたのが、11:00チョイ前。
店内に入って、自販機の前に立つと、朝定食のボタンは明かりが付いていた。
が、押そうとした瞬間、全部のボタンの電気が消えてしまったじゃないか。
何が起こったのか分からず、呆然としていると、
直後に点灯したんだけど、朝定食のボタンは、真っ白。

どうやら、朝定食終了の11:00になると、
全店舗の自販機がリセットされるようなのだ。

『無情~! 無情すぎる~!!』

わずか、2,3秒遅れただけで、オーダーできないなんて。。

matsunoya_cheesetomato_01
↑期間延長~!

気を取り直して、ワンコインフェアのチーズトマトをオーダーすることに。

matsunoya_cheesetomato_02

matsunoya_cheesetomato_03

matsunoya_cheesetomato_04

七味唐辛子をかけてみた。
パンチが増して、旨みもパワーアップ。

matsunoya_cheesetomato_05

さらに、ソースもプラス。
甘みが加わることによって、コクが増して、さらなる美味に。

『美味~! ことさら美味~!!』

朝定食が食べられなかったのは、残念だったけど、
松乃家の自販機のシステムを垣間見ることができたのは、大収穫。


★前回のレポは、こちら
『松屋(47)』 ●焼き牛めし
牛丼チェーン
http://www.matsuyafoods.co.jp/

●焼き牛めし(並)+生野菜 ¥380+¥100=¥480
―鉄板で焼いた牛肉に旨辛のタレ!―

東京チカラめしの、焼き牛丼が注目を集めているからか、
他の牛丼店も、“焼いた牛肉”のメニューが続々と。

matsuya_yakigyu_01

などと、生野菜を食べながら、アレコレ考えていると、
数分後に、焼き牛めしの登場。

まずは、肉を一口。
甘辛い味付けだけど、吉野家の焼味豚丼のタレのように、みりんは使ってないのかも。
とてもサッパリした味わいで、これまた美味いぞ。

matsuya_yakigyu_02

『美味~! なんとも美味~!!』

値段も、まったく同じなので、
豚肉を食べたい時は“焼味豚丼”、
牛肉を食べたい時は“焼き牛めし”ってことになりそう。

ちなみに、東京チカラめしの“焼き牛丼”は、
もう少し、コッテリしてる系。


★前回のレポは、こちら
『吉野家(17)』
牛丼を主力商品とする外食チェーンストア(牛丼屋)
http://www.yoshinoya.com/

●焼味豚丼 十勝仕立て(並)+生野菜サラダ ¥380+¥90=470
―コク深いたれで焼き上げたうまさが、白いご飯にしみわたる。
 これからの季節に、うれしい一杯です。どうぞご賞味ください。―


出遅れてしまったので、ランチは、久しぶりに、吉野家へ。
このあたりの牛丼屋系の店では、一番すいているので、
料理が提供されるのが、最も早いからだ。

yoshinoya_butadon_02

メニューを見てみると、
以前あったコールスローの代わりに、生野菜サラダが。
ここのコールスロー、ケッコウ好きだったのに、どうして変わってしまったんだろう?
まあ、生野菜の方が、手間がかからないのかも。

「豚丼並とサラダ」とオーダーすると、

「サラダは単品でよろしいですか?」と、お店のお兄さん。

余り深く考えずに、ハイと答えた自分。

あとあと、メニューを見直してみると、
サラダとみそ汁で¥110というセットがあるじゃないか。
そっちにすればよかったと思ったけど、
かなり時間が経っていたので、それは次回のお楽しみということに。

yoshinoya_butadon_01

待つこと、3,4分で、豚丼とサラダの登場。
予想してたより早かったのでビックリ。
それでも、後から来たお客さんの牛丼の方が先に出てたので、
やはり、焼いてる分だけ、時間がかかるようだ。
おまけに、メニューから消えたコールスローが、
豚肉の横に添えられているのに、再びビックリ。
作ってるなら、サイドメニューにも入れて、
コールスローと生野菜をチョイスできるようにすれば、いいのに。

サラダを食べ終えてから、豚肉を一口。
かば焼のタレのような、みりんの効いた甘辛い味わいが、超自分好み。

yoshinoya_butadon_03

『美味~! すこぶる美味~!!』

牛焼肉丼も、同じ味付けなんだろうか?
とても気になるので、次回食べてみないとね。


★前回のレポは、こちら
『朝パン スクランブルエッグ』
GINZA KIMURAYA

●スクランブルエッグ ¥118
―ミルクとバターの風味を生かした、ふわふわ・とろとろの
 自家製スクランブルエッグフィリングを包みました。―


scrambled-egg_01

GINZA KIMURAYAのスクランブルエッグを食べてみた。
製造者を見ると、「木村屋総本店」になっているので、
あの、あんパンで有名な銀座のお店が出している商品のよう。

scrambled-egg_02

まずは、一口。
たまごの塩加減が絶妙で、美味いじゃないか。
普通の菓子パンよりも、やわらかめの生地で、モチモチした食感も抜群。

『さすが、老舗~! 老舗すぎる~!!』

木村屋総本店のオリジナル商品だけのことはある。
『松乃家(32)』
和定食

●ヒレかつ&カキフライ定食 ¥790

ヒレかつフェア、今日は、ヒレかつ&カキフライ定食を。

matsunoya_hire&kaki_01

数分後に、定食登場。
ヒレかつ2枚と、カキフライ3つのセットメニューだ。

matsunoya_hire&kaki_02

ヒレかつもカキフライも、外はサクサク、中はジューシーなので、
これだけのボリュームでも、無理なく食べられるのだ。

『さっぱり~! 意外とさっぱり~!!』

一皿で2度美味しい味わいも、お腹も大満足。
ちょっとカロリーが気になるけど、たまにはいいよね。


★前回のレポは、こちら
『やわらかツナ』
第一パン
http://www.daiichipan.co.jp/

●やわらかツナ ¥108
―オニオン入りのツナマヨフィリングを
 ふんわり白いパンで包み焼き上げました。―

2013/1/1 関東、関西地区発売


yawaraka_tsuna_01

【一個あたり】
■たんぱく質:7.1g
■脂質:24.2g
■炭水化物:31.4g
■ナトリウム:500mg
■熱量:372kcal


yawaraka_tsuna_02

やわらかツナも、買ってしまった。
これも、“やわらかカマンブール”と同じパン生地。
マヨで和えられたツナは、程よい塩加減で、
シャキシャキたまねぎ辛みも、とてもいいアクセントになってるのだ。
フィリングが予想以上に入っているので、お腹も大満足。

yawaraka_tsuna_03


★前回のレポは、こちら
『丸亀製麺(3)』
讃岐釜揚げうどん
http://www.toridoll.com/shop/marugame/

●釜玉うどん(並) ¥330

久しぶりに、丸亀製麺へ。
今日は、釜玉うどんを頼んでみた。

茹であがったうどんを丼に入れた、お店のお姉さんが、

「卵、混ぜてもよろしいですか?」と。

卵が乗ってるところを写真に撮りたかったから、一瞬迷ったんだけど、
今回初めて食べるので、お店の人の言葉に従うことに。

「はい」と答えると、

手際よく混ぜ始めたお姉さん。

marugame_kamatama_01

青ネギ、天カスをトッピングして、完成だ。

marugame_kamatama_02

テーブルに置いてある、専用のだし醤油をかけて、
しっかり混ぜてから、一口。
卵のトロトロ具合が、感動的に素晴らしい。

『絶妙~! 絶妙すぎる~!!』

お姉さんの言葉に従ってよかった~。
混ぜるのを断って、そのままお金を払って、薬味を乗せて、
席について、写真を撮っていたら、こんな食感は味わえてなかったぞ。
うどんがアツアツのあのタイミングで混ぜることが、マストだったのだ。
これからも、お店の人の言うことを、ちゃんと聞かないとね。


★前回のレポは、こちら
『松乃家(31)』
和定食

●ヒレかつ丼+ポテトサラダ ¥590+¥120=¥710

ヒレかつフェア、今日は、ヒレかつ丼を。

matsunoya_hirekatsudon_01

ポテトサラダを食べていると、ヒレかつ丼登場。

matsunoya_hirekatsudon_02

まずは、ヒレかつを一口。
とてもさっぱりしていて、柔らかくて、美味い。

『美味~! なかなか美味~!!』

あっさりしたかつ丼を食べたい時には、最適のメニューだ。


★前回のレポは、こちら。
『松屋(46)』 ●角切りステーキ定食
牛丼チェーン
http://www.matsuyafoods.co.jp/

●角切りステーキ定食 ¥690
―外はこんがり、中はジューシー―

以前にも登場したらしいけど、未食だった、角切りステーキを食べに松屋へ。
オーダーしてから鉄板で焼くので、数分後に定食の登場。

matsuya_kakugiri_01

牛肩ロース肉の角切りステーキ。
ソースはかかっていないので、テーブルに置いてある、
「ポン酢」「バーベキューソース」「カルビソース」などで、
いろんな味わいを楽しむことができるのがウレシイ。

matsuya_kakugiri_02

ただ、比較的軟らかい肉なんだけど、
中にはスジがあって固い部分もあるのが残念なところ。
まあ、この値段でステーキが食べられるんだから、多少は仕方ないってところか。
硬そうな所から食べて、最終的に、
柔らかい肉でフィニッシュするというのが、オススメの食べ方かも。


★前回のレポは、こちら
『銀座 おぐ羅/カフェ カーディナル』
羽田空港国際線旅客ターミナル
おでん・だし茶漬け
大田区羽田空港2-6-5 国際線旅客ターミナル4F 江戸小路
http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131504/13117555/

カフェ
http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131504/13117358/

羽田空港国際線旅客ターミナル4Fの、E・DO MARKET PLACEへ。
ずいぶん前から気になっていたんだけど、今回ようやく初訪問。

haneda_01

E・DO MARKET PLACE
―江戸の町でお食事からショッピングまで楽しめる!
 カフェやレストラン、各種専門店など、バラエティ豊かなお店が勢揃い。―

↓伊東屋                              てぃしゃつ屋↓
haneda_02
↑江戸小路


一回りした後は、江戸前横丁の『おぐ羅』で、ランチを。

haneda_03

知らなかったんだけど、銀座の有名なおでん屋さんらしい。

haneda_04

もちろん、おでんもあったけど、だし茶漬けが超気になったので、
ちりめんじゃこ山椒茶漬けをオーダーした。

haneda_05

意外にも、2,3分後にお茶漬けの登場。
考えてみたら、すべてできあがってるモノを盛り付けるだけだろうから、
そんなに時間がかからないのも当然なのか。

haneda_07
↑茶めしの上に、ちりめんじゃこ、山椒、のり、大葉が

haneda_08

お椀に、茶めしをよそって、薬味を乗せ、だしをかけて、
まずは一口。
だしは、昆布がよく効いていて、超美味。

『美味~! なんたる美味~!!』

さっぱりした味わいながら、ものすごくコクがあるのだ。
おでんも食べてみたいので、再訪必至。

haneda_06
↑紀州南高梅茶漬け ¥850

haneda_09

食後は、5Fの展望デッキへ。
飛行機の離着陸を見ていると、なんか癒されるのは何故なんだろう。
不思議だ。

haneda_10

歩き回ってのどが渇いたので、最後はカフェ カーディナルへ。

haneda_11
なんと、ナンカレーセットが…↑


haneda_12
↑カフェラテ ¥370

おみやげは、EDO 食賓館で。羽田空港限定の商品を。

haneda_13
↑わさび味 いかせんべいから揚 ¥630

haneda_14

わさび味って、日本独特の風味だからだろうか、他にもいろんな商品が。

食べてみると、ピリッとわさびが効いているんだけど、
肝心のいかせんべいの味が薄いので、なんか物足りない感じだったのが残念。

haneda_15
↑聖護院 生八ツ橋 ¥525

あんこの入ってるのは、よく見かけるけど、
生八ツ橋は、東京で売ってるのは初めて見たので、即買い。
京都に住んでいたころは、よく食べていたので、ものすごく懐かしい味わいだ。


▼おまけ
tamagawa_0209
↑多摩川から見た、夕景
『やわらかカマンブール』
第一パン
http://www.daiichipan.co.jp/

●やわらかカマンブール ¥108
―カマンベールチーズ風味のチーズクリームを
 ふんわり白いパンで包み焼き上げました。―

2013/1/1 関東、関西地区発売


yawaraka-c_01

【一個あたり】
■たんぱく質:6.9g
■脂質:17.2g
■炭水化物:31.0g
■ナトリウム:470mg
■熱量:306kcal


yawaraka-c_02

カマンブールって名前にひかれて、買ってしまった。
が、しかし、商品説明には、“カマンベールチーズ風味の~”って書いてあるので、
第一パンオリジナルの、ネーミングなんだろうか?? 謎。

yawaraka-c_03

パン生地は、ヤマザキのふんわりと同じような、やわらかくて、モチっとした食感。
チーズクリームがやや硬めなので、そのコラボが絶妙だ。
クリームは、カマンベールほどクセがなく、普通のクリームチーズに近い感じ。

『クリーミ~! クリーミーすぎる~!!』

カマンベールの独特の味わいを期待してると、チョット拍子抜けって感じだけど、
チーズ系の菓子パンとしては、文句なく美味。
『松乃家(30)』
和定食

ヒレづくし
一頭からとれる量は、約1Kg
ほぼ赤身で脂肪の少ないヒレ肉は
きめ細やかで柔らかく、
美肌効果があるとされる
ビタミンB1が多く含まれています。


●ヒレかつ定食 ¥690

今回は、ヒレづくしってことで、松乃家へ。
なぜかこのお店のヒレ系は食べたことがなく、今回が初体験。

matsunoya_hire_01

ヒレかつ&カキフライ定食、ヒレかつ定食、ロースかつ&ヒレかつ定食、ヒレかつ丼の中から、
一番オーソドックスな、ヒレかつ定食をオーダーした。
相変わらず、ロースかつ定食は、あっという間に出てくるけど、
ヒレかつは、オーダーが入ってから揚げるようで、数分後に登場。

matsunoya_hire_02

matsunoya_hire_03

予想していたより大きめのヒレかつが、4つも乗ってるぞ。
キャベツを食べ終えてから、ヒレかつを一口。

外はサクサク、中はジューシー。
さすが、ヒレだけあって、とてもサッパリしてるじゃないか。

『あっさり~! ケッコウあっさり~!!』

とは言っても、油で揚げているのだから、まったく脂っこくない訳じゃないけど、
このくらいの量なら、全然問題なく食べられるのだ。
他のメニューも味わってみたいけど、“ロースかつ&ヒレかつ”は、
ボリュームも、脂っこさも、自分にはハードルが高そうなので、パス。
ってことで、次回は、ヒレかつ&カキフライ定食か、ヒレかつ丼を食べてみるつもりだ。


★前回のレポは、こちら
『レーズンクリームサンドメロンパン』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

~剛力彩芽主演ドラマ ~「ビブリア古書堂の事件手帖」とタイアップ
●レーズンクリームサンドメロンパン ¥118
―さっくりとした食感のビスケット生地をかぶせたメロンパンに、
 レーズンクリームをサンドしました。―
―ドラマの原作小説の第1話で、入院中の主人公へのお見舞い品として登場する
 「レーズンサンド」をイメージしたものです。―


ランチパックのCMに出演している剛力彩芽だけに、
ドラマとタイアップした商品が出るのでは、と思っていたら、やはり。

biblia_01

見た目は、メロンパンなので、どうしてなのか不思議だったんだけど、
中にレーズンクリームがはさんであった。
まずは、一口。
まだ、レーズンクリームまで到達しないので、普通のメロンパン。
食べ進むうちに、クリームが登場して、より深みのある味わいになるのだ。
パンも、クリームもあまり甘くないので、自分でも無理なく食べられるのがウレシイところ。

biblia_02

『控えめ~! 控えめすぎる~!!』

biblia_03

もしかしたら、超人見知りのヒロインの性格も、イメージしてたりして。


★前回のレポは、こちら
『オクシモロン(56)』
CURRY AND TREATS
鎌倉
鎌倉市雪ノ下1-5-38 2F
http://www.oxymoron.jp/

●ゆずと豚肉のスープカリー+アールグレイ+チョコレートジンジャーケーキ ¥1,800
―薄くスライスした豚肉を使った、和風のスープカリーです。
 ベースに長ネギを使い、水菜と春菊を加えさっぱり、爽やかな味に仕上げました。
 干しシイタケのだしが効いてます。―


nikuhitsu_01

久しぶりに、鎌倉へ。
まずは、鎌倉国宝館で、“肉筆浮世絵の美”を鑑賞。
肉筆の、浮世絵があるのを、初めて知った。

kaburaki_0203_01

続いて、鏑木清方記念美術館へ。

o_yuzu_01

そして、もちろん、オクシモロンへ。
本日カリーの、ゆずと豚肉のスープカリーをオーダー。

o_yuzu_02

ごめんなさい。
このカリーは、9年間通っていて、初めて自分好みじゃなかった。。
なんか、方向性が変わったんだろうか??
まずい訳ではないんだけど、自分にとっては、とても不思議な味わいで、
最後まで、なじめなかったのだ。

o_yuzu_03

チョコレートジンジャーケーキは、ほどよい甘さで、美味。


★前回のレポは、こちら
『なか卯(30)』
和風牛丼とうどん
●鶏塩うどん+サラダ ¥490+¥100=¥590
―自慢の澄んだうどんだしに、鶏の旨みが凝縮された鶏油(チーユ)、
 ガーリック風味の塩ダレを加え、あっさりしているのに深みのある味つけです。―


さっぱりしたものが食べたい気分だったので、なか卯へ。
未食の、肉うどんを食べようと思っていたんだけど、
券売機のどこを探しても無かったので、鶏塩うどんにすることに。

nakau_torishio_01

以前、セットメニューのミニサイズのモノは食べたことがあるけど、
普通サイズは初めてだ。

nakau_torishio_02

サラダを食べてから、うどんを一口。
さっぱりとした塩味のだしに、鶏の旨みが加わって、とてもコクのある深い味わい。
ただ、鶏油(チーユ)がケッコウ入っているので、一人前を食べると、チョットしつこい。
もう少し鶏油の量を減らした方が、だしや取肉の旨みを、じっくり味わえると思うんだけど。

★前回のレポは、こちら
『ラクんちパック ポークビッツ』
※「ラクんちパック」とは、自作の、ランチパック風サンドイッチのことで、
ラク家()のパック」の略。


伊藤ハム
http://www.itoham.co.jp/

●ポークビッツ
―火の通り約1分だから、お料理に重宝します。ミニサイズだからお弁当にもピッタリ!―

l_porkbits_01

(商品100g当たり)
※食塩相当量2.3g
熱量 276kcal
たんぱく質 13.6g
脂質 22.1g
炭水化物 5.6g
ナトリウム 900mg


l_porkbits_02

ポークビッツをはさんでみた。
普通の半分位の大きさの、ミニサイズのウインナーだ。
まずは、袋から半分くらい、少し深めの小皿に出して、電子レンジでチン。
と、入れたままの形に固まってくれるので、そのままパンにオン。
そのあと、パンに乗せて、さらに30秒チンで、できあがり。

l_porkbits_03
↑思わずニヤけてしまうルックス

まずは、一口。
見た目の、カワユサだけじゃなく、小さいのがたくさん入っているので、
食感も、その数だけ楽しめるのだ。

『山椒は小粒でもピリリと辛い~! 辛すぎる~!!』

といっても、別に辛い訳じゃなくて、“小さくても侮れないぞ”、
って意味なので、あしからず。。


★前回のレポは、こちら
『BAR 太田屋』
立ち飲みBAR
二子玉川
世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズオークモール202
http://locoplace.jp/t000134258/

●1000円セット ¥1000
―ドリンク2杯とおつまみ1品―

1週間の禁酒あけには、ここで飲むと決めていた。
そのお店は、二子玉川ライズの“BAR 太田屋”。

bar-ootaya_01

ライズに移転する前から気になってたお店なんだけど、
なかなかチャンスが無く、今回初訪問。

bar-ootaya_02

立ち飲みBARってことなんだけど、ちゃんと椅子があるので、座って飲めるのだ。

bar-ootaya_03
↑ピンクの札は、2杯目を頼む時に渡すモノ

もちろん、オススメの“1000円セット”をオーダー。
なんと、¥1000で、ドリンク2杯と、おつまみ1品が味わえるのだ。
まずは、カウンターで、1杯目の生ビールと牛スジの煮込をオーダー。
ビールを受け取って、おつまみは、できあがるのを席で待つという、
セルフサービスシステムだ。

bar-ootaya_04

ビールを飲んでいると、マスターの「牛スジの煮込で~す」の声。
カウンターに取りに行くと、小さめの皿だけど、中身は大盛。
牛スジはしっかり煮込まれていて、とても柔らかく、味もしっかりしみていて美味いぞ。

『予想してたより、美味~! 美味すぎる~!!』

bar-ootaya_05

2杯目は、角のハイボールを。
けっこうウイスキーの分量が多く、濃いめなのがウレシイ。

軽く飲みたいときに、重宝しそうなので、
これから、ちょくちょく通ってしまいそう。
『こだわり米の塩むすび』
セブンイレブン
http://www.sej.co.jp/index.html

●こだわり米の塩むすび ¥100
―厳選されたこだわり米を炊いて、ゆっくり冷ましながら、
 ご家庭でおむすびをつくるようにふっくら握り、焼塩だけで味付けしました。
 お米本来の甘み、旨味を 引きたてた自慢のおむすびです。―


なぜか突然、塩むすびが食べたくなったので、セブンイレブンへ。
もしかしたら、TVで“塩むすび”というキーワードが、
気付かないうちにすりこまれてしまったのかも。

shiomusubi_01
↑生たらこ ¥130

塩むすびだけじゃ、さすがに物足りないだろうと、生たらこも。

shiomusubi_02

まずは、塩むすびを一口。
ほどよい塩味で、ごはんの甘みも感じられて、なかなか美味いぞ。

『素朴~! 素朴すぎる~!!』

おそらく、ごはんがアツアツだったら、もっと美味いんだろうけど、
コンビニのおにぎりに、そこまで求めるのは、酷というもの。
塩味だけで勝負するという、その心意気に、拍手喝采しないとね。


ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。