おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
11 | 2012/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『松屋(44)』 ●鶏つくねハンバーグ定食
牛丼チェーン
http://www.matsuyafoods.co.jp/

●鶏つくねハンバーグ定食 ¥580
―鶏モモ肉を使用し、じっくりていねいに煉(ね)られた鶏つくねハンバーグは、
 ふっくらジューシーに仕上がりました。
 また、和風の照り焼きソースとトローりとした半熟玉子が
 鶏つくねハンバーグの美味しさを見事に引き立て、
 お好みで七味唐辛子をかければさらに美味しさがアップします。―


今日こそは、新作メニューをと、松屋へ。
券売機をしっかり確認してから“鶏つくねハンバーグ定食”のボタンを、プッシュ。
今度こそ、食べられそうだ。
ちなみに、この店も“鶏つくね”の位置は右上のハジじゃなく、
“チゲカルビ焼セット”“豆腐キムチチゲセット”の次の3番目。
やはり、チゲの方が、松屋イチオシのよう。

matsuya_toritsukune_01

サラダを食べ終わってから、いよいよハンバーグを一口。
てりやきソースが、チョット濃いめだけど、
コクのある甘辛い味わいは、超自分好み。

matsuya_toritsukune_02

半分くらい食べた後で、半熟卵を崩して、食べてみると、
玉子のコクが加わり、濃さも緩和され、さらに旨みが増したぞ。

matsuya_toritsukune_03

『美味~! 美味すぎる~!!』

もうちょい薄めのソースだと、のどが乾き過ぎないと思うので、
ゼヒとも、ご検討のほどを。


★前回のレポは、こちら
スポンサーサイト
『松乃家(28)』
とんかつ/和定食

●カキフライ定食 ¥690

―牡蠣三昧

 食べれば口に広がる
 潮の香りと奥深い旨味
 海のミルクと呼ばれる
 栄養豊富な牡蠣を
 フライにしました―


松乃屋に行ってみると、“牡蠣三昧”のノボリが。
牡蠣って初めて見たので、即入店。
カキフライ定食をオーダーした。

食券を渡すと、

「カキフライは少々お時間がかかりますが、よろしいですか?」

と、お店のお姉さん。
もちろん、ハイと答えた自分。

matsunoya_kaki_01

確かに、待っている間に、後から来たお客さんが頼んだ、
ロースとんかつ定食の方が、先に提供されている。
おそらく、とんかつは、一番出るメニューだから、
常に揚げていて、揚がったものから順番に出しているんだろう。
カキは、オーダーが入ってから調理を始めるので、時間がかかるのだ。

matsunoya_kaki_02

それでも、数分後には、カキフライ登場。
ケッコウ大きめのカキが、6つも乗ってるぞ。

matsunoya_kaki_03

キャベツに、お気に入りのにんじんドレッシングをかけて食べ終えた後、
カキを一口。
外はサクサク、中はプリプリで、美味いじゃないか。

『ジューシ~! なかなかジューシ~!!』

この値段で、このカキフライが6個も食べられるのだから、大満足。

三昧というだけあって、他にも
ロースかつ&カキフライ定食 ¥790、
カキフライ綴じ丼 ¥590
が。
ロースかつ&カキフライは、カロリー高そうなので、パスするとして、
カキフライ綴じ丼ってのは、未経験なので、ゼヒとも味わってみたいもの。


★前回のレポは、こちら
『チョコ&バナナクリーム(ココア風味パン使用)』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●チョコ&バナナクリーム(ココア風味パン使用) ¥147
―ココア風味パンになめらかなチョコホイップとバナナクリームをサンドしました。―

栄養成分表示/1個当たり
熱量:150kcal
たんぱく質:3.2g
脂質:5.7g
炭水化物:21.4g
ナトリウム:130mg


lp_choco&banana_02

ココア風味のパンと、チョコホイップ、バナナクリームは、ベストマッチ。
ただ、とても美味しいんだけど、かなり甘過ぎ。
なんとか2つとも食べられものの、口の中は、激甘状態で、
すぐにでも、塩コンブを食べたい気分なのだ。

lp_choco&banana_01

『甘い~! 自分には甘過ぎる~!!』

もっと甘さ控えめなのを作ってほしいけど、
甘いもの好きの、女子のみなさんには。
『この甘さだから、美味しいんじゃない!』って言われてしまいそう。


★前回のレポは、こちら
『丸亀製麺(2)』
讃岐釜揚げうどん
http://www.toridoll.com/shop/marugame/

●カレーうどん(並)+ちくわ天+半熟玉子天 ¥380+¥100+¥100=580

この間の“釜揚げうどん”が、好感触だったので、カレーうどんを食べに、丸亀製麺へ。
カレーうどんの並を頼んで、今回は、ちくわ天と半熟玉子天をトッピングに。

marugame_curry_01

まずは、カレーを一口。
ケッコウ辛くて、コクもあって、なかなかレベルが高いぞ。
カレーうどんだけだったら、こないだ食べたCoCo壱の
半分くらいの金額で食べられるのだから、CP的にも大満足だ。

marugame_curry_02

天ぷらを2つプラスすると、腹八分目って感じで、
ボリューム的にも、ちょうどいいのだ。

marugame_curry_03
↑半熟玉子天。天ぷらなのに、半熟ってのが謎!

『ジャスト~! ジャストすぎる~!!』

他のメニューも、超楽しみ~!


★前回のレポは、こちら
『セガフレード・ザネッティ 二子玉川店』
イタリアン・バール
二子玉川
世田谷区玉川2丁目22−12
http://www.segafredo.jp/

●ハニーマスタードターキー+エスプレッソ ¥400+¥290=¥690
―ハニーマスタードとスモークターキーをたっぷり野菜でサンド。
 ボリューム&ヘルシー!―

 ハニーマスタードとは…
 マスタードに蜂蜜を添加したもの。チキンやハムなど肉料理のソースとして使用される。


二子玉川駅の改札横にあって、しょっちゅう前や、横を通っているのに、
なんと、今回、初訪問。
いつでも行けると思っていると、逆になかなか入らないんだよね。

今回は、docomoショップで、4時間半も時間がかかってしまい、
3時前のいう中途半端な時間になっったため、入ってみることに。

segafredo_01

スタバのように、まずはオーダーをしてから、席に着くスタイル。
ハニーマスタードターキーと、エスプレッソをオーダーした。

segafredo_02

まずは、エスプレッソを一口。
さすが、イタリアン・バールというだけあって、本格的な味わい。
ハニーマスタードターキーも、甘辛くて、とても美味。

segafredo_03

『ボーノ! ボーノすぎる~!!』

バールというのは、イタリアなどの南ヨーロッパで軽食喫茶店のことで、
食事にも重点をおいたリストランテ・バールから、
コーヒー中心のカフェ・バール、
アイスクリーム中心のジェラテリア・バールなど様々なものがあるよう。

このお店にも、アルコールメニューや、Antipasto(前菜)があるので、
次回は、ビールを飲みながら、料理を味わってみたいもの。
『松屋(43)』 ●チゲカルビ焼セット
牛丼チェーン
http://www.matsuyafoods.co.jp/

●チゲカルビ焼セット ¥680
(ライス・カルビ焼肉・豆腐キムチチゲ・生玉子もしくは半熟玉子)
―チゲとカルビの豪華な一品!―

新作メニューが出たということで、松屋へ。
どんなメニューだったか忘れてしまったので、
深く考えずに券売機の右上のボタン、“チゲカルビ焼セット”をプッシュ。
普通、新作メニューは、右上の端っこにあるからだ。

matsuya_ccy_01

厨房を眺めていると、数分後に、定食登場。

『んっ?? これって、こないだ食べたヤツじゃん…』

なんと、今回のボタンの配置は、“新作メニューが右はじ”ではなかったのだ。
という訳で、前回と同じものを、食べる結果に。

『まあ、このメニューは、お気に入りだから、いいんだけどね…』

と、無理やり自分を慰めつつ、チゲを一口。
相変わらず、コクがあって、それなりに辛くて、パンチがあって美味。

matsuya_ccy_02
↑キムチチゲ

matsuya_ccy_03
↑カルビ焼肉

家に帰ってから調べてみると、新作は“鶏つくねハンバーグ定食”で、
思い返してみると、自販機の左上にあったような気が。
もしかしたら、“豆腐キムチチゲセット”の方が、イチオシなんだろうか??
ってことで、食べる方は、自販機のボタンの位置に、ご注意を。


★前回のレポは、こちら

『Merry Christmas』
『市川精肉店』

二子新地
川崎市高津区諏訪1-10-8
http://www.ichikawa-meat.com/

●秘伝のクリスマスチキン 1本 ¥250
―毎年クリスマス限定のグリルチキンです。
 一晩寝かせた当店特製甘ダレで、グッとくる味!―

ichikawa_01

ichikawa_02

二子玉川ライズや、高島屋で売っていたチキンは、1本¥900前後していたのに、
なんと、1本¥250という、超激安!
特製甘ダレも、自分好みで、超美味!
来年からは、このお店のチキンが、定番になりそうだ。

********************************************************
『ラ・テールセゾン』
二子玉川
世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・ショッピングセンター B1F
http://www.laterre.com/patisserie/

●Xmasショートケーキ ¥462
●キャラメルコノミ ¥525

laterre_01

laterre_02

どちらも、甘さ控えめで、自分でも無理なく食べられのだ。
『松乃家(28)』
とんかつ/和定食

期間限定 ワンコイン
●チーズとまとチキン定食 ¥590→¥500

 トマトの酸味と、チーズのコクが、ベストマッチ。
 酸っぱいのは苦手な自分でも、まったく気にならない、ジャストな酸っぱさなのだ。

 『ほどよい~! ほどよすぎる~!!』

 とんかつを、とてもさっぱりと食べられる、スグレモノのメニュー。
 また、割引になった時に食べてみるつもりだ。


って以前のレポのコメント通り、また食べてしまった。

今日は、諸事情により、9時までに晩飯を食わなくてはいけないので、
帰りに食べていこうと、初めて、夜の松乃屋へ。
夜8時前の時間なのに、ほぼ満席。
2席ほど空いていたカウンター席に、なんとか座ることができた。

matsunoya_ctc_01

今回のフェアは、“ワンコイン”¥500の定食、セットなど。

matsunoya_ctc_02

数分後に、定食登場。
例によって、キャベツを食べ終えてから、
チーズとまとソースをたっぷり乗せた、チキンカツを一口。
トマトの酸味と、チーズのコクが、ベストマッチ。
酸っぱいのは苦手な自分でも、まったく気にならない、ジャストな酸っぱさなのだ。
って以前のレポのコメントと、同じじゃん。。

『爽やか~! 爽やかすぎる~!!』

ってことで、決めゼリフだけは、変えてみた。


★前回のレポは、こちら

『なか卯(28)』
和風ファストフードチェーン
http://www.nakau.co.jp/

期間限定
●鶏ゆずうどん+サラダ ¥390+¥100=¥490
―さわやかなゆずの酸味が引き立つ
 あったかおだしの京風うどんです。―


鶏ゆずうどんが出たってことで、なか卯へ。
前にもあっただろうけど、もしかしたら食べるの初めてかも。

nakau_toriyuzu_01

オーダーして、2,3分後には、うどん登場。
その圧倒的な早さには、毎回驚かされてしまうぞ。

『早い~! 早すぎる~!!』

nakau_toriyuzu_02

まずは、ダシを一口。
柚子に風味が、口中に広がる。
なんて、爽やかな味わいなんだ。
ただ、“鶏ゆず”っていう割には、鶏が小さすぎ、少なすぎ。
サラダも食べて、ようやく腹八分目って感じ。


★前回のレポは、こちら
『丸亀製麺』
讃岐釜揚げうどん
http://www.toridoll.com/shop/marugame/

●釜揚げうどん(並) ¥280

↓OPEN前 駐車場完成                      OPENの垂れ幕が登場↓
marugame_kamaage_01
↑ついに、OPEN!

丸亀製麺が、OPENしたので、行ってみた。
といっても、OPEN日のランチタイムは、超満員だったので、日をずらして、夜行くことに。

店内に入ると、昼ほど混んでなくて、並んでる人は、数人。
初めてなので、一番オーソドックスな、釜揚げうどんをオーダーした。

待つこと、2,3分。
桶に入った、釜揚げうどんの登場。
なんかワクワクしてしまう、ルックスだ。

marugame_kamaage_02

思ったより大きい桶だけど、上げ底なので、量はそれほど多くないかな。

marugame_kamaage_03

まずは、うどんをつゆにつけて、一口。
さすが讃岐うどんだけあって、とてもコシがある。
甘辛い、コクのあるつゆも、自分好みの味わいだ。

『モチ旨~! モチ旨すぎる~!!』

初めて食べたんだけど、すっかりはまってしまったじゃないか。

今回は、あえて、天ぷらなどは頼まなかったんだけど、
うどんだけだと、さすがに腹六分目位って感じか。
今度からは、天ぷらも、プラスしないとね。

他にも、かけ、ぶっかけ、釜玉、ざるうどん、カレーうどん、
などのメニューがあるようなので、全種類、食べてみないとな。
『東京チカラめし(6)』
牛丼、カレーライス、定食・食堂
http://www.sankofoods.com/shop/chikara/

●本格四川麻婆定食(並) ¥490

麻婆豆腐が出たということで、東京チカラめしへ。
久しぶりに店内に入ると、お店の人は、若い女性ばかり。
いつから変わったんだろうか。
それにしても、最近の牛丼屋さんは、女性が増えたよな。
チョット前までは、男ばっかりだったと思うんだけど。
やはり、女性のお客さんが入りやすいようにと、増員してるんだろうか。

確かに、“チカラめし”なんて、店名なのに、
しかも、カウンター席だけなのに、
女性一人のお客さんが、他店に比べて多いような気が。
などと、アレコレ考えていると、数分後に定食登場。

chikarameshi_mabo_01

麻婆豆腐は、タッパーに一人前ずつ入ったのを、チンしているようだ。
サラダを食べ終わってから、麻婆を一口。

chikarameshi_mabo_02

山椒がかなり効いていて、まさに本格的な味わい。
自分は、丸味屋の麻婆豆腐のように、本格的じゃないのが好きなので、
なんか、チョット好みとは違う感じ。

chikarameshi_mabo_03

で、途中から、テーブル備え付けの“辛みだれ”を投入してみた。
以前、焼肉を食べた時に使ってみたら、コチュジャンの様な味がしたので、
もしかしたら、合うんじゃないかと思ったからだ。

よーくかき混ぜてから一口。
タレの甘みと辛みがプラスされて、自分好みの甘辛味に大変身したではないか。

『ハオチ~! ハオチーすぎる~!!』

チョット量が少ないのが、物足りないところだけど、
その味わいには、大満足。
次回は、麻婆丼+辛みだれで、味わってみるつもり。


自分が食べ終わりそうな頃、隣の席に座った男子中学生。
焼き牛丼をオーダーしたんだけど、丼が待ち切れないようで、
来る前から箸を手にとって、食べる体制で構えてるぞ。
どんだけ、腹すかしてるんだ、この子は。


★前回のレポは、こちら
『カレーハウスCoCo壱番屋(3)』
カレーハウスCoCo壱番屋
http://www.ichibanya.co.jp/index.html

●カレーうどんセット ¥850
 (カレーうどん¥680+ごはん+半熟卵)

2013年2月末までの限定販売!
―ココイチ自信作!!カレーうどんが登場。
 ココイチ自慢のカレーに、魚介のダシやミルク、
 ローストオニオンのコクが加わった絶妙なスープをお楽しみください。 ―


ココイチに、カレーうどんがあると知って、食べに行ってみた。
ここのカレーは、まったく好みじゃないけど、カレーうどんは、はたして。

cocoichi_curry-udon_01

カウンター席に座って、メニューを見てみると、
ごはん+卵のセットメニューがあったので、それをオーダーすることに。

cocoichi_curry-udon_02

うどんを茹でる時間がかかるので、7,8分後に、カレーうどん登場。
見た目は、トロミガ付いていて、なかなか美味そう。

cocoichi_curry-udon_03

飛び跳ね防止用の、大きめのナプキンをかけて、まずはスープを一口。
魚介のダシ。ローストオニオンのコクが、とてもよく効いていて、
予想以上に美味いぞ。
正直言って、ほとんど期待していなかったので、
まさに、“予想外”だったのだ。

cocoichi_curry-udon_04

『美味~! 思ったより美味~!!』

そば屋の味気ないカレーが、カレー南蛮になると、
ダシのコクがプラスされて、味わい深くなるのと、同じ原理なのだ。
カレーにも、このコクが加われば、美味くなると思うのに、
どうしてやらないのかが、ものすごく謎。


★前回のレポは、こちら
『ヴィエノワーズ ミルク』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●ヴィエノワーズ ミルク ¥118
―もちっサクッ?くちどけ?フランスパン
 サクッと口どけがよく、もちっとかみごたえのあるミルク風味フランスパンに、
 口の中でとろけるミルククリームをサンドしました―

栄養成分表示  (1個当り)
 熱量      319kcal
 たんぱく質   6.2g
 脂質      15.6g
 炭水化物   38.5g
 ナトリウム  340mg


viennois_01

25cm位の長~いパン。
初めて見たんだけど、新作なんだろうか?
これだけ長いのは、菓子パンコーナーには無いから、
見かけてたら、スルーするはずないもんな。
ってことで、即購入。

viennois_02

まずは、一口。
フランスパンほど硬くないけど、外はサクッと、中はふんわり、
その食感がとても素晴らしい。
しかも、パンに切れ目が入っているので、簡単にちぎりながら食べられるのだ。
ミルククリームも、甘さ控えめなので、あんまり甘いのは苦手な自分でもNo問題。

viennois_03.

『ほどよい~! ほどよすぎる~!!』

甘すぎたら、こんなに長いの食べきれなかっただろうけど、
無心で一気に、完食してしまった。
これは、食感も、味わいも、食べごたえも抜群の、スグレモノ。
残念ながら、あまり見かけないので、
発見した時には、あるだけ買ってしまいそう。


★前回のレポは、こちら。
『カシスジャム&ホイップ』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●カシスジャム&ホイップ ¥120
―カシスジャムとホイップクリームをサンドしました。―

栄養成分表示/1個当たり
熱量:141kcal
たんぱく質:2.9g
脂質:3.4g
炭水化物:24.8g
ナトリウム:139mg


lp_cassis_01

まずは、そのまま一口。
思ったほど甘くなくて、自分でも無理なく食べられるのが、ウレシイ。
ジャムのツブツブ感も、とてもいいアクセントになっているのだ。

lp_cassis_02

予想以上に自分好みだったので、調子に乗ってトーストしてみた。
一口食べると、溶けたホイップクリームが、流れだした。

『溢れる~! 溢れすぎる~!!』

カシスの酸味が際立って、よりサッパリした様な気がするけど、メチャクチャ食べにくいぞ。
ってことで、良い子は、決してトーストしないように。


★前回のレポは、こちら
『日高屋(5) (溝の口Qiz店)』
ラーメン・定食
溝口
川崎市高津区溝口1-13-1 Qiz溝の口 1F
http://www.hiday.co.jp/man/core/index.html

●チゲ味噌ラーメン ¥560
―11月25日より期間限定で販売開始。
 昨年多くのお客様よりご支持をいただいたラーメンです。―


溝口西口店には、何度か行ったけど、こっちは初訪問。

hidakaya_chigemiso_01
↑300店舗達成記念、ビール中ジョッキ ¥300の看板が

って300店舗もあるのか!?
まあ、溝口にも、Qiz溝の口店と、西口店の2店舗あるもんな。
全国に、それくらいあってもおかしくないか。
などとアレコレ考えながら、店内へ。
入ってみると、とても長細くて、
右側は、窓際にカウンター席、奥に厨房、
左側は、窓際にカウンター席、奥がテーブル席という構成になっている。

hidakaya_chigemiso_02

カウンター席に座って、チゲ味噌ラーメンをオーダー。

hidakaya_chigemiso_03

外を眺めながら、待っていると、数分後にラーメン登場。
真っ赤で、辛そう。
具も盛だくさんで、ボリュームも満点だ。

hidakaya_chigemiso_04

まずは、スープを一口。
ルックス通り、ケッコウ辛くてパンチがあるぞ。
麺ともよくからんで、美味。

『マシッソヨ~! マシッソヨすぎる~!!』

味わいはもちろんのこと、とても食べごたえもあって、
舌も胃も、大満足。
この冬は、辛いラーメンを食べたくなった時には、この“チゲ味噌ラーメン”、
スパイシーなラーメンなら、“薬膳火鍋ラーメン天紅”で、決まりって感じだ。


★前回のレポは、こちら
『なか卯(27)』
和風ファストフードチェーン
http://www.nakau.co.jp/

●カツカレー(並)サラダセット ¥590
―チーズも新しく加わり、組み合わせ自由自在です。
 お好みのカレーをどうぞ!―


新しいカレートッピングが出たということで、なか卯へ。

nakau_katsu-curry_01

“チーズも新しく加わり”ってことは、それ以外は今まであったんだろうか?
あいがけカレーしか食べたことが無かったぞ。
ってことで、かつカレーとサラダのセットをオーダーした。

nakau_katsu-curry_02

あらかじめ揚げてあるカツを使っているようで、
2,3分後には、カツカレーの登場。
確かに、オーダーが入ってから、揚げたのでは、かなり時間がかかってしまうし、
揚げ物専門の店でもないので、仕方ないよな。
カツは、カツ丼用のものらしく、丸い形なのも、ユニークなところ。

nakau_katsu-curry_03

カレーは、すき家のモノとは違うようで、
トロミガあって、肉などの具も入っていて、辛さもそこそこで、なかなか美味。
カツとの相性も、抜群なのだ。
カツカレーだけだったら、¥490で食べられるのも、ウレシイところ。
松乃家のロースかつカレー(¥580)と比べると、見た目チョットさびしいけど、
軽く食べたいときなんかには、最適かも。


★前回のレポは、こちら
『フライドチキン(バーベキューソース使用)』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●フライドチキン(バーベキューソース使用) ¥160
―フライドチキンとバーベキューソースをサンドしました。―

栄養成分表示/1個当たり
熱量:143kcal
たんぱく質:4.8g
脂質:4.9g
炭水化物:19.7g
ナトリウム:347mg


p_fried_01

小さいフライドチキンが、2つくらい入っているのかと思っていたら、
メンチカツのように、平べったくて四角いのが入っていた。
それも、予想よりはるかにデカイのが。

lp_fried_02

ボリュームも、ケッコウあって、
バーベキューソースとの相性も素晴らしいのだから、言うことなしって感じだ。

lp_fried_03

惣菜モノは、大概そうだけど、
トーストすると、香ばしさが加わり、フライドチキンのジューシーさも増すので、
さらに、パワーアップするのだ。
1つめは、そのまま。
2つめは、トーストして、一味違う食感・風味を楽しむ、ってのがオススメだ。


★前回のレポは、こちら
『らあめん花月 嵐(29)』
期間限定メニュー
●『薬膳火鍋ラーメン天紅』 ¥750

『天地』が超美味かったので、『天紅』も味わいに、らあめん花月へ。
到着すると、今日は、比較的すいていて、先客3名。
カウンター席に座り、『天紅』の食券をお姉さんに渡した。
刺激的な特製辣油(ラー油)が加わっているという、スープが超楽しみ。

rka_hinabe_tenko_01

待つこと、数分、ラーメンの登場。
ケッコウ赤くて、辛そうなルックスだ。

まずは、スープを一口。

『ん? 見た目ほど、辛くないぞ。』

前回食べた『天地』よりは、辛さが増しているけど、
“刺激的”というほど、辛くないのだ。
正直言って、チョット拍子抜けしたけど、その味わいは、特筆すべきもの。
少し辛くなってる分、薬膳パワーが、さらに強調されて、
ものすごくパンチが増しているのだ。

rka_hinabe_tenko_02

『スパイシー! スパイシーすぎる~!!』

こんな、ラーメン、初めて食った!
完璧にやられてしまったぞ!!
こりゃあ、再食間違いなし。
ヘタをすると、毎週のように食べに行ってしまうかも。。


★前回のレポは、こちら
『4種のおいしさ』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●4種のおいしさ ¥158
(たまご・ツナマヨネーズ・ロースハム・チーズクリーム)
―白いパンにはたまごフィリングとツナサラダ、
 全粒粉入りパンにはロースハムフィリングとチーズクリームをサンドしました。―

栄養成分表示/1個当たり
(白いパン)
熱量:151kcal
たんぱく質:4.6g
脂質:7.4g
炭水化物:16.3g
ナトリウム:327mg

(全粒粉のパン)
熱量:135kcal
たんぱく質:4.8g
脂質:5.7g
炭水化物:16.1g
ナトリウム:331mg


普通の半分のサイズが、4つ入ってるのは、始めて見た。
半分のサイズが、2つってのは、前にあったような気がするけど。

lp_4syu_01

白いパンには、たまごとツナ。
全粒粉入りパンには、ロースハムとチーズクリーム。
という、鉄板メニューの勢ぞろい。
それを一度に味わえるって、なんて贅沢なランチパックなんだ。

lp_4syu_02

ただ、それぞれがチョットずつなので、やや物足りない感じが。
って、それも、贅沢な悩みなんだろうけど。

lp_4syu_03


★前回のレポは、こちら。
『松乃家(27)』
とんかつ/和定食

●鶏かつ丼ミニサラダセット ¥500
―ささみの唐揚げをタルタルソースで和えました―

自販機を、じっくり眺めていたら、
以前、期間限定メニューだった、“鶏かつ丼ミニサラダセット”を発見。
どうやら、定番メニューになったようなので、再食してみることに。

カウンター席に座って、食券を渡すと、すぐにミニサラダが。
サラダを食べていると、数分後に、丼登場。
が、しかし、来たのは、親子かつ丼。
お店のお姉さんも、テーブルに置いてあった半券を見て、気付いたようで、
こちらが何も言っていないのに、

「鶏かつ丼ですよね。失礼しました。」と、置く前にさげてしまった。

『こんな、ノリツッコミ、初めて見た…』
『他に、親子かつ丼頼んでる人はいないみたいだけど…』
『単に、作る人がかん違いしただけなんだろうか?』
『あの親子かつ丼は、どうするんだ??』
『後で、お店の人が食べるのかな???』

matsunoya_torikatsu-miini_01

などと、アレコレ考えていると、今度こそ、鶏かつ丼のお出ましだ。
数きれの唐揚げの真ん中に、タルタルソース。
唐揚げは、タマネギみじん切りが入ったソースで和えられているようだ。
もしかして、油淋鶏ソースなのかな。
その下には、キャベツの千切りがぎっしり敷き詰められている。

matsunoya_torikatsu-miini_02

まずは、唐揚げにタルタルを付けて一口。
タルタルの酸味が、かつの脂っこさを緩和してくれて、とても爽やかな味わいに。

『美味~! 美味すぎる~!!』

ボリュームもケッコウあるので、舌もお腹も、再び大満足。
定番メニューにしてくれて、ありがとう!


★前回のレポは、こちら
『らあめん花月 嵐(28)』
期間限定メニュー
●『薬膳火鍋ラーメン天地 ¥750

―創業20周年を迎えた『らあめん花月嵐』に、
 新しい歴史を刻む特別なラーメンが登場。
 それが、神の舌を持つラーメン王『石神秀幸』氏とのコラボラーメン
 『薬膳火鍋ラーメン天地天紅(てんちてんこう)』である。
 前代未聞の『薬膳火鍋ラーメン』!!

 薬膳火鍋とは!?
 『食べて美味しく、身体にも良い』という“医食同源”の考えのもと、
 食材、生薬などを組み合わせ、健康を考えた中国料理『薬膳』。
 そしてその『薬膳』が中国の食文化においてのみならず、
 アジアの華僑や世界の中華街でも親しまれている『火鍋』に組み込まれた『薬膳火鍋』。
 一説にはモンゴル帝国の初代皇帝チンギス・ハーンの考案とも言われているという…。

 『医食同源の考えのもと作られた中国の宮廷料理を
 ラーメンにアレンジしてみてはと思うんです。
 幾多の効能を持つという生薬を煮出し、その成分がしっかりと溶け出した、
 他では食べられない味わいなんです。』
 これまで数えきれないくらいにラーメン店を食べ歩いて来た
 花月嵐ラーメンマエストロ達であったが、その新鮮な言葉の響きに感銘を受けた。
 その後、実際に石神氏と“薬膳火鍋”を囲みながら、
 この新ジャンルと呼べるラーメンについて、男達は熱く語り合った。
 そして、これまでに無いほどの時間と労力を費やし、
 前代未聞の『薬膳ラーメン』の創作に男達は没頭した。 ―


期間限定メニューが出たということで、らあめん花月へ。
到着すると、ちょうど近くで工事をしていた人たちが、団体で入ったところで、
カウンター席は、すべて埋まってしまっていた。
という訳で、久しぶりに、テーブル席に座って、薬膳火鍋ラーメン天地をオーダー。

いつものように、期間限定メニューのパンフを、待っている間に読んでみる。
素材本来の旨味をしっかりと楽しみたい人にオススメの『天地(てんち)味』と、
刺激的な特製辣油(ラー油)が加わった『天紅(てんこう)味』の
2種類のスープがあるらしい。などなど…(詳細は、こちら)

rka_hinabe_tenchi_01

と、意外にも読み終える前に、らあめんの登場。
自分が入った時には、すでに2,3人分のらあめんは作り始めていたようで、
7,8分後には、できあがってきたのだ。

まずは、スープを一口。
いかにも薬膳と言った感じの漢方薬っぽい風味が、口中に広がる。
朝鮮ニンジンの味だろうか?
とても滋味深い味わいで美味いんだけど、やはりその後味が気になる。

が、不思議なことに、食べ進むうちに、ドンドン気にならなくなってきた。
というより、クセになってしまい、箸が止まらなくなっじゃないか。

rka_hinabe_tenchi_02

『クセになる~! クセになりすぎる~!!』

まさか、こんなにはまあってしまうなんて、最初は予想もできなかったぞ。
恐るべし、ラーメン王『石神秀幸』氏。

丼の底に、大量の香辛料のツブツブが沈んでいて、
スープを飲むと、むせそうな感じだったので、やめといたけど、
本当は、全部飲み干してしまいたい気分だったのだ。

これは、『天紅』も、ゼヒ味わってみなければ。
明日にでも、食べに来るつもりだ。


★前回のレポは、こちら。

『吉野家(16)』
牛丼を主力商品とする外食チェーンストア(牛丼屋)
http://www.yoshinoya.com/

●焼鳥つくね丼(並)+Aセット(コールスロー+みそ汁) ¥390+¥110=¥500
―炭火を使って手作業で焼き上げ、
 肉の旨みをとじこめた鶏料理の逸品「焼鳥つくね丼」の登場です。
 炭火で香ばしく焼き上げた柔らか「もも肉」、
 手ごねで軟骨・玉ねぎを練り込んだふっくら「つくね」がのった、
 香りにも食感にもこだわったボリュームたっぷりの「焼鳥つくね丼」。―


新作メニュー、“焼鳥つくね丼”が出たということで、久しぶりに吉野家へ。
厨房そばのカウンター席に座って、焼鳥つくね丼とコールスローセットを、オーダーした。

調理するところを見ていると、
まずは、タッパーに入った、炭火で焼いた焼鳥とつくねを、電子レンジで加熱。
温めている間に、ごはんをよそって、そこにタレをかけ、きざみノリを。
そして、できあがった肉を乗せ、真ん中に、ネギをトッピングして完成だ。

yoshinoya_yakitori-tsukune_01

ってことで、3,4分後には、焼鳥つくね丼の登場。
焼鳥の香ばしい香り、ノリの磯の香りが、広がる。
肉は、焼鳥が4つ、つくねが1つという構成だ。

yoshinoya_yakitori-tsukune_02

コールスローを食べ終わってから、焼鳥を一口。
思ったよりも、柔らかくてジューシーだ。
軟骨・玉ねぎを練り込んだつくねは、とても食感がよく、
甘辛い味わいも、超自分好み。

『つくね~! つくねすぎる~!!』

できたら、焼鳥3、つくね2にしてくれると、ウレシイんだけど。
ってそれじゃ、¥390は、キビシイんだろうか??


★前回のレポは、こちら
『松屋(42)』 ●チゲカルビ焼セット
牛丼チェーン
http://www.matsuyafoods.co.jp/

●チゲカルビ焼セット ¥680
(ライス・カルビ焼肉・豆腐キムチチゲ・生玉子もしくは半熟玉子)

―12月6日(木)10時より
 「豆腐キムチチゲセット」「チゲカルビ焼セット」を発売いたします!
 毎年この時期の恒例となった豆腐キムチチゲは、
 冬のあったかメニューとして大変ご好評いただいている商品です。
 昨年同様、カルビ焼肉とセットになったボリューム満点の
 「チゲカルビ焼セット」も販売いたします。
 体の芯まで温まる「豆腐キムチチゲセット」
 「チゲカルビ焼セット」を是非お召し上がりください。―


キムチチゲが出たということで、松屋へ。
今日は、チゲとカルビがセットになった“チゲカルビ焼セット”を頼んでみた。

待っている間に厨房をのぞいてみると、
手前のところで、チゲの仕込みをしているよう。
タッパーに、キムチ、コチュジャンソース、肉、ネギ、豆腐などを順番に入れていき、
一人前用の、キムチチゲを準備しているのだ。
オーダーが入ったら、そいつを電子レンジで温めて、できあがりって訳だ。

matsuya_kimuchi&karubi_01

温めるだけと言っても、かなり時間がかかるようで、7,8分後に、セットの登場。
予想以上にボリュームのあるメニューだ。

matsuya_kimuchi&karubi_02

まずは、キムチチゲのスープを一口。
辛さはそこそこだけど、いろんな具の味わいが溶け込んでいて、
ものすごくコクがあって美味。

『マシッソヨ~! マシッソヨすぎる~!!』

おまけに、カルビまで付いているのだから、身も心も、大満足。
ただ、食べ終わると、腹9.5分目位の、ほぼ満腹状態。
次回からは、普通の“豆腐キムチチゲセット”にした方がよさそうだ。


●豆腐キムチチゲセット ¥490
(ライス・豆腐キムチチゲ・生玉子もしくは半熟玉子)

●チゲカルビ焼セット ¥680
(ライス・カルビ焼肉・豆腐キムチチゲ・生玉子もしくは半熟玉子)

●チゲセット券 ¥360
(豆腐キムチチゲ・生玉子もしくは半熟玉子)

※チゲセット券はすべてのメインメニューにご利用いただけます。


“チゲセット券”ってのがあるのは、知らなかった。
牛丼とチゲ、カレーとチゲ、
というように組み合わせて、食べられるものらしい。
牛丼とみそ汁だけでは、物足りないってときには、重宝しそうなセット券だ。

matsuya_kimuchi&karubi_03

↑↓定食には、“キリンメッツコーラ”無料サービス!

matsuya_kimuchi&karubi_04
↑全店舗でやってるのか、いつまでなのかも、よくわからないので、
 入店前に、ポスターがあるかどうか、ご確認のほどを



★前回のレポは、こちら
『松屋(41)』  ●トンテキ定食
牛丼チェーン
http://www.matsuyafoods.co.jp/

●トンテキ定食 ¥630
―ガツンとニンニクが効いたステーキソース―

トンテキが復活したということで、松屋へ。
前回は、“豚テキ”だったのが、“トンテキ”にネーミングが変わってるので、
もしかして、バージョンアップしてるんだろうか。

食券を渡すと、
「少々お時間がかかりますが、よろしいでしょうか?」とホールのお兄さん。
オーダーが入ってから、肉を焼くので、チョット時間がかかるようだ。
「はい」と答えると、
厨房のお兄さんが、鉄板の下の冷蔵庫から豚肉を出し、焼き始めた。
肉の上に、ボウルのようなものをかぶし、鉄板の熱で、蒸し焼き状態にするようだ。
4,5分焼いた後、ひっくり返して裏面を2,3分。
そして、大きな肉を切り分けてから、さらに2,3分焼いている。

ステーキソースは、一人前ずつタッパーに入っていて、それをレンジで加熱。
焼きあがった、豚肉にかけて、できあがりだ。
という訳で、10分ほどして、トンテキの登場。

matsuya_tonteki2012_01

チョット気になったのは、サラダも、一緒の皿に盛られていること。
調理に時間がかかるんだから、サラダは通常通り別皿で、
先に提供してくれれば、肉を待っている間に食べられるのに。
ゼヒとも、再孝をお願いしたいところだ。

matsuya_tonteki2012_02

サラダを食べ終わってから、トンテキを一口。
一番端っこの肉は、とても柔らかくて、ジューシーだ。
もしかして、肉の質が上がったのかと思っていたら、
他の部分では、スジが気になったり、脂の部分がかなかなか噛み切れなかったりで、
全体的には、前回とあまり変わってないモヨウ。

ステーキソースは、かけただけなので、肉に味がしみ込んでいないため、
噛んでいるうちに、ドンドン味が無くなってきてしまう。

残念ながら、商品名が変わっただけで、
“改良”があなり感じられなかったというのが、正直なところ。
やっぱり、焼き肉などの、薄い肉の方が、アタリハズレが無いのかも。


★前回のレポは、こちら
『ラクんちパック のり塩で味わう チキンナゲット』
※「ラクんちパック」とは、自作の、ランチパック風サンドイッチのことで、
ラク家()のパック」の略。


伊藤ハム
http://www.itoham.co.jp/product/series/00000033.html

●のり塩で味わう チキンナゲット
―チキンナゲットに「のり塩小袋」が添付されています。
 温めた後にふりかけると“のり塩風味”が美味しく、
 スナック感覚の新しいチキンナゲットが味わえます。―


lp_norishio-chicken_01


lp_norishio-chicken_02
↑この、のり塩が秀逸

lp_norishio-chicken_03

のりの風味が、とてもよく効いていて、予想以上に美味い。

『美味~! 美味すぎる~!!』

これまた、見つけた時には、買いだめしとかないとな。


★前回のレポは、こちら
『すき家(54)』  ●とりそぼろ丼(並)
牛丼チェーン
http://www.zensho.com/

●とりそぼろ丼(並)+サラダセット ¥480+¥100=¥580
―国産鶏肉を特製ダシで、しっとりほろ甘に仕上げました。
 すき家の「とりそぼろ丼」は、ひき肉と角切り両方の食感が味わえます。
 ご飯にきざみ海苔、かつおと昆布だしで仕上げたとりそぼろをのせ、
 青ねぎと白ごまをかけた丼です。
 たまごと和えて、まろやかな口当たりをお楽しみください。―


sukiya_torisoboro_01

新作メニュー、“とりそぼろ丼”が出たということで、久しぶりにすき家へ。
そぼろ丼とサラダセットをオーダーして、店内を見ていると、
何箇所かに、張り紙が。
読んでみると、海鮮系の丼、ハンバーグカレー、生姜焼き定食など、
7,8種類が、本日品切れとのこと。
こんなに品切れになるのは、不自然だし、
もしかしたら、意図的にメニューを減らしてるんだろうか。
今日は、お店の人は2人だけだったので、
時間のかかるメニューは、最初からはずしていたのかも。

最近来てなかったので、これが今日だけのことなのか不明だけど、
なんだか、普通じゃないように思えるのは、気のせいだろうか。
もしかしたら、“牛丼値下げキャンペーン”のための準備なのかも。

そぼろは、挽肉だけじゃなく、角切りの大きめの肉も入っていて、
いろんな食感を楽しめる。
鶏肉だけ見ると、一見ガパオごはんのようだけど、
この丼は、かつおと昆布だしに、きざみ海苔という純和風の味わいなのだ。

『和風~! 和風すぎる~!!』

sukiya_torisoboro_02

エッグセパレーターが付いてきたので、黄身だけを乗せてね、ってことなんだろうけど、
白身を食べないのは、もったいないので、全部かけてみた。

sukiya_torisoboro_03
↑まろやかになった分、味が薄くなってしまったので、七味を投入

sukiya_torisoboro_04
↑さらに、紅ショウガも、大量投入

これで、かなりパンチが増したけど、もはや、そぼろ丼なのか、紅ショウガ丼なのか、
判別がつかなくなってしまったぞ。

この新作は、普通に美味しいんだけど、それ以上でも以下でもないので、
再食する事は、ないだろうな。
¥480出すんなら、もっと満足できるメニューが、他にあるもんな。


★前回のレポは、こちら
『ラクんちパック ハム&チーズ イン フライ』
※「ラクんちパック」とは、自作の、ランチパック風サンドイッチのことで、
ラク家()のパック」の略。


伊藤ハム

●ハム&チーズ イン フライ

lp_ham&cheese_01

チキンナゲットの中に、ハムとチーズが入ってるって感じ。
ハムのムニッ、チーズのトロッの食感が、とてもいいアクセントに。

lp_ham&cheese_02

ってことで、ハム&チーズ イン フライをはさんでみた。

lp_ham&cheese_03

塩気が効いているので、何もかけないでも、パンとベストマッチ。
おまけに、食感にも変化があるので、飽きずに食べられるという、スグレモノ。
今度見つけた時には、買いだめしておかないとな。


★前回のレポは、こちら
『なか卯(26)』
和風ファストフードチェーン
http://www.nakau.co.jp/

●きつねうどん ¥390
―やわらかジューシーな〝おあげ″が自慢です。
 だしをたっぷり吸わせてお召し上がりください。―


無性にうどんを食べたくなったので、久しぶりになか卯へ。
鶏塩うどんにしようかと迷ったんだけど、
サッパリしたものを食べたい気分だったので、
シンプルに、きつねうどんを頼むことにした。

オーダーが入ってから、茹でるから、多少時間がかかるだろうと思っていたら、
2,3分後に、きつねうどん登場。

券売機でメニューのボタンを押した時点で、厨房にオーダーが通っているため、
その時から、うどんを茹で始めていたのだろう。
席について、食券をお店の人に渡す頃には、1、2分はたっていたので、
その間にも、茹で作業が着々と進んでいたのだ。

nakau_kitsune_01

まずは、薄くすんだスープを一口。
甘辛い味わいが、超自分好み。
やっぱり、うどんのダシは、関西風じゃないとね。
白いうどんに、黒いダシは、見た目に美味そうじゃないのだ。

nakau_kitsune_02

モチモチのうどんを、一気にすすった後は、あげを一口。
ダシを思いっきり吸ったあげは、超美味。

『ジューシ~! ジューシーすぎる~!!』

ワンタンみたいに、“あげ”だけのメニューがあればいいのに、
って思えるほどの美味さなのだ。

まじめな話、
ダシの中に、あげが5枚ほど入ってる新作を、作っていただけないだろうか?
その名も、ズバリ“きつね”。
これだけだと物足りないかもしれないので、ごはんも付けた、定食で。
ゼヒ一度、食べてみたいので、ご検討のほどを、よろしく!


★前回のレポは、こちら
『イワタコーヒー店』
鎌倉
コーヒー専門店
鎌倉市小町1-5-7
http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14002091/

●Aセット
 ドリンク+シュークリームorエクレア ¥800
●ホットケーキ ¥800

もう、何十回も前を通ってるのに、今まで入ったことのなかった、イワタコーヒー店へ。
鎌倉の、小町通り入口すぐそばのコーヒー店だ。

iwata_06

12時15分過ぎに到着すると、もちろん満席。
お店の人に聞いてみると、名物のホットケーキは、50分待ちとのこと。
席に着くには、15分ほどでOKとのことで、待つことにした。
入口付近で待っていると、5分ほどして、奥の待合席に。
そして、10分ほどで、一番奥の席に案内された。
ホットケーキは、まだ時間がかかりそうなので、
まずは、ドリンクと、スイーツをオーダー。

iwata_01
↑ブレンド+シュークリーム

iwata_02
↑ブレンド+エクレア

シュークリームも、エクレアも、普通に美味い。

iwata_05
↑思ったよりも奥行きがあって、裏には庭も

iwata_03

50分もかからず、席に着いてから、30分ほどして、ホットケーキ登場。
目の当たりにすると、予想よりも分厚く、ものすごく存在感のあるホットケーキだ。

iwata_04

味わいは、ビジュアルほどの驚きはなく、とてもオーソドックス。
予想以上でも、以下でもなかったけど、
そのホスピタリティは、さすが老舗だけの、特筆すべきもの。
鎌倉の、ゆったりした時間を過ごしたいという方には、オススメのお店だ。
『おおとり』
定食屋
溝口

知る人ぞ知る、定食屋さんの名店。

o_tonju_01

▶やきそば+玉子焼 12/12/01
▶ベーコンエッグ(定食) 12/11/23
▶チャーシューメン 12/11/17
▶ワンタンメン 12/09/09
▶玉子丼(半ライス) 12/3/24
▶親子丼(半ライス) 12/1/15
▶開化丼(半ライス) 11/12/23
▶牛丼(半ライス) 11/11/11
▶もやしそば 11/08/27
▶ビーフステーキ(半ライス)定食 11/07/03

▶カツライス(半ライス) 11/07/02
▶メンチカツ(半ライス)定食 11/06/28
▶餃子(半ライス)定食 11/06/25
▶コロッケ(半ライス)定食 11/06/20
▶野菜炒め(半ライス)定食 11/06/18
▶ナス肉づめあげ(半ライス)定食 11/06/14
▶ピーマン肉づめあげ(半ライス)定食 11/06/10
▶豚肉天ぷら(半ライス)定食 11/05/21
▶豚スタミナ焼肉(半ライス)定食 11/04/28
▶豚焼肉(半ライス)定食 11/04/04
▶とり天重(半ライス) 11/02/27
▶チキンかつ丼(半ライス) 11/01/22
▶とん重(半ライス) 11/01/08
▶かつ丼(半ライス) 10/12/26
▶豚バラ生姜焼き(半ライス)定食 10/12/17
▶とんかつ(半ライス)定食 10/11/06
▶ハムステーキ(半ライス)定食 10/05/07
▶ミックスフライ(半ライス)定食 10/03/20
▶ラーメン 10/03/14
▶タンメン 09/12/26
▶チキンチーズはさみ揚げ(半ライス)定食 09/11/09
▶とりからあげ(半ライス)定食 09/10/24
▶チーズかつバーグ(半ライス)定食 09/10/10
▶チキンソテー(半ライス)定食 09/08/30 
▶おろし焼肉(半ライス)定食 08/12/20
▶カキフライ(半ライス)定食 08/09/21
▶豚汁(半ライス)定食 08/04/05
▶塩だれ豚焼肉(半ライス)定食 07/10/31
▶ウインナー炒め(半ライス)定食 07/10/23
▶チキン和定食(半ライス)定食 07/10/17
▶焼魚 開きサンマ (半ライス)定食 07/10/03
▶さば和定食 07/09/05
▶ハンバーグ定食 07/08/31
▶さば味噌煮定食 07/07/25
▶ポークソテー 07/06/28
▶メンチカレー 07/02/21

ootori_01
↑初訪問時の、おおとり。元々、中華の店だったようで、のれんに“中華”の文字が


ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Laku

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。