おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
08 | 2011/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シューロールサンド』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●シューロールサンド ¥126
─シュー生地をのせて焼き上げたパンに青森県産リンゴのジャムと
 千葉県産牛乳入りホイップをサンドしました。─

カロリー 375kcal / たんぱく質 8.2g / 脂質 15.6g / 炭水化物 50.4g
原材料:小麦粉・カスタードクリーム・糖類・卵・ファットスプレッド・
マーガリン・パン酵母・脱脂粉乳・牛乳・食塩・植物油脂…


syuroll_01

サクッとした歯触りのシュー生地は、香ばしくて美味。
カスタードは、ホイップクリームに近い感じで、甘さもほどほどで、無理なく完食。

『ほど良い~! ほど良すぎる~!!』
スポンサーサイト
『バターチキンカレーをのせた もっちカレーナン』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●バターチキンカレーをのせた もっちカレーナン ¥126
─ハウスのナンともおいしいバターチキンカレーの素を使用したカレーを
 もちもち生地のナンにトッピングしました。─


mocchicurry_01

カレーはハウス食品のバターチキンカレー。
ナンといっても、パンに近い感じだが、独特のモチモチ感は好感触。
オーブントースターで温めると更に生地がもっちりしてカレーの風味もアップするのだ。

『モッチモチ~! モッチモチすぎる~!!』

mocchicurry_02
『ホットケーキサンド はちみつマーガリン』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●ホットケーキサンド はちみつマーガリン ¥110

原材料名:小麦粉・卵・蜂蜜ゼリー・砂糖・マーガリン・
  シヨートニング・牛乳・脱脂粉乳・ソルビット・膨脹剤…


hotcakesand_01

フワフワのホットケーキの中にマーガリンとはちみつがサンドされている。
はちみつは、見た目濃そうだけど、思ったほどは甘くなく、なんとか完食。
半分くらいなら、余裕で食べられるんだけど、って感じ。

『キワドイ~! キワドすぎる~!!』

hotcakesand_02
『ざるラーメン ゴマだれ』
麺類の製造・販売
五木食品
http://www.itsukifoods.jp/index.html

●ざるラーメン ゴマだれ ¥210
─太麺に絡む、香ばしいゴマだれとすりごま付─
─熊本県五木村。
 「五木の子守唄」で知られるこの土地は、霧が深く朝夕に冷え込み、
 日中の温度が上昇することから、風味豊かなそばが生まれる、いわばそばの聖地でもあります。
 麺づくり一筋の五木食品の名前はそんなところに由来しています。─


zaruramen_01

ゴマの風味の効いたタレが、太麺によくからんで、美味い。
おまけに、すりごまもついているので、ごまの食感も楽しめるのだ。

『美味~! 美味すぎる~!!』

zaruramen_02

そして、麺も、ゴマだれも冷たいので、タレがぬるくなってしまうこともなく、
最後まで、しっかりと味わえるのが、ウレシイ。
つけ麺は、暑い日に、冷たい麺に、冷たいつけだれで食べるのが、ベストだと思うのだが、
これって、邪道なんだろうか??

『なか卯(17)』
和風ファストフードチェーン

●鴨つけうどん(並) ¥490
─鴨肉の旨みにゆず皮の香りが広がる具沢山のつけ汁に
キュっと締めた冷たいうどんをつけて食べる“冷や熱”のつけ汁うどんです。─


季節メニューの、鴨つけうどんを食べに、なか卯へ。
うどんをゆでてから、冷水でしめるため、多少時間がかかるようで、数分後に登場。

nakau_kamotsuke_01

まずは、うどんをつけ汁につけて一口。
ゆずの香りが口の中に広がり、とても爽やかな味わいだ。
つけ汁には、鴨肉と、つくねが入っていて、どちらも美味。
特に、ダシのしみ込んだつくねは、スグレモノ。
鴨肉を減らして、つくねを多く入れてほしい、って思ったほど。

nakau_kamotsuke_02

『美味~! 超美味すぎる~!!』

ただ、どうしても気になるのが、“冷や熱”の致命的な欠点
冷たい麺を入れているうちに、つけ汁がどんどん冷めて、ぬるくなってしまうのだ。
どっかのつけ麺屋さんでは、焼き石を入れて、温めてくれるらしいが、
そこまでのサービスを求めるのは、無理だよな。
残念。。


★前回のレポは、こちら
『更科家族亭(7)』
●焼きさんまセット(焼きさんま+ご飯+小そば) Aせいろ、Bたぬき、Cきつね ¥1,050

さんまのメニューが登場したので、さっそく更科家族亭へ。
そばは、温かいきつねをチョイスした。

sarashina_sanma_01

sarashina_sanma_02
↑登場した、焼きさんまセット

『ん? きつねそばを頼んだはずなのに、せいろが…』

どうやら、そばを間違えているようだが、今日はさんまがメインで、
そばには、あまりこだわりがなかったので、このまま食べようと、つゆにねぎとワサビを入れていると、
奥から、お母さんが、きつねそばを持って出てきて、

「すみません。せいろじゃないですよね…」と。

「もう、食べかけちゃったんすけど…」と言うと、

「大丈夫ですから、どうぞ」とお母さん。

チョット気まずい感じだったのだが、断るのもなんだから、取り替えていただくことに。
どうせなら、せいろを一口食べた頃に来てくればよかったのに、
などと、不謹慎なことを考えながら、きつねそばを一口。

冷たいそばを食べるつもりになっていたのに、温かいそばが口に入るというのは、とても不思議な感じ。

sarashina_sanma_03
↑こちらが、正しいきつねそばのセット

sarashina_sanma_04

脂ののったサンマは、プリプリで、超美味。
やっぱりこの時期は、さんまだよな、などと考えながら、

『美味~! 超美味すぎる~!!』

ただ一つの誤算は、はじめのうちに大根おろしを使いすぎて、途中で無くなってしまったこと。
次回からは、ちゃんと配分して食べることに、専念しなければ。


★前回のレポは、こちら
『恵那川上屋(2)』
和菓子/洋菓子
二子玉川
二子玉川ライズ・ショッピングセンターB1F
東急フードショー
http://www.tokyu-dept.co.jp/futakotamagawa/

●栗きんとん(6個入り) ¥1,260
─恵那栗と和菓子の里・岐阜県恵那市から創作菓子の名店が登場。
 契約農家で土づくりからこだわり仕上げた恵那栗を生かした、多彩な創作菓子をご提案します。
 今回は特別に、季節限定の四季の栗きんとんと
 ふたこ栗木精(くりこだま)をご紹介します。─


知っとこの『日本全国 自慢の手みやげスペシャル!』という企画で、
各地のおみやげを紹介していたので、何気に見ていたら、美味しそうな栗きんとんが。
そして、最終的に出演者の評価で、その栗きんとんが第1位に選ばれた。
それを作っているお店が、恵那川上屋。
さっそく二子玉川の東急フードショーにある、お店に行ってみた。

ena_kurikinton_01

この栗きんとんに使われる、超特選恵那栗は、大きいのが条件!
普通の栗の2倍以上、3センチ以上もあるのだ。

蒸して中身を丁寧に取り出された栗は…
荒く裏ごしされたものと、細かく裏ごしされたものと2種類作り、それを合わせていく。
そうすることで、しっとりした中に、栗の食感が残り、とても美味しい舌触りに。
最後に職人さんの手によって丁寧に手包されて、栗きんとんの完成!


と、栗の栽培から、作る工程に至るまで、ものすごく手間がかかっているスグレモノなのだ。

ena_kurikinton_02

一口食べてみると、栗の風味が口中に広がり、早くもKO状態。

『超美味~! 超美味すぎる~!!』

1個 ¥210って書いてあったので、ばら売りしてるのかもしれないが、6個入りにして大正解!
絶品ゆえに、また、すぐにでも、食べたいという衝動に駆られてしまうからだ。
期間限定のお菓子なので、味わいたい方は、お早めに。


★前回のレポは、こちら
『オクシモロン(45)』
CURRY AND TREATS
鎌倉
鎌倉市雪ノ下1-5-38 2F
http://www.oxymoron.jp/

甘いものセット ¥1,800
●ゴーヤともやしのキーマカリー+ラッシー+巨峰のクラフティ
─定番のキーマカリーに、ゴーヤともやしを加えてアレンジしたカリー。
 しゃきしゃきした食感と、ゴーヤのさわやかな苦みで
 ぺろりと食べられる一皿に仕上がりました。甘口から。─

─人気のクラフティ。今回は巨峰をごろごろと焼き込みました。
 仕上げに濃厚なカラメルソースをかけて、
 酸味と甘みと苦みの絶妙な味わいをどうぞ。─


17時過ぎに到着すると、空いているテーブルは、2つほど。
窓側の席に案内されて、なんとか着席することができた。
以前なら、この時間帯は、それほど混んでいなかったのだが、
最近ますます、人気が出てきているようで、ウレシイ悲鳴状態のよう。

o_goya&moyashi_01

o_goya&moyashi_02
↑ゴーヤともやしのキーマカリー

オクシモロンでこのカリーを食べるのは、おそらく2回目
和風キーマカリーと、ゴーヤと、もやしのシャキシャキ感のコラボが、秀逸。

『美味~! 超美味すぎる~!!』

久しぶりの、“ゴーヤともやし”のカリーに、またまたやられてしまって、大感動。

o_goya&moyashi_03
↑ラッシー

これまた、久しぶりに飲んだラッシー。
程よい酸味と、甘みが、絶妙のバランスだ。

o_goya&moyashi_04
↑巨峰のクラフティ

巨峰の食感と風味が素晴らしい。
ただ、自分には、カラメルソースがチョット甘すぎた。
まあ、これは、スイーツ女子のためのメニューだろうから、仕方ないんだろうけど。


★前回のレポは、こちら
『すき家(33)』 ●担々もやし牛丼(並)
牛丼チェーン
http://www.zensho.com/

●担々もやし牛丼(並)+サラダセット ¥380+¥100=¥480
─ボイルしたもやしとにんじんに、ピリ辛の胡麻ダレをかけた一品。
 ニンニクが香ばしい『食べるラー油』を混ぜてお召し上がりください!─


s_tantan_01

これまた、新作メニューの坦々もやし牛丼。
ピリ辛の胡麻ダレともやしのコラボが絶妙。
シャキシャキのもやしと、カリカリの食べるラー油のコラボも抜群。
もちろん、全部マゼマゼしても、超美味い。

『美味~! 超美味すぎる~!!』

s_tantan_02

またもや、強力な、激旨メニューの登場、って感じ。
すき家の新作開発力のすごさを、再確認。

『すごい~! すごすぎる~!!』


★前回のレポは、こちら
『かつや(10)』
とんかつ
溝の口
川崎市高津区溝口2-12-7 第2永原ビル1F
http://www.arclandservice.co.jp/katsuya/index.html

●青ねぎチキンカツ丼 ¥619

またまた、気になる新作メニューを食べに、かつやへ。
青ねぎチキンカツ丼というのは、すき家のねぎ玉牛丼のチキンカツ版って感じだろうか。
などと、アレコレ考えていると、丼の登場。

katsuya_aonegi_01

まずは、チキンカツに青ねぎをたっぷり乗せて、マヨネーズをつけて、一口。
ねぎのシャキシャキ感が、とてもいいアクセントになっていてなかなか美味い。
が、しかし、ガーリック醤油のタレも、温泉卵も、必然性があまり感じられないのだ。
なんかいろんな要素を入れすぎて、全体的なまとまりがなくなってしまったのでは、
というのが、正直なところ。

katsuya_aonegi_02

もっとシンプルにした、アップグレード版の登場に、期待してるんだけど、果たして。
『すき家(32)』 ●ニンニク牛丼(並)
牛丼チェーン
http://www.zensho.com/

●ニンニク牛丼(並) ¥380
─たっぷりの刻みニンニクとシャキシャキのニンニクの芽を
 特製うま辛ダレで和えた、パンチのある一品。
 暑い夏にオススメの期間限定メニュー!─


今日は、夏の限定メニュー、ニンニク牛丼を頼んでみた。
まずは、一口食べてみると、予想以上に、ニンニクの香りが。
ニンニクの芽だけじゃなく、刻みニンニクも入っているようで、ケッコウ匂いがキツイのだ。

s_ninniku_01

『ランチに、こんな強烈なものを食っていいのだろうか??』

と、一抹の不安を覚えながらも、一気に完食。
とても美味いんだけど、何故か罪悪感を感じてしまうのが、罪なところ。
午後から、打ち合わせがある人には、オススメできないメニューかも。


★前回のレポは、こちら
『鳥麻』
焼鳥
二子玉川
二子玉川ライズ・ショッピングセンターB1F
東急フードショー
http://www.tokyu-dept.co.jp/futakotamagawa/

─職人たちが店内厨房で焼き上げる、日本三大美味鶏と国産鶏を使った焼鳥。
 食べ比べができるお得なセットもご用意いたしております。─


●鶏レバー(200g) ¥525

今日は、『鳥麻』へ。
ショーウインドーを眺めていると、鶏レバーが美味しそうだったので、買うことに。
100gと200gがあったのだが、100gでは、3口位で終わってしまいそうなので、200gをオーダー。
が、しかし、会計の際に、なぜか、100gの料金を払おうとしてしまったのだ。

「申し訳ありません、200gの料金は…」
とお姉さんの話しの途中で、気がついたのだが、その時はすでに遅し。

『恥ずかしい~! 恥ずかしすぎる~!!』

『別に、こまかそうと思った訳じゃないんだけど…』
『チョット、見間違えただけなんだよ…』

toriasa_01

などと、内面は激しく動揺しながら、外面は冷静を装う、自分。
もしかしたら、少し赤面してたかもしれないので、
お姉さんには、すっかりお見通しだったかもしれないが。。

toriasa_02

泣きながら(心の中で…)、帰宅して、まずは一口。
チョット濃い目の味付けながら、なかなか美味い。
この濃さは、つまみというより、ごはんのおかずとして食べるのにちょうどいい感じだ。
今回は、ごはんと食べなかったので、再度おかずとして試してみたい。
その時は、しっかり金額を確認してから、払わないとね。。

toriasa_03
『ベトナムフェスティバル 2011』
今年も、ベトナムフェスティバルへ。
出遅れてしまったので、まずは、小栗久美子さんのステージに直行。

vietnam_0917_01

vietnam_0917_02
↑トルン奏者の、小栗久美子さん

vietnam_0917_03

vietnam_0917_04

相変わらず、容姿も、音色も、

『美しい~! 美しすぎる~!!』

小栗久美子さんのサイトを見たら、CDが発売されたようなので、購入するつもり。
ウチで聴くのが、楽しみだ。

vietnam_0917_05
↑きれいな、お姉さんたち

フォンチー(アイドリング!!! 8号)と、MCのベトナム人のお姉さん

vietnam_0917_06
↑333(バーバーバー)を飲みながら、一回り

vietnam_0917_07
↑ベトナムガーデン ●鶏肉のフォー ¥300

“フォー、¥300”というお店を見つけたので、即購入。
麺を一口食べてみて、ビックリした。
ダシが効いていて、奥深い味わいで、超美味なのだ。
いままで食べたフォーの中でも、No.1じゃないかともうほどの、すばfらしい出来栄え。

『ンゴン~! ンゴンすぎる~!!』

ビールを飲むのも忘れて、一気に食べ終わってしまった。
他の料理も食べてみたいので、近いうちにお店に行ってみるつもりだ。

vietnam_0917_08
フォーモティティ ●鶏肉のカレーごはん ¥500    ↑隣のブースの、きれいな娘さん

このお店の料理を食べてみたかったので、行列が短くなった時を狙って、並んでみた。
頼んだのは、カレーごはん。
何故、カレーライスじゃなくて、カレーごはんなのかは、謎だ。

まずは、サービスのハス茶を飲んでから、カレーを一口。
予想していたより、辛くて、コクのある深い味わいで美味。
ただ、煮詰まってしまったのか、自分には、少ししょっぱかったのが、残念なところだ。
近いうちに訪問して、お店の味を、しっかり確かめてみるつもりだ。

vietnam_0917_09
↑タイ料理の店も、何店か

[左上]ルンルアン、[右上]バーンリムパー
[左下]シィータイレストラン、[右下]プラトーン アジアンフード

vietnam_0917_10
↑ケヤキ並木通りで同時開催の、ネパールフェスティバル


★去年のレポは、こちら

『極太ソーセージ』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●極太ソーセージ ¥150
─ソーセージに生地を巻きつけてふんわり焼きつけました。─

359kcal

gokubuto_01

デニッシュはさくさく、パイのような食感。
パリパリッと食べ応えある、ソーセージは、
ピリッと効いた胡椒がスパイシーで、予想以上のピリ辛具合が、グッド。

『極太~! 極太すぎる~!!』

gokubuto_02
『ポークカレー CoCo壱番屋監修』
●ポークカレー CoCo壱番屋監修 ¥137
─CoCo壱番屋監修ポークカレーを包みました。─

cocopork_01

cocopork_02

cocopork_03

CoCo壱のカレーは、最近食べたことがないので、ほとんど期待していなかったが、
予想以上にピリ辛で、味わい深くて、美味。
もしかして、お店のカレーも美味くなってるのではと錯覚させるほどの、できばえなのだ。
『てりやきバーガー』
●てりやきバーガー ¥105
─特製照焼きソースとハンバーグの旨み─

teriyaki_01

照焼きハンバーグと、バンズの組み合わせは、まさに鉄板。
ほとんど、新しいパンばかり購入しているのに、
なぜか、たまに食べたくなって、買ってしまうから、不思議だ。

teriyaki_02

これが、定番メニューの強みなのかも。
新作への期待館より、定番製品の安定感・安心感の方が、勝ってしまうことがあるようだ。

teriyaki_03

『長いソーセージロール』
●長いソーセージロール ¥147
─ながーいソーセージにマスタードソースとケチャップソースを絞りました。─

栄養成分
エネルギー 369kcal
たんぱく質 11.7g
脂質 20.7g
炭水化物 34.0g
ナトリウム 710mg


nagaisosage_01

なんと、全長235mmもある、ソーセージロール。
食べ応えがあるのは、もちろんのこと、
プリプリノソーセージとマスタードのコラボが素晴らしい。

nagaisosage_02

『もっちツナマヨネーズ』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●もっちツナマヨネーズ ¥105
─もっちりとした白い生地にツナとマヨネーズを包んで焼き上げました─

mochitsuna_01

mochitsuna_02

モッチという名前が付いているだけあって、モッチモッチのパン生地。
普通の生地より、濃度が高いのだろうか。
かなり粘り気があって、パンというより、肉まんなどの、まんじゅう形の食感に近い感じだ。
その中に、ツナマヨが入っているのだから、まずい訳がない。

mochitsuna_03

『美味~! 美味すぎる~!!』

モチモチなので、しっかり噛むから、腹もちもいいのだ。
見かけた時には、即購入の、鉄板メニューになりそうだ。
『タイパ(3)』
恒例の、タイパーティ(タイパ)。
今日も、みんなで料理を1品ずつ持ち寄る、ポットラックパーティだ。

thaipa_0910_04
↑ピリ辛ポテトサラダ

東急ストアで買ってきた、ポテトサラダに、二子夜市で買った、エスニックそぼろ弁当についていた、
辛味スパイス(リュックの底に埋もれているのを、今日発見…)をかけてみた。

予想通り、パンチが出て、ポテトの甘みが際立って、さらに奥深い味わいに。
クミンを入れても、美味くなるようなので、次回試してみるつもりだ。

thaipa_0910_01
↑タイ風、肉野菜炒め

ガパオごはんを作るときの、作り方・合わせ調味料で、肉野菜炒めを作ってみた。

合わせ調味料(4人分)…
 ナンプラー…大さじ2、
 シーユーカオ…大さじ2、
 シーユーダム…大さじ2
 オイスタソース…大さじ1
 ブラックペッパー…お好みで

まずは、ニンニク、唐辛子を入れて、油に香りを映し、肉、野菜を入れて、さらに炒める。
最後に、、合わせ調味料を入れ、よく混ぜ合わせたら、完成。
タイの調味料を使うと、肉野菜炒めも、タイ風の味わいになるから、不思議だ。

thaipa_0910_02
↑幸さん作の、カオマンガイ

タイ料理教室★Tit-Cai-Thaifoodで習った通りに作ったとのこと。
今さらだけど、温めなおしてから食べればよかったと、後悔しきり。
次回は、しっかり温めてからいただきますので、ご容赦のほどを。。
でも、味わいは、

『アロイ~! アロイすぎる~!!』

thaipa_0910_03
↑73さん作の、インドネシアのサラダ(?)

野菜は、日本のものだけど、2種類のソースが、インドネシアのものとのこと。
1つは、ピーナッツバターのような、甘みのあるソース。
名前を教えてもらったんだけど、すっかり忘れてしまったので、コメントよろしく。

こちらも、

『エナック スカリ~! エナック スカリすぎる~!!』

thaipa_0910_05
↑スリランカフェスで買った、生こしょう

ポテトサラダにかけようと思っていたのに、“辛味スパイス”を発見したため、すっかり、失念。
結局、使わずに終わってしまった。。
今度は、忘れずに登場させるつもりなので、あしからず。
って、次回まで残ってないかもしれないが。。

『スリランカフェスティバル 2011』
今年も、スリランカフェスへ。

srilanka_0910_01

↓ライオンラガーを飲みながら、まずは一回り       ↓コートロッジ
srilanka_0910_02
↑セイロンイン                           ↑インテリアなどのお店も

アジアンランチ
srilanka_0910_03
↑Cセット ¥500                         ↑ライオン・スタウト
 スリランカチャーハン、デビルチキン、
 ナスの温サラダ、パパダム


─アジアンランチはタイ・ヴェトナムラオス・ミャンマー・インドネシア・パキスタン・バングラディッシュ・
 ブータン・インド・中国・韓国・イランなどなど、アジア各国のおいしいお総菜を、
 月~金曜日の毎日日替わりで出しています!是非一度店頭をのぞいて見てください。
 平日 ランチタイムのみの営業土・日・祭日はお休みです。毎日(平日)営業していない店舗もございます。─


ってことで、どうやら、車で移動販売している“屋台”のよう。
どの料理も、素晴らしい味わい。

『ラサイ~! ラサイすぎる~!!』

都内で“30店舗近く”営業しているらしいので、ぜひ一度訪れてみたいもの。
ただ、平日だけとのことなので、いつになるかは、残念ながら不明だが。

srilanka_0910_04
こしょう本舗の、生こしょう ¥500

試食させてくれたので、食べてみたら、超美味。
即、一瓶買ってしまった。
いろんな料理にあいそうなので、食べるのが楽しみ。
『松屋(9)』 ●カレギュウ
http://www.matsuyafoods.co.jp/

●カレギュウ(並) ¥580
─牛めしとカレーが一皿で楽しめる人気メニュー!─

松屋の、牛丼+カレーを頼んでみた。
その名は、“カレギュウ”。
松屋らしい、ネーミングだ。

今日は、食券を買う時に、初めてSuicaを使ってみた。
券売機の、カレギュウのボタンを押して、Suicaでタッチするだけなのだが、
とても新鮮な感じがするのは、不思議なものだ。

席に着くとすぐに、水とみそ汁が。
松屋は、サービスで、カレーにもみそ汁が付くのだ。
カレーにみそ汁って、普通では絶対にあり得ない組み合わせなのに、
松屋だと、なぜ違和感なく飲めるんだろう、などとアレコレ考えていると、カレギュウ登場。

matsuya_karegyu_01

matsuya_karegyu_02

まずは、カレー部分を一口。
最初は、甘めなんだけど、しばらくすると、辛さが口の中に広がる。
ケッコウ、旨いじゃないか。
いつの間にか消えていた、数年前の「ピリ辛で、味わい深いカレー」が復活したのだろうか。

matsuya_karegyu_03

おまけに、テーブルには、“オリジナルカレー用 辛味スパイス”なるものが置いてある。
 ◆1~2振り…小辛
 ◆4~5振り…中辛
 ◆10振り…大辛
とのことなので、もちろん10振りかけてみた。
大辛ほどではないけれど、中辛位にはなったかも。
今度からは、20振り以上かけてやる。

matsuya_karegyu_04

そして、牛丼部分を味わった後、全部を混ぜて食べてみた。

『美味~! それなりに美味~!!』

牛丼店の中では、一番高いのがネックだが、その味わいは、なかなかのもの。
チョット贅沢をしたい時には、“カレギュウ”で、決まりだ。
『どん亭』
http://www.fuji-tatsu.co.jp/dontei/

●牛丼カレー(並) ¥500

牛丼カレーを食べるために、久しぶりに、どん亭へ。
いつ行ったかまったく覚えてないので、もしかしたら数年ぶりかも。

どん亭は、川崎に2店舗、沖縄に5店舗しかないという、小規模な牛丼チェーン。
以前は、都内にも数店あったようだが、いずれも閉店してしまったらしい。
どうして、川崎と沖縄には残っているのかが、超謎だ。

dontei_01

外観は、お世辞にもきれいとは言えず、女性が一人で入るのは、かなりキビシそう。
まだ、2.3回しか来たことがないけど、今のところ、女性客の姿を見たことがないのだ。

券売機で食券を買って、カウンター席に着くと、水とみそ汁を持ってきてくれる。
みそ汁は、サービスなので、水と同じ扱いなんだろうか??
2,3分後に登場した牛丼カレーを見て、ビックリ。
かなりでかい皿に、ごはんとカレーと牛丼が、目一杯に盛られているではないか。
特に、牛丼部分は、山盛りになっていて、ボリューム満点。

dontei_02

『こんなに食えるんだろうか??』と不安になりながら、まずはカレーを一口。

辛さは、ややピリ辛程度、味わいは可もなく不可もなくという感じ。
牛丼部分も、とても普通なのだ。
という訳で、全部混ぜて、七味唐辛子を大量投入してみた。
ピリ辛具合がアップグレードして、牛丼の具の甘味が加わって、少し旨みがでたような。。

『それなり~! それなりすぎる~!!』

この店は、味わうというより、腹いっぱいになることの方が、プライオリティが高いのかも。
たしかに、他の牛丼屋の大盛ぐらいの量がありそう。
ものすご~く腹が減った時には、もしかしたら再訪するかも。。
『なか卯(16)』
和風ファストフードチェーン

●あいがけカレー(並) ¥490
─カレーと牛肉の2つのおいしさが欲張りなメニューです。─

なか卯のあいがけカレーを食べてみた。
カレーは食べたことがあるが、あいがけは、多分初めて。

券売機で食券を買って、お店の人に渡すと、あっというまに、あいがけカレー登場。
厨房に戻って、そのままオーダーしたモノを持ってきたのか、ってくらいの速さなのだ。
さすが、券売機で買った段階で、厨房にオーダーが通っているだけのことはある。

『早い~! 早すぎる~!!』

nakau_aigake_0

という訳で、まだ心の準備ができていないまま、まずは、カレーを一口。
前に食べた時は、家庭的なカレーっていうイメージだったのに、
今回は、予想していたより辛さがあって、パンチがあるのだ。
もしかして、辛さがアップしたのだろうか。
味わいも、それなりだし、このピリ辛具合なら、ケッコウ満足できそうだ。

そして、牛丼部分も別に食べた後に、全部混ぜて味わってみた。
牛肉に甘辛い味が付いているので、カレーの辛さが弱まってしまったのが残念。
せっかくの、カレーのパンチが無くなってしまったのだ。

カレーはカレー、牛丼は牛丼として、別々に食べるという手もあるかもしれないが、
それでは、コラボの意味が無くなってしまう。
混ぜた後に、一味唐辛子を大量投入するのが、正解かもしれないので、
また食べる機会があったら、試してみるつもりだ。
『吉野家(8)』
http://www.yoshinoya.com/

●牛丼・カレー 旨辛(並) ¥480

吉野家で、カレーが新発売されたということで、行ってみた。
築地市場の食堂カレーをイメージして創り上げたらしく、
「たっぷりの野菜を煮込みながら、ジャガイモとにんじんを大振りの角切りにすることで、
ゴロゴロした食感をお楽しみいただける、手作り風カレー」とのこと。

yoshinoya_0906_01

・こく旨カレー…たっぷりの野菜を長時間かけてブイヨンで煮込んだ、「うま味」ベースのカレー
・旨辛カレー…カレーの味を決める「スパイシーさ」と「辛味」のバランスを、
さわやかで奥深い旨さに仕上げたカレー
の2種類あるってことで、「牛丼・カレー」を旨辛で頼んでみた。
「牛丼・カレー」というのは、カレーに牛丼がプラスされたもの。
それほど混んでいなかったので、オーダーして、3,4分後に、牛丼・カレー登場。

yoshinoya_0906_02

まずは、カレーを一口。
予想していたより辛くて、ちょっとビックリ。
といっても、ピリ辛程度なので、途中からは、七味唐辛子を大量投入して、食べてみた。
それなりにパンチが出て、ジャガイモなどの具の甘みとのバランスも、抜群。

yoshinoya_0906_03

牛丼部分を半分くらい味わった後は、全部混ぜてみた。
牛肉、玉ねぎなどの甘みが加わって、ますます旨みがアップしたじゃないか。

『美味~! なかなか美味~!!』

牛丼の具がプラスされているので、量的にも、大満足。
しばらくは、カレーが食べたくなった時に、通ってしまいそうだ。
『すき家(31)』 ●牛あいがけカレー(並)+3辛
牛丼チェーン
http://www.zensho.com/

●牛あいがけカレー(並)+3辛 ¥480+¥60=¥540
─牛丼もカレーもどっちも食べたい!そんな願いを叶える一品です。─

すき家の、牛丼+カレーを頼んでみた。
その名は、“牛あいがけカレー”。3辛で頼んでみた。
12時15分過ぎ。店内は、90%位の埋まり具合と、ケッコウ混んでいたが、
最近は3人体制が復活したようで、数分でカレー登場。
やはり、ランチタイムは、3人じゃないと、キビシイよな。
2人体制の時は、正直なところ、イラっとしたのはもちろんのこと、
いっぱいいっぱいの店員さんの姿を見て、痛々しい感じさえしていたのだ。

まずは、辛口ソースのかかっていない部分のカレーを、一口。
ここのカレーは、デフォルトでは、あまり辛くないので、物足りない。
まあ、良く言えば、ものすごく家庭的なカレーといった感じかな。

という訳で、真っ赤なソースをしっかり混ぜてから、もう一口。
以前食べた時の2辛より、かなり辛い。
その時は、ハンバーグカレーだったので、
ハンバーグによって、辛さが緩和されていたのかもしれないが。

s_aigake_01

辛さがプラスされることによって、ものすごくパンチのあるカレーに大変身。
これは、牛丼屋さんのカレーではありえないハードパンチだ。
さすがに、専門店オクシモロンの“激辛”ほどじゃないけど、“辛口”位の辛さはありそう。

牛丼の具も、ごはんが見えないほど乗っていて、かなりのボリューム。
牛丼部分だけをしっかり味わった後は、全部混ぜて食べてみる。
牛肉の甘辛さで、辛口ソースのとんがった辛さが、すこし丸くなり、
ますます、完成度の高い、辛くて、コクのあるカレーに変化するのだ。

『美味~! なかなか美味~!!』

辛口ソース分(¥60)、吉野家より高くなるけれど、
辛~いカレーが食べたくなった時には、すき家で、決まりだ。


★前回のレポは、こちら
『ブラジルフェスティバル 2011』
台風の中(?)ブラジルフェスへ。
四国・関西方面にそれたため、関東は、予想していたより雨が降らなくて、
なんとか、無事開催されたブラジルフェス。

brasil2011_01

日曜日の、15時過ぎに訪れると、ものすごい人。

brasil2011_02
↑まずは、ブラジルのビールを ¥400

brasil2011_03
↑ぐるぐるソーセージを見つけたので、ゲット ¥300

brasil2011_04
↑長いソーセージを丸めただけのような気がするけど、なんか新鮮な感じが。。

brasil2011_05
↑ラテンのリズムが、テンションをあげる、あげる

brasil2011_06
↑牛串 ¥400

brasil2011_07
↑台風一過の珍しい雲のみなさん

brasil2011_08
↑子どもたちのための、こんなアトラクションも

東南アジア系のフェスとは違って、とてもあつい印象。
会場に響く、パーカッションのリズミカルな音が、カーニバルの雰囲気を醸し出しているのだ。

『ラテン~! ラテンすぎる~!!』

来年は、2日間、しっかり楽しんでみるつもりだ。
『鶏肉のバジル炒めご飯』
●ガイ パット ガパオ ラーカオ カイダーオ

土曜日(9/3)の夜、何気に「チューボーですよ」にチャンネルを合わせると、
なんと、『鶏肉のバジル炒めご飯』が!

自分が最も好きなタイ料理、ガパオごはんだ。
そのレシピも、
◎鶏肉は、ちゃんとたたいて粗みじんに
◎タイの調味料を使う
 オイスターソース、シーズニングソース、ナンプラー、シーユーダム
◎卵は、揚げ卵に
と、なんちゃってガパオごはんではなく、本格的な作り方で紹介されていた。

街の巨匠は、以下の3店
krungsiam_0607_05
↑中目黒のクルンサイアム(←↑これは三軒茶屋のお店のモノ)

somoo_04
↑新大久保のソムオー

cela-don_07
↑幡ヶ谷のセラドン

こんなメジャーな料理番組で、本格的なガパオごはんが紹介されるなんて、

『ウレシイ~! ウレシすぎる~!!』

思わず泣きそうになりながら、画面にくぎ付けになっていたのは、言うまでもない。
ただ、あまりにも舞い上がっていたためか、録画するのを忘れてしまったのが、無念。
いつの日か、再放送されることを、祈りたい。。

CP_1128_07
↑これは、以前自作した、ガパオごはん
『かつや(9)』
とんかつ
溝の口
川崎市高津区溝口2-12-7 第2永原ビル1F
http://www.kousei-grp.co.jp/business_category/b-katsuya/syoukai.htm

●おろしとんかつ定食 ¥829
─さっぱりおろし─

今日は、期間限定メニューじゃなく、定番の、おろしとんかつを頼んでみた。
かなり蒸し暑かったので、軽めのとんかつを、食べたかったからなのだ。
といっても、隣に座った若いお姉さんは、ソースかつ丼をオーダーしていたので、
湿度ではなく、年齢のせいなのかもしれないが。。

katsuya_oroshi_01

おろしとんかつというのは、とんかつの上に、大根おろしがのっていて、
ソースではなく、ポン酢をかけて食べるというもの。

katsuya_oroshi_02

大根おろしと、ポン酢の効果で、脂っぽさが軽減され、とても軽く、食べられるのだ。

『さっぱり~! さっぱりすぎる~!!』

katsuya_oroshi_03

コッテリとしたとんかつソースをかけて、ガッツリ食べたい人には、物足りないかもしれないが、
たまには、アッサリとしたとんかつを食べたいって人には、オススメ。
『ランチパック 牛肉の入った黒豚メンチカツ』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●牛肉の入った黒豚メンチカツ ¥168
─コクのあるメンチカツとマヨネーズタイプのドレッシングをサンドしました。─

lp_gyuniku-menchi_01

栄養成分表示/1個当たり
熱量:204kcal
たんぱく質:5.6g
脂質:10.4g
炭水化物:22.1g
ナトリウム:424mg


牛肉と黒豚の合挽きで、黒豚の方がメインですよ、ってことなんだろうけど、
なんとも、不思議なネーミング。

これは、文句なく美味しいのだが、チョット濃い目なのが気になるところ。
これからの季節、もう少し薄味のサッパリめのモノもあると、ウレシイのだが。。

冷凍して食べると、美味しいらしいので、今度試してみたい。
『ランチパック マンゴークリーム&ホイップ』
ヤマザキ
http://www.yamazakipan.co.jp/

●マンゴークリーム&ホイップ ¥128
─宮崎県産マンゴーのピューレ1.4%入りのマンゴークリームと
 ホイップクリームをサンドしました。─

lp_mango_01

栄養成分表示/1個当たり
熱量:143kcal
たんぱく質:3.3g
脂質:5.1g
炭水化物:21.0g
ナトリウム:120mg


lp_mango_02

甘酸っぱいマンゴーとホイップクリームのコラボがすばらしい。
すっぱ甘くて、とても新鮮な味わいなのだ。
フワフワのホイップクリームが、とてもいいのだが、
例によって、自分的には甘すぎて、2つ食べるのは、キビシかった。。

lp_mango_03




ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。