おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
09 | 2009/10 | 11
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オクシモロン(24)』
CURRY AND TREATS
鎌倉
鎌倉市雪ノ下1-5-38 2F
http://www.oxymoron.jp/

●焼き葱と鶏肉の和風カリー ¥1,200

―香ばしい葱のシャキシャキした歯ざわりと、柔らかく煮込んだ鶏肉は相性バツグンで、
 さらに淡い食感のお豆腐がちょうど良い箸休めに。マイルドな和風カリーです。
 甘口からご用意しています。―

Webのこのカリーの写真を見ていたら、『食べに行くべし!』というお告げを受けた。
という訳で、またまた訪問。

o_yakinegi_01

o_yakinegi_02
↑新しくなった、メニュー

このカリーは、自分は初めてなので、愛子シェフに、

「これって、新作?」 と聞くと、

「まあ、初めて作ったんですけど…」 と。。

「それを、新作っていうんじゃないの?」 と、再び尋ねると、

「そういうの、あんまり意識してないので…」 とのお言葉。。。

「へぇ、そうなんだ…!?」

と、曖昧に返事をしたものの、最初は、どういう意味なのかよくわからなかった。
が、しかし、あれこれ考えているうちに、一つの結論に達した。
おそらく、シェフの頭の中には、より完成度の高い美味しいカリーを作ることしかないのだろう。
つまり、定番カリーも、本日のカリーも関係なく、
シェフにとっては、日々作るカリーすべてが、”新作” という意味なのではないかと。

『深い~! 深すぎる~!!』

あまりのすごさに愕然としたと同時に、自分の浅はかさに唖然。
二子玉川の、「珠玉」時代から、5年以上通っているのに、今頃気づくなんて。。
今更ながら、定番メニューも、常に進化している理由が、ようやく解かった。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

o_yakinegi_03

気を取り直して、本日のカリー・激辛を食べてみる。
最初は、甘さを感じるのだが、忘れたころに辛さが襲ってくる。
焼き葱の香ばしい香りと、シャキシャキ感。
豆腐の、癒される、プニュプニュとした食感。
鶏肉の、プリプリっとした舌触りと、やさしい甘さ。
すべてが、ベストマッチのバランスで融合した、絶妙の味わいだ。

o_yakinegi_04

o_yakinegi_06

おまけに、今回は、マル秘のスペシャル付け合わせが。
これが、辛いのなんの。
激辛にしてもらったカリーにかけると、食べる終わるころには、久しぶりに全身汗だく。

o_yakinegi_05

『熱い~! 熱すぎる~!!』

今日は、極上のカリーを食べられた喜びはもちろんのこと、
こんな大切なことに気づかせてもらったことに、大感謝。

今後とも、もっともっと、より美味しいカリー、よろしくお願いします!

スポンサーサイト
『第3回 タイフェスティバルin横浜 2009 』
横浜のタイフェスへ。
事前に情報入手していたものの、
現地に到着すると、去年とは全く違う雰囲気に唖然。

周りをテントで囲むようにしてあり、
入口には入場協賛金の大きな看板が出ているのだ。
入場料とは書いていないが、ほぼ強制的に徴収しているとのこと。
それなら、最初から、入場料¥200と明記してくれたほうが、よっぽどすっきりする。
来年以降は、ぜひ再考してほしいものだ。

thaifes_1025_01

thaifes_1025_02

thaifes_1025_04

thaifes_1025_07
↑バーンリムパー
●カオガパオガイ(鶏肉のバジル炒めご飯) ¥500
●カオマンガイ(蒸し鶏のせご飯) ¥500


タイフェスではおなじみの、バーンリムパー。
ガパオごはんも、カオマンガイも、本格的な味わいで美味。
ただ、カオマンガイは、フェスだから仕方ないのだろうが、
大きい肉じゃなくて、細切れの肉だったのが残念。
おまけに、陽が落ちてかなり寒くなってきたので、焦点が定まらず、写真がボケボケに。。

thaifes_1025_06
↑きれいなお姉さんたち
左端の人は、フィギュアスケートの安藤美姫??

thaifes_1025_03

thaifes_1025_05
↑プラントーン・アジアンフード
●ハーフ&ハーフ(バジル&グリーンカレー) ¥500


こういうフェスティバルならではの、ハーフ&ハーフメニュー。
一度に、ガパオごはんと、ゲーンキョウワンが食べられるなんて、なんて幸せなんだ。
このお店は、初耳なのだが、どちらも美味で大満足。
ネットで調べても、見つからなかったのだが、一体どこにあるお店なんだろう。
謎。。。

あまりにも寒かったので、ネコジャンプのステージまで待っていることができず、
早々に撤退してしまったのが、残念無念。。

thaifes_1025_08

『オクシモロン(23)』
CURRY AND TREATS
鎌倉
鎌倉市雪ノ下1-5-38 2F
http://www.oxymoron.jp/

●塩豚とキャベツのスープカリー ¥1,200

―どーんとのった1枚肉の豚肩ロースはスプーンでも簡単に切れるやわらかさ。
 ジューシーな豚肉の旨みがカリーと合わさりお肉好きにはたまらない一皿です。
 歯ごたえの良い白インゲン豆とキャベツ、糸唐辛子の彩りも豊かです。
 スープカリーなのでさらさらとお召し上がりいただける、ボリュームたっぷりのカリーです。―

o_shiobuta_1012_01
↑このカリーは、珠玉時代からのお気に入り。
ドーンと入っている、大きな塩豚は、スプーンで簡単にほぐれるほど、
柔らかく煮込んであって、超美味。
キャベツとの相性も抜群だ。
何度食べても、やっぱり、

『超美味~! 超美味すぎる~!!』


o_shiobuta_1012_02
↑和風キーマカリー
これまた、いつもながらの、とてもやさしい味わい。

o_shiobuta_1012_03
↑かぼちゃのプリン
―かぼちゃのプリンは今が旬のほっくりとしたかぼちゃの質感と、
 苦味のあるカラメルが味わい深い素朴なプリンです。―

かぼちゃの味わいがしっかりして、程よい甘さで、超美味。
プリンって、甘すぎるイメージがあるのだが、オクシのプリンならNO問題。


『おおとり(15)』
●とりからあげ(半ライス)定食 ¥588

いつものように厨房内を観察するため、カウンター席に座って、
とりからあげ定食をオーダー。
揚げ物は息子さんの担当なので、
お父さんは、定食の準備をするのかと思っていたら、ずっと厨房の中に佇んだままだ。。

不思議に思っていると、まもなく、からあげを持って息子さんが登場。
カウンター裏側の調理台の方に向かった。
立ち上がって覗き込むわけにもいかないので、想像なのだが、
どうやら、あらかじめ定食用のセッティングがしてあるモヨウ。
メインのおかずが完成したら、それを皿の上に盛り付けて、
後は、ごはんとみそ汁をよそうだけ、というシステムのようだ。
お父さんが佇んでいた理由は、
からあげができるまで、他になにも仕事が無かったからなのだ。。

ootori_karaage_01

できたて、アツアツのからあげは、外はサクッと、中はジューシー。
味付けも、とてもさっぱりしていて、これならいくらでも食べられそうだ。

ootori_karaage_02

『美味~! 美味すぎる~!!』

前回、テーブル席のオジサンたちが食べていたタンメンが美味そうだったので、
次回は、麺類に初挑戦してみたいと思う。
『ラクんちパック チキンカリー@オクシモロン』
※「ラクんちパック」とは、自作の、ランチパック風サンドイッチのことで、
ラク家()のパック」の略。


o_asaichi_1011_04

o_chicken

朝市で買った、瓶詰めのチキンカリーを食べてみた。
久しぶりにしっかり食べたチキンカリーは、驚いたことに、
以前よりアップグレードしていて、さらにコクが増しているではないか。

『美味~! 美味すぎる~!!』

l_o_chicken_01

l_o_chicken_02

という訳で、もちろん、パンにはさんでみた。
和風キーマは、最初に試してみたのだが、チキンは今回初めて。

これぞ、灯台もと暗し。。
もっと早く食べていればよかった。。
これは、今まではさんだ中で、文句なくN0.1の劇旨!!

『超美味~! 超美味すぎる~!!』

瓶詰めカリーを手に入れた時には、これぞ鉄板。
次回の朝市が、今から待ち遠しい。
ネットでも瓶詰めカリー買えるので、すぐに試したい方は、そちらでゼヒ。。
『オクシモロン 1周年記念オフ 開催!!』
CURRY AND TREATS
鎌倉
鎌倉市雪ノ下1-5-38 2F
http://www.oxymoron.jp/

二子玉川の珠玉時代から待望していた、オフ会を、ようやく開催することができた。
遠路はるばるの方も、ご近所の方も、ありがとうございました。

せっかく大勢集まっていただいたので、
今回は、こういう時でないとなかなか体験することができない、
カリー全種類を、皆さんでシェアする企画。

そういう訳で、いつもは、ごはんの上に乗っている、
和風キーマも、エスニックそぼろも、
ごはん抜きの、初めてお目にかかる初々しいお姿だ。

o_izakamakura_01
↑まずは、ビールで喉を潤す。

o_izakamakura_02
↑前菜
久しぶりに食べたかも。。

o_izakamakura_03
↑スパイシー・パイ・スティック(←勝手に命名…)
こんなの、初めて見た。。
一見、枯れ木のように見えるが、食べてみると、超美味。
これさえあれば、ビールがドンドン進みそうだ。
ゼヒとも、定番メニューに!!

o_izakamakura_04
↑まずは、和風キーマカリー
いつもは、ごはんの上に乗って出てくるのに、今回はカリーだけ。
ちょっと恥ずかしそうに見えたのは、自分だけだろうか。。

o_izakamakura_05
↑これまた、定番のチキンカリー

o_izakamakura_06
↑いつもは、激辛でオーダーするのだが、
今回は、全部大辛で頼んだので、特別につけてくれた、辛みグッズ。


o_izakamakura_08
↑エスニックそぼろカリー
単体のエスニックそぼろ、初見!!
野菜サラダかと思った。。

o_izakamakura_09
↑本日のカリー 塩豚とキャベツのスープカリー
これは、自分的には、Top3に入るカリー。
こんな日に食べられるなんて、大感激だ。

『美味~! 美味すぎる~!!』

テンション上がりすぎて、マトンカリーを撮るのを失念。。
おまけに、食べるのに夢中になって、写真がボケボケなのは、ご容赦のほどを。。

o_izakamakura_11
↑マロンケーキ
マロンケーキはマロングラッセとクリームを贅沢に使った
秋らしいほっとする味わいのケーキ。
ラム酒がほのかに香るしっとりとしたお菓子です。

o_izakamakura_12
↑りんごとドライフルーツのコンポート ←こんな名前だったような…
これは、定番スイーツのようだけど、食べるのは初めて。

o_izakamakura_13
↑かぼちゃのプリン
かぼちゃのプリンは今が旬のほっくりとしたかぼちゃの質感と、
苦味のあるカラメルが味わい深い素朴なプリンです。

o_izakamakura_14
↑1周年おめでとうのプレゼント
一見、生花のように見えるけど、実は造化。
近くで見ても、本物のように見えるできばえにはビックリ。

o_izakamakura_15
↑恥ずかしさのあまり(?)、厨房に逃げ帰る、愛子シェフ
打ち合わせには無かった、シメの挨拶を突然お願いしたので、
話し終わった後、逃げるように厨房に戻ってしまったシェフ。
いろいろと、無理を聞いていただいたのに、
こんなサプライズを仕掛けてしまって、ごめんなさい。

これからも、5年、10年と頑張ってください。
ずっと、みんなで応援してます!


参加していただいた皆さん、お店のスタッフの皆さん、
ありがとうございました。



他のお客さんが、いらしたので、自己紹介は割愛させていただきました。
初めてこられた方は、よくわからなかったかもしれません。
申し訳ありませんでした。
と言う訳で、今更ですが、簡単にご紹介を。

ノリさん …『うまいものは宵に食え』 お休み中…?
さきちゃん …グルメ(?)な、おねえさま
USHIZOさん …『CURRY DIARY (・x・)』
USHIZO嫁(カプ)さん …文字通り、USHIZOさんの嫁さん
幸さん …アクティブ女子
*あんこ*さん …『*あんこ*のごはん日記』
かりん☆さん …『パフェ大好きかりん日記』
かりん☆(友人)さん …文字通り、かりんさんの友人さん
ぷうにゃさん …『ぶらり湘南』
hideさん …『湘南鎌倉 今日もいい天気♪』
にょこさん …二子玉川の珠玉時代からの常連さん
まきさん …『うみいぬ・やまいぬ』
ヒロシさん …まきさんの、旦那さん
ななさん …『LIFE IS DELICIOUS!』
なな(相棒)さん …文字通り、ななさんの相棒さん

※写真を、フォトゲットにアップしました。アドレスを知りたい方は、メールをよろしく。
 写真を提供してくださる方は、自由にアップお願いします。
※PDF(←ポストカードの)は、残念ながら、アップできないようなので、メールでお送りします。

いざ、鎌倉!!
※10月13日までは、こいつが、TOPにきます。
最新の記事は、一つ前をご覧ください。


最終締切り~!(10/12)
予想以上にたくさんの方に参加表明していただき、ありがとうございました。
定員に達したため、締切らせていただきます。




2008年10月17日(金)にOPENしたOXYMORONが、1周年。
という訳で、

オクシモロン 1周年記念 オフ開催!

どれくらいの方が、"いざ、鎌倉"していただけるのか、まったく未知数ですが、
参加したいという方は、コメントをよろしく。


詳細、発表!!


日時:2009年10月17日(土)16:00~18:00
場所:オクシモロン(鎌倉)
    ※集合場所はお店。
料理:前菜+甘いものセット(小さめカリー+飲みもの+甘いもの)
    ▶カリー…定番の4種類+本日のカリー、計5種類をシェア。
    ▶飲みもの…
コーヒー、紅茶、チャイ、ラッシー、りんごジュース。
    ▶甘いもの…チーズケーキ、レモンケーキ、カスタードプリン、今月の甘いもの。
     ※↑飲みもの、甘いものは、上記のメニューから、各自オーダー。
予算:¥2,000 +別オーダー分↓
    ※上記のセット以外のメニュー、例えばビールなどを頼みたい方は、
    キャッシュオンデリバリー(オーダーしたものが提供された時に、その都度支払う)
    の別会計でお願いします。


o_soboro_0328_02

↓参加表明していただいた方
ノリさん、さきちゃんさん、USHIZOさん、USHIZO嫁(カプ)さん、トリコさん、
幸さん、*あんこ*さん、かりん☆さん、かりん☆(友人)さん、ぷうにゃさん、
hideさん、にょこさん、まきさん、ヒロシさん(←おそらく)、
ななさん、なな(相棒)さん、Laku、Laku嫁 18名
『来て 見て 食べて 感動!九州 観光・物産フェア』
代々木公園で開催されている、九州の観光・物産フェアに行ってみた。

kyusyu_1011_01

kyusyu_1011_06
↑西鉄高速バス
観光・物産展というのは、どんなものかと思っていたら、
入ってすぐのところに、バスが展示してあって、唖然。
東京-福岡間を、14時間20分で走るとのこと。

こんなの、初めて見た。

kyusyu_1011_02
↑焼きたて長崎ちくわ
これが、本当の焼きたて。というか、できたて。

こいつも、初めて見た。

kyusyu_1011_03
↑麦焼酎屋台
いろんな麦焼酎が、1杯¥200で飲める屋台。

これまた、初めて見た。

kyusyu_1011_04
↑いわし明太 1尾¥300
いわしの中に、明太子をはさんで、焼いたもの。
あまりにも美味そうだったので、お土産用のを購入。

またまた、初めて見た。

kyusyu_1011_13
↑お土産用 いわし明太 ¥900
食べるの、楽しみ。

kyusyu_1011_05
↑足湯ならぬ手湯

↑やっぱり、初めて見た。

kyusyu_1011_07

kyusyu_1011_08
↑長崎ちゃんぽん@みろくや ¥800
どうしても、ちゃんぽんが食べたかったので、このお店で。
¥800というのは、ちと高過ぎなのでは、と思っていたのだが、
出てきたのを見て納得。
普通にお店で食べるのと同じくらいの量があるのだ。

kyusyu_1011_09

kyusyu_1011_10
↑明太ごはん ¥250
ちゃんぽんで、かなり腹が膨れてしまったので、軽めの、明太ごはんを。
ごはんの上に、明太子とのりをのせただけという、シンプルなモノ。

『美味~! 美味すぎる~!!』

kyusyu_1011_11

kyusyu_1011_12
↑宮崎の地ビール「太陽のラガー」 ¥500
地ビールって、クセのあるものが多いのだが、
これは、とても飲みやすく、味わいが濃くて、美味。

kyusyu_1011_14

kyusyu_1011_15
↑安納芋スティック@本家かのや
試食でいただいたもの。
これは、大学芋のように甘いものなのだが、
コンソメパンチ味もあるそうなので、そいつはビールのつまみに最適かも。

kyusyu_1011_16

他のフェアでは、見かけ無いモノがたくさんあるのに、驚愕。
おまけに、多くの店で試食ができるというのも嬉しいシステム。
地鶏、からあげ、豆、安納芋スティックなど、を味あわせてもらった。

まさに、「来て みて 食べて 感動!」のキャッチフレーズがぴったりの、
予想を遥かに超える、素晴らしいフェアだ。
明日もやっているようなので、気になった方は、ゼヒ。
『二子朝市(OXYMORON)(4)』
3カ月ぶりの二子朝市。
5分前に到着すると、長蛇の列だ。
以前訪れた時よりは、短めだったけど、
3連休なので、遠出してる人も多いからかも。。

o_asaichi_1011_01

最近は入場制限しているようで、第二弾のグループで、入店。
という訳で、すでに和風キーマは売り切れ、チキンしか残ってないとのこと。
相変わらず、ものすごい人気だ。

o_asaichi_1011_02

o_asaichi_1011_03

瓶詰めカリーは、以前は1.5人分だったものが、
2人分になったモヨウ。
が、しかし、値段は、前と同じ¥1,500なのだから、嬉しいリニューアルだ。

ウチで、オクシモロンのカリーを食べるのは、久しぶり。
今から、晩ご飯が楽しみだ。。

o_asaichi_1011_04

『おおとり(14)』
● チーズかつバーグ(半ライス)定食 ¥567

前回の轍は、決して踏むまいと、

「チーズかつバーグ、、」

一瞬、間を空けて、

「半ライスで!」とオーダー。

ootori_1009_01

チーズかつバーグって、どんなのかといろいろ想像を膨らませているうちに、
例によって、肉屋の方から、息子さんが、
チーズかつバーグらしきモノを持って、厨房へ。
どうやら、完成したようだ。
見た目は、とんかつっぽい感じ。
ごはんも、しっかり半ライス。
作戦、大成功だ。

ootori_1009_02

一口食べてみると、外はサクサク、中はチーズがトロトロ。
食感が、すばらしい。
味わいは、メンチカツのようでいて、やっぱりハンバーグ。
ハンバーグにパン粉をつけて、揚げたら、メンチカツになるような気がするのだが、
どこがどう違うのだろうか。
謎。。
というか、バーグって言う名前だから、舌がそう思い込んでるだけなのだろうか。。

揚げ物は、最近あんまり得意じゃないのだが、
ここのは、とてもさっぱりしていて、まったく問題なし。

『美味~! 美味すぎる~!!』

これからも、全メニューを制覇をめざして、通わなければ。
『ラクんちパック いつでもちょこっとカレーな気分②』
という訳で、いつでもちょこっとカレーな気分に、チリペッパーを大量投入。

l_chokotto_04

辛さがグーンとアップして、自分好みのパンチある味わい。

『美味~! 美味すぎる~!!』

l_chokotto_05

ラクんちパックで、カレーを楽しみたい時の鉄板発掘。
これから、とても重宝しそうな、すぐれものアイテムだ。

『ラクんちパック いつでもちょこっとカレーな気分』
いつでもちょこっとカレーな気分を、はさんでみた。

l_chokotto_01

これは、30gのカレーが小分けになっているもので、
まさにちょこっとカレーが食べたい時に最適。
っていうか、パンに挟むのに、ジャストフィット。
ラクんちパックのために作られたの? って思うほどなのだ。

l_chokotto_02

辛さは、ピリ辛程度で、やや物足りないのだが、
味わいはなかなかで、ちょこっとでも十分満足できる。
個人的には、もう少し辛い方が好みなので、
今度は、もっと辛くして、食べてみるつもりだ。

l_chokotto_03
『北海道フェア in 代々木 2009』
14時前に到着すると、ものすごい人。
甘かった。。

hokkaido_01

hokkaido_04
↑なんと、ちちしぼりが体験できる牛。
試してみたかったのだが、子供に大人気だったので、
割り込む訳にもいかず、残念ながら、断念。。

hokkaido_02

hokkaido_03
↑かにいくら丼(小)@石狩なべ ¥600
という訳で、まずは行列のできてないお店で、かにいくら丼をゲット。

hokkaido_05

hokkaido_06

hokkaido_07
↑塩ラーメン@くまきちラーメン ¥600
ちょっとだけ、腹が落ち着いたので、行列に並んでみた。
どうしても、塩ラーメンが食べたかったので、くまきちラーメンへ。
まったく、知らないお店だったのだが、一口食べてみると、超美味。

『美味~! 美味すぎる~!!』

アツアツじゃなかったのが、ちと残念だったのだが。。

hokkaido_08

hokkaido_09

hokkaido_14
↑朝穫れいか塩辛@竹田食品販売 ¥1,050
これは、絶対パンと合いそう。。

hokkaido_10

hokkaido_11

hokkaido_12

hokkaido_13
森のいかめし@阿部商店 ¥500
いかが、箸で切れるほど、柔らかくて、ビックリ。
味も、しっかり染みていて、美味。
『ティッチャイバーベ キュー @篠崎公園 』
今日は、ティッチャイバーベキュー
あいにくの雨模様だが、果たして。

titcaithai_1003_01

titcaithai_1003_02
1)さんまのグリル
タイでは、さんまは穫れないそうなので、本日のスペシャル料理(?)。

titcaithai_1003_03
ナムチムタレー(魚介用ソース)
ナムチムチェオ(肉用ソース)


もちろん、タイの辛いソースをかけて。

titcaithai_1003_04
2)ネームピン(ネームの串焼き)
ピリ辛で、劇旨。

titcaithai_1003_5
3)クンピン(海老の串焼き)

titcaithai_1003_6
4)クンチェーナムプラーマムアンディップ(海老のナムプラーソース青マンゴーと共に)

titcaithai_1003_07
5)トムヤムポーテーク(魚介のスパイシースープ)
この魚介の鍋が、ものすごくコクがあって、超美味。
思わず、5、6杯飲んでしまった

titcaithai_1003_08
6)プラームックヤーン(いかグリル)

スープを飲み過ぎて、食べられず。。

titcaithai_1003_09
7)ヌアヤーン(牛肉のグリル)

これまた、スープを飲み過ぎて、食べられず。。

titcaithai_1003_10

titcaithai_1003_11
8)ママのスペシャルゲーンキョウワーンムーサイサトー(サトー豆と豚肉のグリーンカレー)
ちょっと苦みのある、サトー豆は、大きいソラマメって感じで、
翌朝臭さを体感できるというものらしい。。

titcaithai_1003_12
9)ウンプアック(タロイモの2色ゼリー)
なんか不思議な食感で、甘さもほどよく、美味。

titcaithai_1003_13
10)ガイヤーンサムンプライ(鶏肉のハーブ漬けグリル)

titcaithai_1003_14
11)ヤムヌア(牛肉のサラダ東北スタイル)

titcaithai_1003_15
12)ちゃんちゃん焼き?←これは、タイ料理では無いモヨウ。

titcaithai_1003_16
13)センヤイパッシーユー(太麺のしょうゆ炒め)

titcaithai_1003_17
↑May先生と、先生の師匠のママン

titcaithai_1003_18

『アロイ~! アロイすぎる~!!』

外でタイ料理を食べるのは初体験で、テンション上がりまくり。
これは、病み付きになりそうだ。。。

【追記】May先生、料理名教えていただいて、ありがとうございました。
さっそく、使わせていただきました。


ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Laku

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。