おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
07 | 2009/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カレーの店うどん(11)』
● おとうさ~ん!!!さまさまかれー
―ダカーポのおとうさんの一周忌スペシャルカレー

お通夜の日は、ものすごい嵐で、駅に着くまでに全身ずぶぬれ、
おまけに、雷で電車が止まってしまい、閉じ込められること1時間。。
そんな決して忘れることのできない日から、もう1年経ってしまったのか。。
と、感慨しきり。

開始の5分前に到着すると、13席のうち10席位は埋まっている。
やっぱりここに集まった人たちにとって、今日は特別な日なのだ。

udon_0829_01

全員のカレーを一度に作ることはできないので、半分ずつの提供だ。
自分は、ラッキーにも、後半のチームに。
というのも、2時頃に食べた、おおとりの定食のおかげで、
あまり食欲がなかったから。。
1回目の人たちが食べ終わる頃に、ようやく腹が減ってきたのだ。

さすがに、スペシャルというだけあって、ご飯の上には、数々のトッピングが。
未だかつて見たことのない、豪華版だ。
のっているのは、かれーたまご、スパイシー茄子、スパイシー挽肉、
焼きピーマン、焼きトマトなど、まさにオールスターキャスト。

udon_0829_02

カレーは、トマトベースで、具はもやしとトマトいう、
これまた、珍しいコラボレーション。

udon_0829_03

『美味~! 美味すぎる~!!』

が、しかし、お店のメニューとして出す時には、
このままでは、¥2,000以上になってしまうのでは。。
などと、余計な心配をしてしまう、自分であった。。
スポンサーサイト
『おおとり(13)』
● チキンソテー(半ライス)定食 
なんと、8か月ぶりのおおとりへ。
最近、こっち方面に用事が無くなってしまったので、
すっかりご無沙汰してしまった。

1時半過ぎに訪れると、2組のお客さん。
おじさん1人は、ちょうど帰るところだったので、
空いたテーブル席に着席。

例によって、壁に貼ってあるメニューを見まわしながら、
チキンソテー定食をオーダー。
夜は、うどんのスペシャルディナーがあるので、
ごはんは半ライスにしてもらった。

ootori_chickensauter_01

しばらくして、登場したライスを見て驚いた。
半ライスで、こんなに多いの??
丼ほぼいっぱいに入ってるんだけど。。

以前、半ライスにしてもらった時、
これで普通の店の一人前だな、っていう印象があったので、
疑問は残っていたものの、確認もせずに食べだしてしまった。
チキンソテーは、上にかかっているソースが、超美味。
おおとり、オリジナルのソースなのだろうか。
大きさも予想よりでかいし、厚いし、ボリュームも満天だ。

『美味~! 美味すぎる~!!』

ootori_chickensauter_02

ご飯も他のおかずも、全部食べ終わると、超満腹。
これは、どう考えても、半ライスじゃないぞ。
って、今頃確信するなよ、って話だけど。。
案の定、お勘定は、しっかり一人前の料金だった。
お店のお爺さん、以前より耳が遠くなっているみたいなので、
次回からは、もっと大きな声で、オーダーする必要があるようだ。
『リトルマーメイド』
パン
http://www.littlemermaid.jp/

●カレーパン
●めんたい

mentaipan

ここのカレーパンは、いろんな種類があって、
パンが美味いのは、もちろんのこと、カレーもかなり本格的な味わい。
めんたいパンも、ピリ辛で美味。
カレーパンは、新商品もドンドン出るので、今後の新作が楽しみだ。
『冷やしカレーうどん』
株式会社 菊水
麺類及び関連商品の製造・販売
http://www.kikusui-ltd.co.jp/

―キリッと冷やしたうどんにカレーソースを和えて
 お好みの具材を添えて食べる夏にぴったりのメニューです。
 ■北海道産小麦うどん
 北海道産の小麦を使用したもちもちのうどんです。
 ■冷たいカレーソース
 ポーク、チキンの旨みと、りんごのペーストでまろやかさを出した
 風味豊かなカレーソースです。
 お好みで辛味の素を加え、刺激的な夏の味わいをお楽しみください。―

●冷やしカレーうどん

hiyashicurryudon_01

麺もセットになっているタイプ。
これまた、ピリ辛で、なかなかの味わい。

hiyashicurryudon_02

『冷やしカレーうどん専科』
株式会社 菊水
麺類及び関連商品の製造・販売
http://www.kikusui-ltd.co.jp/

―キリッと冷やしたうどんにカレーソースを和えて
 お好みの具材を添えて食べる夏にぴったりのメニューです。―

hiyashicurry_01

麺をゆでて、水で洗って、カレーソースをかけて、できあがり。
簡単にできる割には、なかなかの味わいで、好感触。
あまり食欲が無い日にでも、ゼヒお試しを。

hiyashicurry_02
『ダ・カーポ(5)』
今日は、友人家族が来ることになっていたので、

「鯛うどん」×4
「鯛玉」×2
「鯛やき」×2

を購入。

dacapo_0822_01

鯛やきを食べた子供は、最後のお楽しみの○○○が苦手のようで、
正真正銘のサプライズだったモヨウ。
その後、しばらく放心状態で、天井を見つめていた。。
続きを読む
『カレーの店うどん(10)』
オリジナルカレー
五反田
品川区西五反田2-31-5
http://www18.ocn.ne.jp/~c.udon/

●夏の夜カレー ¥1,000+¥200=¥1,200

udon_0822_01

バタバタしているうちに、どんどん日が過ぎてしまって、
なんとか、ぎりぎりで夏に間に合った。。
という訳で、夏の夜カレー。

udon_0822_02

カレーの表面に浮かんだバジルが、夏らしい爽やかな香り。
ピーマン・ナス・トマトなどの夏野菜の美味さはもちろんのこと、
表面をカリカリに焼かれた鶏肉が超美味。
香ばしくて、ジューシーで、
この鶏肉だけをおかずにして、ご飯を食ってみたいと思うほどだ。

udon_0822_03

『美味~! 美味すぎる~!!』

来週のスペシャルカレーが、ますます楽しみになってきた。
『ソンポーン』
タイ料理
浅草

sp_01

最近一番気になっていたお店に、ようやく行くことができた。
その名は、ソンポーン。お店のママンの名前のようだ。
飲み屋だったところを居抜きで、使っているらしく、カウンター席、5席のみ。

お店に入ると、酒を飲んでいるお父さんが一人。
4人で予約していたので、常連さんがすでに入っていたのだ。
1人増えて、5人になっていたため、
横一列に並ぶことができず、まさに、すし詰め状態。。

まずは、ビールで乾杯。
予約時にオーダーしてあった料理からいただく。

sp_02
↑サイウア
―北の荒挽きソーセージ

豚肉にタックライ(レモングラス)、バイマックルー(こぶみかんの葉っぱ)、
クミンなどが入っているソーセージ。

sp_03
↑ミャン プラトゥー
―焼き魚(アジ)の葉っぱ巻き


sp_04
魚とソーメンに↑ナムジムサームロット(タレ)をつけて、
葉っぱで巻いて食べる手巻き料理。
ナムジムサームロットというのは、タイ定番の調味料らしい。
初めての食感、味わいで、美味。
sp_05

sp_06
↑ヤム タクライ
―レモングラスのサラダ

レモングラスの香りがとてもさわやか。
これなら、いくらでも食べられそうだ。

sp_08
↑パッミー コラート
―コラート地方の焼きそば

パッタイのようだが、ソイビーンズペースト(タオチオ)をたっぷり使っているとのこと。
味噌味が効いていて、普通のパッタイより、美味いぞ!
sp_09

sp_10
↑ガイ パット ガパオ ラーカオ
―鶏挽肉のバジル炒めごはん

こんなに大量にガパオが入ってるのは、初めて。
もしかして、ウチで作る時より、多いかも。。

『アロイ~! アロイすぎる~!!』

満腹になって、軽く酔っ払って、一人当たり、なんと¥2,000。
いろいろ珍しい料理を味わってみたいので、定期的に通いたいお店だ。
『芦屋 七福亭(2)』
そば屋
芦屋
芦屋市船戸町1-25-118 アルパ芦屋1F
http://www.walkerplus.com/kobe/gourmet/DETAIL/V-KOBEX-6RTAH561/

●天カレーうどん ¥1,450

以前食べられなかった、天カレーうどんを食べてみた。
天ぷらうどんって、エビ天だけっていうのが多いと思うのだが、
ここのは、それ以外に、れんこん、なす、しそ、など盛りだくさん。
とても、食べ応えがありそうだ。

shichihukutei_0815_01

まずは、スープを一口。
前に食べた時より、なんか物足りない感じ。
以前と同様、けっこうスパイシーなのだが、コクが足りないのだ。
味が変わったのだろうか?
舌が変わったのだろうか?

shichihukutei_0815_02

期待が大きくなりすぎていたのかもしれないし、
味の好みも変わっていくものだから、仕方ないのだろうが、
前回の感動を、再び味わうえなかったのが、残念だ。。
続きを読む
『土山人』
そば
芦屋
芦屋市川西町7-3 芦屋川ビューハイツ 1F
http://www.dosanjin.co.jp/

● おろしそば(荒挽き田舎) ¥1260
● かきあげすだちそば ¥1680

dosanjin_03

芦屋に人気のそば屋があるということで、行ってみた。
昼過ぎに訪れると、店内はほぼ満席だったのだが、
運よく真ん中の大きなテーブルの端っこに座ることができた。

おろしそばと、かきあげすだちそばを、
細挽きせいろと、荒挽き田舎でオーダー。
店内を見回していると、続々とお客さんが訪れ、
あっという間に、待合スペースは一杯になった。
さすが、人気店だけのことはある。

まずは、すだちそばの登場に、びっくり。
一面に、すだちが浮かんでいて、まったくそばが見えないではないか。
おまけに、汁そばなのに、冷たいっていうのも初めての経験。
喉ごしもやさしく、とても爽やかで、夏にぴったりのそばだ。

dosanjin_02

おろしの方は、太めで、色の濃いそば。
期待がふくらむ。
そばつゆに、薬味を入れて、まずは一口。
とてもコシがあって美味いのだが、
予想したほど、風味や香りが強くないのが残念。
田舎そばにしては、洗練されすぎている感じだ。

dosanjin_01

前の席で、芦屋のお嬢様(?)が食べていた、にしんそばが、
とても美味そうだったので、次回食べてみなければ。
『みっちゃん 新幹線口名店街店』
広島風お好み焼き
広島駅
http://www.chotbit.com/mitchan/blog/4

● S.デラックスそば玉子入(肉・イカ・エビ・イカ天がダブル) ¥1,575

呉観光を終え、広島駅に戻ってきて、向かったのは、
お好み焼きのみっちゃん。
駅ビルの1Fの名店街にあるお店だ。

michan_01

八丁堀にある総本店は、何年か前に行ったことがあるのだが、
ここは、初訪問。
テーブル席はいっぱいだったので、カウンター席に案内された。

メニューは豊富だが、よくよく見ると入っている具の種類によって、
バリエーションがあるようだ。
せっかくなので、全部入っているS.デラックスそば玉子入をオーダー。

michan_02

登場して驚いた。
関西のお好み焼きとは違って、山のように盛り上がっているではないか。
こんなに食えるんだろうか?
途中で、飽きるんじゃないだろうか??
不安が、一瞬よぎる。

まずは一口。
甘みのあるおたふくソースが、美味。
イカ天、えび、そば、などの異なった食感も素晴らしく、
関西のお好み焼きとは、また違った別の食べ物って感じだ。

いろんな食感や、味わいを楽しむことができるので、
最後まで飽きること無く、無事に完食。

『美味~! 美味すぎる~!!』

かなりカロリーが高そうなのは、気になるが、
食べるのは、何年かに一度のことなので、OKってことにしておこう。。
『サワディ レモングラスグリル』
タイ料理
広島/八丁堀
広島市中区堀川町5-2 モーツァルトハウス4F
http://r.gnavi.co.jp/y059500/

●日替わりランチセット ¥890
 日替わりカレー、おかず3種、ライス、
スープ(中華orトムヤムスープ)、コーヒーor紅茶
●パッガパオラーカオカイダーオ~目玉焼きのせバジル炒め~ ¥1,050
―タイ人オーダー率NO1の定番メニュー。
この辛さとバジルの香りは、何回食べても飽きない。
やみつきになるタイ本場の味です!―


12時過ぎに到着したのは、広島。

タイ料理のお店に行くため、路面電車に乗って7分、八丁堀へ。
大きな通りに面しているので、初めてなのだが迷うことなく訪問できた。

ランチメニューを見てみると、
麺類のセットと、日替わりのカレーのセットのみ。
ガパオごはんは無いようだ。
というわけで、日替わりセットと、
単品の、ガパオごはんをオーダーした。

店内にあった人気メニューのランキングを眺めてみると、
1位…トムヤムクン
2位…ゲンキョウワン
3位…プーパッポンカレー
4位…ソムタム
5位…ガイヤーン

とのこと。
ランチメニューにも、ガパオごはんは無かったので、
広島では、残念ながら、あまり人気が無いようだ。

lemongrass_01

lemongrass_02

そんな失望感を感じていると、
まずは、日替わりセット登場。
かなりボリュームがあって、なかなか食べ応えがありそう。

lemongrass_03

lemongrass_04

そして、ガパオごはん。
一目見て驚いた。
パッと見ただけでもガパオが大量に入っているのがわかる。
一口食べてみて、さらに驚いた。
予想以上に、辛くて味わい深いのだ。

『アロイ~! アロイすぎる~!!』

正直言って、ほとんど期待していなかっただけに、
このレベルの高さには、脱帽。
本日のカレー、レッドカレーも、コクがあって超美味。

残念ながら、再訪することはできないかもしれないが、
ディナー候補に、ゼヒとも、リストアップしておきたいお店だ。

『神戸屋レストラン 芦屋店』
ベーカリーレストラン/イタリアン
芦屋
芦屋市大原町16
http://www.kobeyarestaurant.co.jp/

kobeya_01

kobeya_02

まずは、ビールで乾杯。

kobeya_03

●モンテブルチアーノ ダブルッツォ
 <イタリアアブルッツォ州・ミディアムボディ> ¥2,800


kobeya_05
●鱸の炭火焼き バルサミコソース ¥1,890
―鱸の炭火焼に、パプリカ、ズッキーニ、オニオンと
 パプリカのソースで仕上げました。
 季節ごとに代わる夏の魚メニューです。―

淡白なスズキと、濃厚なバルサミコソースが絶妙のコラボ。

kobeya_04
●牛もも肉のカルパッチョ ¥1,690
―薄くスライスした牛肉にサラダを添えました。
 レモンをそのまましぼってお召し上がりください。―

肉はどこにあるのかと思っていたら、なんと丸い皿一面に、
薄切りの牛肉が敷き詰めてあるではないか。。
あまりにも、きれいに並べてあったので、
赤い皿だと思い込んでしまっていたのだ。

まるで、ふぐ刺身皿盛りのような美しい佇まい。
こんなカルパッチョ初めて見た。
見るだけで美味しそうっていうのは、こういうこと。

kobeya_06

kobeya_07

●魚介と野菜のカルトッチョ
↑正式名、値段は、失念。。

エビ、ムール貝、野菜、パスタなどを紙で包んで蒸し焼きにしたもので、
紙の包みを開けると、魚介類の香りがふわ~っと広がる。
トマトベースのコクのある味わいで、これまた超美味。

『ボーノ! ボーノすぎる~!!』

また機会があったら、ゼヒとも他の料理を味わってみたいものだ。

『レストラン桜坂』
某所/某病院
食堂

●カレーライス+サラダ ¥650

所用で、某病院へ。
ちょうど昼時だったので、病院内の食堂に行ってみた。
昼少し前だったからか、まだ、それほど混んでいない。

sakurazaka_01

もっとも、お客さんは、お見舞いの人か、治療に来た人だけだと思うので、
かなり限られているのかもしれないが。

メニューは予想以上にバラエティに富んでいて、
病院らしく、それぞれにカロリーが表示されている。
昨日は、日替わり定食(¥600)を食べたので、
今日は、定番メニューのカレーライスにしてみた。

オーダーすると、おばちゃんが、

「ごはん、大盛りにしますか?」と。

それほど腹ぺこでもなかったので、普通にしてもらった。

sakurazaka_02

数分して、カレー登場。
一目見て、大盛りにしてもらわなかったことを、後悔してしまう。
普通盛りと言っても、場所柄か、ものすごく少ないのだ。
今さら、大盛りにしてもらうのも、大人げないので、
表向きは、冷静を装いつつ、まずは、一口。

sakurazaka_03

おそらく、業務用のレトルトカレーだと思うのだが、
それなりにピリ辛で、なかなかコクもあって、けっこう美味い。
サラダも付いて、この値段だったら、中満足といったところだ。
もしかしたら、大盛りでも同じ値段だったのだろうか。
もう来ることは無いと思うだけに、とても気になってしまう今日この頃だ。
『イーサン食堂(3)』
タイ料理
南林間
大和市南林間2-10-4
http://www.e-3.yokohama.walkerplus.com/

ランチメニュー(AM11:30-PM15:00)←PM15:00って??…
●タイのチキンライス
 スープ+デザート=¥980

2時過ぎに訪れると、3組のお客さん。
相変わらずの人気店だ。
今回は、カオマンガイと決めていたので、迷わずオーダー。
メニューには、チキンライスと書いてあるが、
これは誰が何と言おうと、カオマンガイだ。

e-san_0801_01

数分して、チキンライス登場。
まずは、タレをチキンとごはんの上にかけようと思ったのだが、
見た目が、かなり赤くて、辛そうだったので、
チキンをタレにつけて食べることにした。

e-san_0801_02

これが、大正解。
このタレが、強烈に辛かったのだ。
カオマンガイのタレで、こんなに辛いのは、初体験。
上から全部かけていたら、完食できなかったかも。

が、しかし、辛いのだけど、旨味があるので、
止められなくなってしまうのだ。

『アロイ~! アロイすぎる~!!』

ひとつ残念だったのは、ごはんが一部カピカピになっていたこと。
訪れた時間が遅かったためか、
ジャーに入れてあったと思われるご飯が、硬くなってしまったモヨウ。
次回は、もっと早い時間に行ってみなければ。

e-san_0801_03
続きを読む
『はらドーナッツ』
ドーナッツ
二子玉川
世田谷区玉川3-15-12
http://haradonuts.jp/

hara_01

二子玉川の商店街にお店ができたのは知っていたが、
以前夕方訪れたら、売り切れで、残念ながら買えなかった。。
という訳で、今回、初めて食べる、はらドーナッツ。

hara_02

hara_03

なんか、とても懐かしくて、素朴な味わい。
防腐剤や保存料は一切使用してないという、
安心・安全なドーナッツだからこそ、この滋味を感じることができるのだろうか。
『ムーハウ(3)』
タイ料理
武蔵小杉
川崎市中原区上丸子山王町1-1401
http://www.waiwaithailand.com/muhow/

ランチセット
●カオソイ+ヤムウンセン+サラダ+漬物+デザート ¥900
 (タイカレー風らーめん)
―タイチェンマイの有名なラーメンです。
 ココナッツをベースにしたカレー風仕立ての味です。―

例によって、1:30過ぎに訪れると、家族ずれのお客さんが。
この時間帯では、初めて他のお客さんを見た。
おまけに、以前はいなかったお母さんがホールを担当している。
新しい、お店の人かと思っていたら、
しばらく働いた後、

「じゃ、またね」

と帰ってしまった。
どうやら、ママンの知り合いのお母さんが、お店を手伝っていたらしい。
相変わらず、全く予想外の出来事が、普通に起こるお店だ。

と言うわけで、今回は、麺類を食べるつもりだったので、
カオソイをオーダー。
いつも通り、新聞を読んでいると、カオソイ登場。

揚げた麺がうず高く盛られていて、なかなか美味そうな見た目。
一口スープを飲んでみると、ちょっと濃い。
まあ、麺と一緒になるとちょうどいいのかと思って、
麺をすすってみると、やっぱり濃い。

muhow_0726_01

ココナッツミルクが効いていて、それなりに辛くて、
なかなか美味いんだけど、自分にとっては、濃厚すぎるのだ。
麺自体はムチムチしていて、なかなかだったので、
今度は、クイッティオ(米粉で作られた麺)を食べてみるつもりだ。

次回は、どんなサプライズがあるのか、今から楽しみだ。

muhow_0726_02
↑やっぱり美味い、ガパオごはん。
続きを読む
『ハムからしマヨネーズ』
Pasco
http://www.pasconet.co.jp/

●ハムからしマヨネーズ ¥118

hamkarashi_01

デニッシュ生地の表面にこんがり焼けたチーズ、
中にはスライスハムとからしマヨネーズがサンドされている。

hamkarashi_02

オーブントースターで、温めて食べてみると。
サクサク、ピリピリ。
食感も良く、ピリ辛で美味しいんだけど、個人的には、
もっと辛い方がパンチが出てより美味くなると思うのだが。。
今度は、あらびきマスタードをつけて食べてみることにしよう。
『Pasco カレーパン』
Pasco
http://www.pasconet.co.jp/index.html

●カレーパン ¥118

―じっくり煮込んだ国産野菜使用のカレーを包みました。―

cp_pasco_01

辛さは、ほとんど無いけれど、国産野菜を使ったというカレーは、
野菜の甘みが程よく、とても味わい深くて美味。

cp_pasco_02

ノンフライというのも、油っぽくなくて、高ポイント。
予想以上に、美味しくて、とても完成度の高いカレーパンだ。

『柿の種 わさび』
亀田製菓
http://www.kamedaseika.co.jp/

―爽やかな辛さの安曇野産本わさびから作った
 粉末わさびで味付けした柿の種です。
 新しい味の柿の種をお楽しみ下さい。―

kakiwasa_01

kakiwasa_02

鼻に抜けるわさびの辛さが、秀逸。
普通の柿の種とな違った、刺激が味わえるのだ。
いつもとは、チョット違うサプライズを求めたいあなたには、
ものすごく、オススメの柿の種だ。
『塩キャラメル蒸しケーキ』
Pasco
http://www.pasconet.co.jp/

―生クリームを入れたキャラメル生地にアルペンザルツを
 加えた甘しょっぱい蒸しパンです。―

―アルペンザルツは、ドイツアルプス山脈のふもとにある
 バート・ライヒェンハルの岩塩層から作られました。
 この岩塩層は、2億5千万年前に形成され、カルシウムやマグネシウムを始めとする、
 天然のミネラルが含まれています。―

アルペンザルツという岩塩は、スゴイ塩らしい。
調べているうちに、塩キャラメルより、
この塩の方がものすごく気になってしまった。

shiocaramel_01

shiocaramel_02

塩はともかく、パンの生地にキャラメルが練り込まれているので、
それほど甘くなく、あんまり甘いのは苦手な自分でも問題なし。
蒸しパンの食感も、素晴らしく、なかなか美味。
『ちくわパン』
フジパン
http://www.fujipan.co.jp/

●ちくわパン ¥118

―チーズ味のマヨネーズが入った
 ちくわをまるごと入れたパンです。―

すごいパンを見つけてしまった。
なんと、『ちくわパン』。
マヨネーズが入ったちくわが、パンの中に入っているという。

chikuwa_01

なんで、パンの中にちくわを入れようと思ったんだろう。
どう考えても、パンとちくわの取り合わせって、聞いたことも無いし。
合わないことは無いだろうけど、
正直言って、一緒に食べようとは、誰も思わないのではないだろうか。

chikuwa_02

と言う訳で、ものすごく気になって、買ってみた。
トーストしてから、一口食べてみると、
ソーセージのような食感で、なかなか美味いではないか。

ってことは、言い換えると、
ちくわじゃなくても、ソーセージでOKってことなんだよな。。
30%引きになってたってことは、あまり人気がないのかな。
ちくわとパンって、やっぱり違和感を感じる人が多いのかもしれない。


ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Laku

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。