おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
10 | 2008/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『チャンサイアム』
タイ料理
八幡山
杉並区上高井戸1-1-10
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/328557/

●ランチセット
 ガパオセット(ガイ 又は ムー) ¥850
 カオ・マン・ガイ セット ¥850

changsiam_01

changsiam_02
↑チャーン ¥500
 えびせんべい


えびせんべいは、ビールに合う合う。
チャーンが、¥500というのも、ウレシイ料金。

changsiam_03
↑生春巻き、トムヤムクン味のスープ

生春巻きは、一口サイズのものが、2つ。
これまた、ビールのつまみに最適だ。
トムヤムクン風のスープも、超美味。

changsiam_04
↑ガパオごはん

たまねぎ、ピーマンなどが入ったガパオごはん。
大量に、ガパオが入っていて、かなりの美味。
ごはんも、しっかりタイ米だし、
ボリュームもけっこうあるので、大満足だ。
テーブルにセットされている、
プリックナンプラーをかけると、さらに好みの味わいに。

『アロイ! アロイすぎる!!』

changsiam_05
↑カオ・マン・ガイ セット
鶏肉と、そのタレは美味しいのだが、
ごはんは、あまり味がついていなくて、チト残念。

カオマンガイは、残念ながら、物足りなかったが、
ガパオは、ストライク!
ゼヒとも、他のメニューも味わってみたいものだ。

※デジカメ不調につき、携帯で撮影したため、
 修正不能なほど、ボケボケな画像がありますが、ご了承くださいませ。
 ちなみに、カードを買い替えたので、次回からは、ご心配なく。。
スポンサーサイト
『荻窪ドミナス』
ワインレストラン
荻窪
杉並区荻窪 5-16-23 リリーベル荻窪B1F
http://www.dominus.jp/

●ジビエを食べる会

ジビエとは、狩猟によって得られた野生の禽獣、もしくはその肉のこと。
鴨とか、エゾ鹿は食べたことがあるが、果たして今日はどんな肉が。。

dominus_01

dominus_02
↑豚のテリーヌ
 豚肉のリエット
 スモークサーモン
 鹿のスモーク
 バケットは豚肉のリエットと言うペーストと共に。


dominus_03

dominus_04
↑蝦夷鹿のロースト
血の入ったソースとリンゴなどのピューレの味わいが絶妙。
肉も、ほとんどクセを感じなく、美味。

dominus_05
↑イノシシの煮込み
これは、言われなければ、ホント豚肉って感じ。

dominus_06
↑「鶉(ウズラ)のロースト」
うずらって、今まで、卵しかお目にかかってなかったのだが、
初めて、お母さんとの出会いが。
けっこう癖があるが、とても美味。

dominus_07
↑「山鳩のロースト」
チョット癖があるけど、鼠先輩ほどクセは無いかも。
レバーのような食感で、なかなか美味い。

dominus_08
↑雷鳥
臭いに鈍感な自分でも、これは二度と食べないかも。。
美味しいんだけど、この臭いは、チョットって感じ。

dominus_09
↑うずらと、鳩の、みなさん
特別に見せていただいたのだが、食べる前に見なくて良かったって感じ。。
『海老名パーキングエリア(下り線)のメロンパン』
ebina_01

ebina_02
↑いただきものの、『ぽるとがる』のメロンパン。
かなり有名なメロンパンらしく、とても美味いのだが、
自分にとっては、なんか普通な感じ。
メロンパンには、特に思い入れが無いからだと思うが。。

ebina_03

ebina_04
↑同じく、お店不明のカレーパン。

こっちは、全く期待していなかったのだが、
予想以上に辛くて、ものすごく味わい深くて、超美味!
海老名パーキングエリア(下り線)に行かれた方は、ゼヒお試しを。
『東京ダサイン カレーフェスティバル』
dasain_01

ダサインとは、ネパール最大のお祭り。
ネパール、スリランカ、バングラデシュ、など各国のカレーが、
食べられるとのことで、外語祭の後に、突撃。

dasain_023
↑スリランカ料理、ディアダハル
●まぐろカレー ¥500


ココナッツミルクの、ほのかな甘さが絶妙。
ゼヒともお店に行って、しっかり味わってみたい一品だ。

dasain_03
↑スリランカ料理、ディアダハル
●キーマカレー ¥500

エベレストダイニング
●アルアチャール(じゃがいものネパール風和えもの)
●チョエラ(焼肉)
●モモ(蒸し餃子) ¥300円

ルーシー&リア
●マトンカレー ¥500


お店のカレーだけじゃなく、家庭のカレーを味わえるのが、
他のイベントとは、チョット違うところ。
外語祭で食べた後で、あまり腹が減っていなかったため、
しっかり食べられなかったのが残念無念。
来年は、このイベントメインで訪れてみたいものだ。

『東京外国語大学 第86回 外語祭』
収穫祭のリベンジと、向かったのは外語祭。
東京外国語大学の学園祭だ。

gaigosai_01

gaigosai_02

gaigosai_03
↑まずは、タイ語学科のタイ料理。

●グリーンカレー ¥300
ちょっと、"はぴいさん、しょっぺーよ!"だけど、
なかなか、辛くて、コクがあって、美味。

gaigosai_04

gaigosai_05
↑ドイツ語学科のドイツ料理。

●ソーセージ4種盛り合わせ ¥500

それぞれ、味わいが違って、プリプリで美味。

●ジャーマンポテト ¥200
―超有名なドイツ名物★
 ほこほこのジャーマンポテト!
 あったかくて幸せ気分味わえます―

塩加減が絶妙で、ビールのつまみに最適!

●ザッハトルテ ¥300
―オーストリアの代表的なチョコレートケーキ。
 アンズジャムが間に挟まってます。
 チョコレートケーキの王様と呼ばれてます!美味★―

程よい甘さで、超美味。
長蛇の列になってるのも、納得の一品だ。

gaigosai_06
↑チアリーダーの、皆さん。

gaigosai_07

gaigosai_08
↑ベトナム語学科の、ベトナム料理。

●フォー ¥300

コクがあって、なかなかの味わい。

gaigosai_09
↑チェコとポーランドのスイーツ

さすが、外語大だけあって、いろんな国の料理が食べられるのが、
特筆すべきところ。
それも、どれも、かなりのレベルの高さに驚かされた。
ゼヒとも、来年も訪れたい、学園祭だ。
『すらさ(SURASA)(5)』
スリランカ料理
溝の口
川崎市高津区下作延236-3 ラ・フロリダ1F
http://www16.plala.or.jp/sesathe/index.html

surasa_1123_0
↑ボストン美術館浮世絵名品展を鑑賞。
本物の浮世絵に感動して、テンションが上がったまま向かったのは、
スリランカ料理の名店すらさ。

今回も、一人当たり¥2,000でシェフにおまかせコースだ。

surasa_1123_02
↑デビルドポテト
けっこう辛いのだが、とても奥深い味わい。

surasa_1123_03
↑グリーンサラダ

surasa_1123_04
↑エッグロティ
これは、初めて食べる、ロティ。
卵がトロトロで、素晴らしい食感だ。

surasa_1123_05
↑煮干しとネギの炒め物
なんか、和食のような絶妙の味わい。

surasa_1123_06
↑サツマイモのカレー
サツマイモの甘みが広がる、とてもやさしい味わいの絶品カレー。

surasa_1123_08
↑ピットゥ
赤米を使って作ったとのことで、赤飯色。

surasa_1123_09
↑ロティ

surasa_1123_10
↑サンマのカレー
スリランカには、サンマは無いようなので、
シェフのオリジナルカレーとのこと。
これがまた、やさしい味わいで、超美味。

surasa_1123_11
↑コートロティ
ロティを刻んだものを、野菜などと炒めた料理。

surasa_1123_12
↑パリップ(豆のカレー)
とても、まろやかな味わい。

surasa_1123_13
↑ワダラッパン
スリランカ風プディング

surasa_1123_14
↑セイロンティー

『ラサイ~! ラサイすぎる~!!』

おまけに、シェフのスサンタさんからのサプライズで、
いつも、シェフが食べている辛さの一品をサービスでいただいた。
こ、これが、一口食べた時には、それほどでもないのだが、
しばらくすると、強烈な辛さが襲ってくるシロモノ。
舌が痺れまくって、何も食べられないどころか、
犬のように舌を出しておかないと、いられないほどなのだ。
全員悶絶したことは、いうまでもない。。

何回訪れても、新しい驚きと、感動を味わえるお店。
いつまでも、通い続けてみたいと思う。
『青柳食堂 (3)』
残念ながら、2013年3月に、閉店したモヨウ

定食・食堂
高津
川崎市高津区二子5丁目11-4
http://r.tabelog.com/kanagawa/rstdtl/14011527/

●焼き鮭定食 ¥630

突然、和定食が食いたくなって、青柳食堂へ。
魚が食べたかったので、サケをオーダーした。

aoyagi_1122_01

5分ほどで、定食登場。
まずは、サケを一口。
ものすごく、フンワリしていて、美味。

副食群も、切り干し大根の煮物、サツマイモ・ナスの天ぷら、
ほうれん草、漬け物と、盛りだくさん。
これで、¥630なのだから、大満足だ。
相変わらず、味噌汁がぬるめなのが、気になるところだが、
この温度が、ここのデフォルトなのかもしれない。。

aoyagi_1122_02



続きを読む
『モンティ(MONTEE)(2)』
タイ屋台メシ
浅草
台東区浅草1-1-12
http://www.tctv.ne.jp/montee/

モンティで、待望のディナー。

montee_1121_01
↑プラー ナムトック(揚げた白身魚のスパイシーハーブ和え) ¥820
ものすごく香ばしくて、美味。

montee_1121_02
↑ソムタム(青パパイヤのサラダ) ¥820

montee_1121_03
↑ムータッカイ(豚挽き肉のレモングラス和えレタス包み) ¥890
これが、以外に辛くてビックリ!

montee_1121_04
↑コームーヤーン(スパイシーなタレを付ける 豚トロ) ¥840
こりこりした食感が、絶妙。

montee_1121_05
↑カイ・チォ・ムー・サップ(タイ風オムレツ豚挽き肉入り) ¥590
これまた、まったく予想していなかった辛さで、驚愕。

montee_1121_06
↑ゲーン・ペッ・ガイ(鶏肉のレッドカレー) ¥700

montee_1121_07
↑ガイ・パッ・ガパオ・カイダーウ(鶏挽肉メシ目玉焼き乗せ) ¥890
このガパオご飯は、超ツボ。
辛くて、臭くて、チョット甘くて、ものすごい自分好みの味わいだ。

montee_1121_08
↑混ぜ混ぜした、ガパオご飯。

montee_1121_09
↑ゲーン・キョーワン・ガイ(鶏肉のグリーンカレー) ¥700

montee_1121_10
↑カオマンガイ

このお店は、味わいも、雰囲気も、超本格派。

『アロイ~! アロイすぎる~!!』

他のメニューも気になるので、ゼヒとも再々訪したいお店だ。

▼おまけ
montee_1121_11
↑携帯を片手に、密会する怪しげな女子の皆さん。

montee_1121_13
↑な、なんと、カット¥700って。。
続きを読む
レトルト:『ふらんす亭』
レトルト

francetei_01

ステーキとカレーを主力商品としたチェーン系レストラン
お店はよく見かけるが、実はまだ入ったことが無く、
レトルトを先に食べることになってしまった。

francetei_02

いわゆる、王道の欧風カレーで、
辛さはあまり無いのだが、タマネギの甘みがほどよく、美味。
欧風独特の、しつこさも感じず、とても爽やかな味わいだ。

これは、予想以上に美味しいカレーだ。
ゼヒ一度、お店に行って、じっくり味わってみなければ。


『ゲウチャイ 江東橋店』
タイ国料理
錦糸町
墨田区江東橋2-15-4
http://www.keawjai.com/website/home/home_jap.html

●トードマンクン(タイ式海老のさつま揚げ) ¥1,200
●クェティオパッキーマオタレー(辛味シーフード五目焼きビーフン) ¥1,200
●カオカパオガイ(鶏肉のバジル炒めライス) ¥1,200

vermeer_01

上野で、フェルメール展を観た後、
錦糸町の、ゲウチャイ 江東橋店へ。

keawjai_1116_01

keawjai_1116_02

去年、移転してリニューアルオープンしただけあって、
すごくキレイで、オサレな雰囲気だ。

keawjai_1116_03
↑トードマンクン
このソースが、くせ者。
ハチ蜜に、酢が入ったようなもので、ものすごく微妙な味わい。
これは、プリックナンプラーをかけた方が、美味いぞ。。

keawjai_1116_04
↑クェティオパッキーマオタレー
辛さは、それなりだが、
とても奥深い味わいで、美味!

keawjai_1116_05

辛さは、ほとんどないので、プリックナンプラーをかけると、
絶妙の味わいに。
それにしても、このプリックナンプラーの辛さはハンパじゃない。
ワンスプーンで、味わいが激変するのだから、驚きだ。

『とろ~りガイパットガパオ風』
USHIZOさんから情報をもらって、ファミリーマートに突撃。
さっそく食べてみたのだが、予想通りそれなり。。
という訳で、おまけくらいの扱いにしようと思っていたのに、
思いっきり挑発されてしまったのでw、ちゃんと書くことにした。

gapao-fu_01

ガパオ風ってことなので、別に何の問題も無いし、
"鶏そぼろおにぎり半熟卵付き"、って思えば、それなりに美味い。
ちなみに、ナンプラーをかけてみたら、よりそれっぽくなったので、
持っている方は、ゼヒお試しを!

gapao-fu_02

正直言って、味わいは、可もなく不可もなくという感じで、
ガパオはかけらもなく、ニラのようなものが入っているだけ。
が、しかし、コンビニのおにぎりに、
"ガイパットガパオ風"が出てくるとは思ってもいなかったので、
それだけで、ガパオごはんフェチとしては、感涙ものだ!

『ウレシイ! ウレシすぎる~!』

できれば、第二弾は、しっかりガパオを使った、
"とろ~り ガイパットガパオ本物"を作ってもらえると、
もっともっと、嬉しいのだが。。

今度ガパオご飯を作った時に、本物のガパオおにぎりを、
作ってみるつもりだ。
『バーンリムパー』
タイ料理
新大久保
新宿区百人町1-5-1
http://www.baanrimpa.net/

ランチメニュー
●ムーパップリックタイダム(豚肉の黒こしょう炒め) ¥680
 +ごはん、スープのセット ¥160=¥840

baanrimpa_01

baanrimpa_02

baanrimpa_03

ロイカトン祭で、ガパオご飯を食べて、超美味だったので、
アジアスーパーストアに行く前に、お店に寄ってみた。

この間、ガパオご飯を食べたので、
今日は、今まで食べたことの無い料理にしようと思い、
ムーパップリックタイダムをオーダー。

baanrimpa_04

baanrimpa_05

baanrimpa_06

なんか、中華のような味わいなのだが、
ものすごく美味くて、KO状態。

これは、ゼヒとも、ディナーで、色んな料理を味わってみなければ。
ということで、ディナー候補、またまた発見!
近いうちに、再訪したいものだ。

『カレーパーティ(11)』
今回も、タイ料理。

CP_1115_01

●タイ焼きそば  サイアムヤマモリ
―パッタイは「タイを炒める」という意味。
 タイを代表する麺料理で、屋台でも人気のメニューです。
 モチモチの麺とシャキシャキの野菜に甘酸っぱくて、
 香ばしいソースが絡み、
 一度食べたら忘れられない絶妙なおいしさです。
 砕いたピーマンやレモン果汁をトッピングすると、
 より本格的な味が楽しめます。―

CP_1115_02

チョット炒めすぎて、香ばしくなりすぎてしまった。。
いきなりの失敗。
先行きが、やや不安に。。

●パットガパオ・ラート・カーオ(ガパオご飯)
この間習ったガパオご飯
今回も、自分好みの味を求めて、少し調味料の量と割合を変えて試してみた。

CP_1115_03

一口食べてみると、けっこう辛くて、ほのかに甘くて、臭くて、超美味。
他の人にも、かなり評判が良くて、少し気を取り直す。

●ゲーンキョウワン(グリーンカレー)
カレーペーストを使って、初めてゲーンキョウワンを作ってみた。
試食してみると、甘み、辛さ、コクが足りなかったので、
砂糖、唐辛子、鶏がらスープを追加。
これが、大正解。

CP_1115_04

CP_1115_05

『アロイ~! アロイすぎる~!!』

ほとんど、自画自賛状態だが、美味いもんは美味いのだ。
約一名、辛いのが苦手な人には、チョット辛すぎたようなので、
次の日、大丈夫だったのか、心配なところなのだが。。

CP_1115_06
↑フルーツの皆さん

CP_1115_07
↑いただいた、有名店のロールケーキ。
お店の名前聞いたけど、忘れた。。
程よい甘さで、超美味!

参加していただいた皆さん、ありがとうございました。
また、開催する時にも、よろしく!
『タッチオブスパイス(Touch of Spice)』
ハーブ&スパイス タイキッチン
新宿
新宿区新宿3-28-10 ヒューマックスパビリオン4F
http://www.erawan-jp.com/

ランチメニュー
●チェンマイ名物カレーヌードル ¥850
●鶏挽肉のバジル葉炒めフライドエッグ添え ¥1,050

tos_01

tos_02

tos_03
↑広々としていて、とても豪華でオサレな店内。

tos_04

エラワンの新業態という、
<ハーブ&スパイス>がテーマのお店、タッチオブスパイス。
全く知らなかったのだが、偶然遭遇したので、入ってみた。

エレベーターを上がってドアが開くと、そこはもう店内。
とても広くて、オサレで、ものすごくいい雰囲気だ。
いきなり、好感触。

tos_05

tos_06
↑チェンマイ名物カレーヌードル(カオソイ)
いわゆる、普通のカオソイとは違って、汁が少ないタイプ。
汁が無い分、チョット濃い感じ。

tos_07
↑鶏挽肉のバジル葉炒めフライドエッグ添え(ガパオご飯)
辛さ控えめで、上品な味わい。
美味いのだが、自分的には、もっとパンチが欲しいところだ。
今度は、辛口でオーダーしてみたい。

tos_08
↑ファックトーンブゥワット(カボチャのココナッツミルク煮)
程よい甘さで、美味。

とても洗練されたお店なので、カップル(←死語?)には、オススメ!
なんと平日のランチは、タイカレー&ヌードル食べ放題(¥880)とのこと!
近くの方は、ゼヒ一度お試しを!

『白身魚のフライ・カレー味』
やはり、揚げ物に、カレードレッシングは最適。
スパイシーな味わいになるので、
あまり、脂っこさを感じなくなるのだ。

shiromizakana_01

最近、揚げ物は得意ではなくなっているのだが、
これなら、まったくNo問題!
揚げ物が苦手な方も、ゼヒ一度お試しを。

shiromizakana_02

『ロイカトン祭』
小雨振る中、訪れたのは、ロイカトン祭。

loikatong_1109_01

まずは、会場を一回りして、
もちろんチョイスしたのは、ガパオご飯。

loikatong_1109_02
バーンリムパー

●ガイガパオ ¥500

なかなか辛くて、ガパオもしっかり入っていて、超美味。
ど真ん中ストライクの、ガパオご飯だ。
何度も、お店の前を通ったことがあるのだが、
未訪問なので、近いうちに行ってみなければ!

loikatong_1109_03

そして、次は、麺類。

loikatong_1109_04
モンルータイ

●トムヤムラーメン ¥500

クィッティオ・ムーをオーダー。
豚肉ラーメンと書いてあったので、
そう言ったところ、出てきたのは、トムヤムラーメン。。
なんて、滑舌が悪いんだろう。。
違うって言っても、伝わらないだろうと思ったので、
おとなしく、トムヤムラーメンをいただいた。

スープを飲むと、とても味わい深くて美味いのだが、
麺には、絡まないので、なんか、薄い感じ。

loikatong_1109_05

loikatong_1109_06
↑灯籠流しの、デモンストレーションも。

あいにくの雨模様の天気だったが、予想以上のお客さん。
来年以降の展開が楽しみだ。

『OXYMORON(オクシモロン) (3)』
CURRY AND TREATS
鎌倉
鎌倉市雪ノ下1-5-38 2F
http://www.oxymoron.jp/wordpress/

●エスニックそぼろごはん ¥1,200
●カレーパイ(辛口) ¥600
●焼きリンゴ ¥600

oxymoron_1108_01

oxymoron_1108_02
↑チャイ

oxymoron_1108_04

この間一口だけ食べた、エスニックそぼろが、
ものすごく香ばしかったので、今日はじっくり味わってみた。

『美味~! 美味すぎる~!!』

oxymoron_1108_03
↑和風キーマ
これまた、確実にパアーアップしていて、超美味。

oxymoron_1108_06
↑焼きリンゴの皆さん

oxymoron_1108_07
↑アップルパイの皆さん

oxymoron_1108_08
↑カレーパイの皆さん
辛口もでたとのことで、超期待大!!
まだ、食べてないので、詳細は、後日。。

oxymoron_1108_09
↑焼きリンゴ
ものすごくトロトロに焼き上がっているのだが、
リンゴの食感もしっかり残っていて、絶妙の味わい。


『ブルーパパイヤ(BLUE PAPAYA)』
タイ料理
神田
千代田区鍛冶町2-8-1
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/357060/

●セットメニュー
 ガパオガイ+ソムタムタイ+トムカーガイ ¥880

bluepapaya_01

bluepapaya_02

エスニカンさんの記事で、ものすごく気になっていたお店に初訪問。

もちろん、ガパオご飯のセットをオーダーした。
セットは、サラダ、スープが選べるので、
サラダは、ソムタムタイ(青いパパイヤのサラダ)、
スープは、トムカーガイ(チキン入りのココナッツミルクスープ)をチョイス。

bluepapaya_03

5分ほどで、セットが登場。
ランチタイムと違って、ちゃんとお皿に入って出てきた。
メインの料理は、普通の食器による提供のようだ。

まずは、トムカーガイを一口飲んでみると、
程よい甘さで、とてもコクもあって、美味。

そして、ソムタムタイ。
それなりに辛さもあって、これまた、本格的な美味さだ。

bluepapaya_04

いよいよ、真打ちのガパオご飯。
ガパオもそれなりに入っていて、味わい深くて、美味!
このガパオご飯が、単品だと¥550で食べられるというのは、
とても信じられない。
神田近辺にお住まいの方、お勤めの方が羨ましい限りだ。

他にも気になるメニューが、いろいろとあるので、
全メニュー制覇をめざして、通ってみたいと思う。
『東京農業大学 収穫祭』
東京農業大学 収穫祭に初参戦。

●ガイパッバイガパオ(ガパオご飯) ¥400
●フォー ¥300
●ボーズ ¥300

harvest_01

harvest_02

harvest_03
↑ガイパッバイガパオ(ガパオご飯)
タイ留学生による、タイ料理。
なんと、ガパオご飯があったので、もちろんオーダー。
ところが、鶏肉が親子丼の鶏のようにでかくて、ツユダクで、
なんか丼モノのよう。
ホントに、タイ人が作ったのだろうか。。

グリーンカレーも、普通に美味いのだが、
なんか、物足りない感じだ。

harvest_04
↑なんと、豚の丸焼き!

harvest_05

harvest_06
↑フォー
ベトナム留学生による、ベトナム料理。
定番の、フォーを頼んでみたのだが、
これは、味が薄すぎ。
ナンプラーを入れたら、その味しかしないんだけど。。

harvest_07

harvest_08
↑ボーズ
モンゴル料理。
焼売のような、水餃子のような一品。
蒸し上がると、あっという間に売り切れになる、人気ぶり。
これは、なかなかの味わい。

普通の大学には無い、エスニック料理が楽しめるのは、
とても嬉しいのだが、
せっかく自分の国の料理を紹介できるいい機会なのだから、
もっと気合いを入れて、うまい料理を提供してもらいたい、
というのが、正直なところ。
『ティヌーン 銀座店』
タイ料理
中央区銀座5丁目1番先 GINZA 5 B1
http://www.tinun.jp/

●ガイ・ガパオ・ラー・カオ(豚挽肉バジル炒めのせゴハン) ¥950

tinun_01

tinun_02

tinun_03

tinun_04

それなりの辛さで、ガパオもそれなりに入っていて、
なかなかの味わい。
ただ、自分的には、少し甘みがある方が好みなので、
チョット好みとは違う感じなのだが。。

tinun_05

平日のランチなら、¥850で食べられるので、オススメ。
次回は、他の料理もしっかり味わってみたいものだ。


カレールウ:『奄美カレー(中辛)』
カレールウ

http://www.oisix.com/ShouhinShousai.00013230.o.htm

―奄美大島で栽培されてうこんをはじめ、原材料の
 小麦粉、豚脂、砂糖、りんごは全て国内産を
 100%使用しています。―

●奄美カレー(中辛) ¥450

amami_01.jpg

レトルトかと思っていたのだが、
よくよく見ると、フレーク状のカレールウのようで、
肉、野菜などを入れて、煮込むタイプのものらしい。
という訳で、肉と、ジャガイモ、タマネギ、ニンジンを用意して、
さっそく作ってみた。

amami_02

途中で味見をしてみると、辛さがほとんどなく、
スパイシーでもないので、
チリペッパー、カルダモンなどのスパイスを大量に投入。
これでなんとか、自分好みの味わいに。

って、これじゃ、本来の味がわからないじゃん。
作るタイプのものは、自分でアレンジできるところが、
プラスでもあり、マイナスでもありという感じだ。
『ムアン・タイ・なべ/メナムのほとり』
タイスキレストラン
神保町
千代田区神田神保町2-13 西塚ビル1~2F
http://www.westindia-group.com/index.php

●グリーンカレー ¥500

あるお店に行くと、年中無休のはずなのに、
シャッターが閉まっていて、
お休みします。との貼り紙が。。

気を取り直して、最近気になっている神田の店に、
急遽向かったところ、なんと日曜祝日はお休み。。

と言う訳で、泣きながら(心の中で…)、ふらふらと神保町に向かった。
と、神保町ブックフェスティバルが開催されていて、
すずらん通りは、ものすごい人、人。

muangthai_1102_01

なんとか人混みをすり抜けて、ムアン・タイ・なべに到着すると、
お店の前でカレーや、麺類などを販売しているではないか。
苦節2時間、ようやくタイ料理を食べることが。

muangthai_1102_02

muangthai_1102_03

ココナッツミルクの程よい甘さと、
それなりの辛さのバランスが絶妙。

次回は、ガパオご飯を味わってみなければ。。

続きを読む
『メースィールアン(3)』
タイ料理
田無
西東京市南町5-5-1
http://www.maesriruan.com/

芸祭を堪能した後は、田無のメイスィールアンへ。

maesriruan_1101_01
↑ヤム・ウン・セン(春雨サラダ) ¥735
こんな辛いヤムウンセンは、初めて。

maesriruan_1101_02
↑パッ・ネン・クン(えびのレッドカレー炒め) ¥945
これは、辛さは全くないのだが、
ものすごく、深い味わいで、超美味。

『アロイ~! アロイすぎる~!!』

maesriruan_1101_03
↑カオ・スワイ(カオ=米、スワイ=美しい →白米)
なんで、ハート形なんだろう??

maesriruan_1101_04
↑石焼きパッカパオ(石焼きガパオご飯) ¥1,575
前に食べたのと、チョット違うぞ。
美味しいんだけど、なんか足りない感じ。

これは、もう一度、確かめにこなければ。。
続きを読む
『ムサ美 ゲイ祭のタイ料理』
久しぶりに、ムサ美の芸祭に行ってきた。
芸祭=芸術祭で、ゲイのお祭りではないので、あしからず。

おそらく、10年ぶりくらいの訪問。
以前は無かった建物もできていたり、
もうすっかり、浦島太郎状態だ。

geisai_01

と言う訳で、一回りしてみると、タイ料理の模擬店を発見!
もちろん、入ってみた。

geisai_02

タイカレー(¥400)を、オーダー。
待つこと10分。
登場して驚いた。
なんと、お椀に入っているではないか。
テーブルにも、スプーンじゃなくて、箸がセットされている。

geisai_03

てっきり、ご飯だと思っていたのだが、
なんと、カレーの中に入っていたのは、麺。
それも、フォーのような細い麺だ。
カノム・チーン(お米でできたそうめんのような麺)なのだろうか??
お姉さんに聞いても、おそらく分からないと思ったので、
聞かなかったのだが、聞いてみれば良かった、と後悔しきり。。

geisai_04

ココナッツミルク味で、それなりにタイカレー風。
まずまず、美味いのだが、ナスが半生なのは、ちょっとね。
ナスを一緒に煮込むと、白いスープが濁ってしまうので、
焼いて別に入れたんだと思うけど、
もうちょっと焼いてもらわないと、硬すぎだってば。。

geisai_05
↑美大なので、こんな芸術的な展示も。

geisai_06
↑以前は無かった、美術館のような施設もできていて、超ビックリ!

geisai_07
↑なんで、美大でプロレスやってんだか??



ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。