おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
06 | 2008/07 | 08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『珠玉(SHUGYOK)』のメニュー
s_Chicken.jpg

インド風チキンカリー


リンク復活させました!

オリジナルカリー
二子玉川
世田谷区玉川3-5-7
http://www.shugyok.com/

昼はカレー屋、夜はバーになる珠玉。
二子玉川の隠れ家的な、超オススメのお店!


2008年10月17日(金)、
鎌倉、小町通りに、OXYMORON(オクシモロン)として、生まれ変わりました。



珠玉時代の、
【定番のカリー】
●インド風チキンカリー
●和風キーマカリー
●スリランカ風マトンカリー

【本日のカリー】
●春きゃべつのとりそぼろカリー
●豆とポークのトマトカリー
●豚肉とはくさいのマイルドカリー
●エスニックそぼろごはん
●サグチキンカリー
●ベトナム風 チキンカリー
●ミネストローネカリー
●大根カリー
●ニンニクの芽とじゃがいも入りとりそぼろカリー
●豚バラ肉のスープカリー
●枝豆とじゃがいも入りとりそぼろカリー
●茄子とひき肉のカリー
●大豆と空心菜入りとりそぼろカリー
●8種の野菜とポークのスープカリー
●まめまめカリー
●ベジベジカリー ←撮影していないモヨウ…
●カポナータカリー
●和風長ネギカリー
●豚とゴーヤのカリー
●ゴーヤともやしのキーマカリー
●じゃがいもとオクラと豚のカリー
●チリコンカンカリー
●ヤサイゴロゴロカリー
●菜の花とりそぼろカリー
●ゴボウと豆の豚カリー
●菜の花とベーコンのカリー
●欧風とろとろ牛すじカリー
●キャベツと豆の豚カリー
●トマトチキンカリー
●ひき肉ともやしのスープカリー
●とりとキャベツのカリー
●オクラとなすのとりそぼろカリー
●豆と豚のカリー
●かぶときのことひき肉のカリー
●塩豚とキャベツのスープカリー
●ゴーヤと豆腐のカリー

◆珠玉:Final
スポンサーサイト
珠玉:Final
ついにその日が来てしまった。

syugyok_final_01
↑11:25 早めに到着すると、外には7,8人の行列が。

syugyok_final_02

syugyok_final_03

syugyok_final_04
↑11:30 最終日、オープン。
 店内に入ってみると、常連のTeruさん、JUNさんが
 すでに入り口そばのソファーに。。
 行列ができる前に、入店されていたらしい。恐るべし。。

syugyok_final_05

syugyok_final_06
↑11:40 これが、ホントの、ラストオーダー。
 最後は、ベトナム風チキンを食べるつもりだったのだが、
 残念ながら、昨日で売り切れてしまったらしい。
 ということで、珠玉デビューの、
 インド風チキンカリーをオーダー。
 最初と最後が、同じカリーというのも、巡り合わせなのかも。

 11:50 お客さんが続々と訪れて、早くも満席だ。

syugyok_final_07

syugyok_final_08
↑12:30 インド風チキンカリー、登場。
 一口食べると、この4年間のカリーの記憶が、
 まるで走馬灯のように次から次へとよみがえる。
 というのは、かなり大げさすぎるけど、
 ちょっと感慨深いのは、恥ずかしながら事実。

syugyok_final_09
↑12:50 最後のカリー、完食!

オープン以来、5年間、お疲れさまでした。
自分が通ったのは、4年間でしたが、
唯一無二の美味しいカリーをありがとうございました。

まずは、ゆっくり休んでくださいね。
そして、鎌倉の新しいお店、楽しみにしています。
Curry & Cafe 珠玉からの【お知らせ】(2)
7/21(月・祝) → お休み

7/27(日) → 営業最終日!

※7/31(木)は、営業していませんので、ご注意を!



7/19(土)は、
外に行列ができるほどの大混雑ぶりだったそうなので、
訪問される方は、時間に余裕を持って、
早めに行かれることをオススメします!

※2008年7月27日までは、この記事が一番上にきます。
最新記事は1つ下をご覧ください。

s_maton_0127_02
↑スリランカ風マトンカリー
『ガパオ東京(2)』
『ガパオ東京』
タイ料理/ベトナム料理
六本木
港区六本木3-11-7 ウナカミビル3F
http://www.thaigapao.net/

gapaotokyo_0726_01
↑ナンガイトート(鳥の皮揚げ)

gapaotokyo_0726_02
↑ヤムンセン(春雨サラダ)

gapaotokyo_0726_03
↑ソムタム・タイ(パパイヤサラダ)

gapaotokyo_0726_04
↑ネムクルック(生ハムとカリカリご飯のサラダ)

gapaotokyo_0726_05
↑ガパオ タレー(海鮮ガパオ炒め)

gapaotokyo_0726_06
↑ガパオ ヌア(牛のガパオ炒め)

gapaotokyo_0726_07
↑ガパオご飯(揚げ目玉焼付き)

gapaotokyo_0726_08
↑スープ
レモングラスの効いたトムヤムクン風、酸っぱいスープ。
料理名不明。。


gapao_tokyo_06
↑カオマンガイご飯

中でも、ネムクルック、ガパオ タレー、ガパオ ヌアが超美味!

『アロイ~! アロイすぎる~!!』

しかも、これだけ食べて、一人当たり¥3,000(料理のみ)
というのだから、CP的にも大満足だ。
次回は、ベトナム料理も味わってみなければ。

続きを読む
珠玉:牛すじカリー
珠玉最後の、本日のカリーは、なんと、
『ベトナム風チキンカリー』と、
『牛すじカリー』の、豪華二本立て!

s_gyusuji_0726_01

『牛すじカリー』は、もともと
『とろとろ牛すじカリー』という名前で、
定番メニューだったのだが、
牛すじのいいものが、入手できなくなったため、
本日のカリーになったモノ。
最後に復活させてくれるとは、なかなか泣かせる演出だ。

s_gyusuji_0726_02

久しぶりに食べる、牛すじカリーは、
玉ねぎのほのかな甘みと、
かなりの辛さ(最近の激辛は超激辛)が、
絶妙のバランスで、以前にも増して、超美味。

『美味いっす~! 美味すぎるっす~!!』

s_gyusuji_0726_03

常連のJUNさんも、とても気に入られたようで、
「美味しすぎて、もう食べたくない!」
と、解るような解らないような、摩訶不思議なコメントを。。

いよいよ、明日でラスト。
果たして、冷静に食べられるか、まったく自信がないが、
最後の、珠玉のカリーを、じっくりと味わっておくつもりだ。

『長崎ちゃんぽん(4)』
●肉野菜炒め定食 ¥850

直径30cm位はありそうな皿に、
高さ10cm位に盛られた野菜炒めを目の当たりにすると、
正直言って、食べる前から戦意喪失しそうになった。。

chanpon_0622_01

が、以外にも、前回食べた、豚しょうが焼き定食よりは、
比較的楽に完食できたのだから、驚きだ。
見た目の量的には、同じくらいだと思うのだが、
生のキャベツと、炒めた野菜の違いなのだろう。
やはり、生野菜よりは、熱を通した方が、断然食べやすいのだ。

chanpon_0622_02

味が薄味だというのも、大きい。
味が濃いと途中で飽きてしまうので、
その辺りのことは、しっかり配慮されているのだろう。

ここのマスター、一見あまり考えていないようで(←失礼)、
実は、ものすごく緻密な計算のもと
料理しているのではないだろうか。

オープン当時より、メニューも増えているようなので、
また3ヵ月後に、未食メニューに挑戦してみたい。

レトルト:『鶏肉のバジル炒め』
ヤマモリ
http://www.yamamori.co.jp/

●鶏肉のバジル炒め

yamamori_g_01
―タイの人たちが好んで食べるごはんメニューがガパオごはん。
 ガパオとは「ホーリーバジル」のこと。
 鶏挽き肉の旨みとそこからあふれる肉汁、唐辛子の刺激、
 玉ねぎ・赤ピーマン・たけのことバジルの香りがあいまった、
 ごはんにぴったりの甘辛い味の炒め物です。―

タイフェスでゲットした、ヤマモリのガパオごはんを、
久しぶりに食べてみた。

yamamori_g_02
さすがに、新鮮なガパオに比べると、
香りも味わいも、チョット物足りないのだが、
レトルトでこれだけ再現できているのは、
特筆すべきことだ。

yamamori_g_03

珠玉:ベトナム風チキンカリー
s_vietnam_0720_01

s_vietnam_0720_02

自分の中では、本日のカリーTop3に入るこのカリー。
久しぶりに見て、驚いた。
なんと、チキンレッグが復活しているではないか!

Vietnam_s
↑06/01/14のベトナム風チキンカリー

デビュー当時は、レッグで入っていたのだが、
適当な大きさのレッグの鶏肉の入手が難しくなったとのことで、
レッグでは無くなっていた(06/01/14の写真)。
これを見ると野菜も、今回の方がでかくなっているし、
かなりアップグレードしているのが解る。

『美味いっす~! 美味すぎるっす~!!』


『珠玉 BBQ大会@多摩川 (3)』
1年ぶりの、バーベキュー。
タイミング良く梅雨もあけて晴天、
幸先いいぞ、などと思っていたら、
なんと、直前になって、
お嬢様が発熱のため参加できなくなってしまい、
メンバーが大幅に減ってしまった。

とても残念なのだが、本人が一番ショックだと思うので、
気を取り直して、まずは火起こしを。
けっこう風が強かったので、
炭に火がつくまでに、かなり時間がかかってしまったが、
30分ほどして、ようやく火が落ち着いてきた。

BBQ_0719_01

BBQ_0719_05

という訳で、いよいよバーベキューの始まり。

・・・もう後は、食べるのに夢中で、
すっかり写真を撮るのも忘れてしまっていた。。

BBQ_0719_02

BBQ_0719_03

BBQ_0719_04
↑鶏肉のマリネ
さすがプロの仕事。とてもスパイシーで、超美味。


『トンタイ』
タイ居酒屋
東新宿/新大久保
新宿区大久保1-1-2 泰正ビル2階
http://tongthai.fc2web.com/frame.html

●パットガパオガイ+ジャスミンライス
 ¥780+¥300+消費税=¥1,134

とある土曜日、
以前から気になっていたトンタイに初訪問。
ここは、アジアスーパーストアーの並びにあり、
東新宿駅を降りて地上に出ると、通りの向かいに見えるお店だ。

tongthai_01

tongthai_02

外には、ランチのメニューが出ていたのだが、
店内には無かったので聞いてみると、

「ドヨービ、ランチ、オヤスミ」

とのこと。
紛らわしいから、店内にメニューを閉まっておけばいいのに、
そんなことは、まったく気にしてないようだ。
まあ、マイペンライってことか。

という訳で、単品メニューのパットガパオガイ、とライスを。
出てきて驚いたのは、しめじとセロリ(?)が入っていたこと。
いろんなガパオご飯を食べてきたが、初めての経験だ。

tongthai_03

かなりの辛さで、ガパオもけっこう入っているのだが、
味わいがさっぱりしすぎているのが、やや物足りない感じ。

tongthai_04

残念ながら、自分の好みとはチョット違ったが、
夜のコースは、なんと¥2000からあるので、
ゼヒとも、再訪して、他の料理を味わってみたい。

『 ごはん処 やよい軒』
http://www.yayoiken.com/index.html
●しょうが焼き定食 ¥580

定食・朝食メニューは、なんと、ご飯おかわり自由!
まあ、最近はそんなに食べないので、
自分にはまったく関係ないのだが、
ギャル曽根には嬉しいサービスだ。

yayoi_01

yayoi_02

しょうが焼きはなかなか美味いし、
何よりこの値段で定食が食べられるのだから、
CP的にも大満足。

メニューもかなり豊富なので、
また気が向いたら寄ってみることにしよう。

『ホットドック・カレー味』
hotdog_01
ホットドックに、カレードレッシングをかけて、
オーブントースターで焼くこと2分。
トースターをそっと開けると、
素晴らしくスパイシーな香りが漂う。
そして、一口食べてみると、その美味さは空前絶後。

『美味いっす! 美味すぎるっす!!』

hotdog_02
これは、お店で出したら、大ヒット間違い無し。
といっても、ウチで簡単に作れるので、
わざわざ店まで買いに行かないのでは、
というのが、商品としては、
致命的な欠陥と言えなくもないのだが。。
珠玉:和風キーマカリー
オリジナルカリー
二子玉川
世田谷区玉川3-5-7 黒川ビル B1F
http://www.shugyok.com/

ーひき肉とごぼうやにんじんたっぷりの
 温泉卵がぴったりなカリー

s_wafu_0713_01

s_wafu_0713_02

このカリーは、何度食べても、
食べ終わった後、ホッとしてしまう、不思議なカリーだ。
続きを読む
『バンコク屋台料理 カオマンガイ(2)』
バンコク屋台料理
立川
立川市柴崎町2-2-13 FKK柴崎町1F
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000018101.html

khaomankai_01
↑マンガラングトーワーン
 (ガーリックチリ チーズフライドポテト)
 ガーリックが効いていて、つまみとして最適。

khaomankai_02
↑ラープガイ(挽肉サラダ)
 とても爽やかなサラダ。

khaomankai_03
↑シンハービール
 ずっしり重みのある陶器のグラス。
 グラスも、キンキンに冷やしてくれてるのが、嬉しい。

khaomankai_04
↑パッガパオムー(豚肉のバジル炒め)
 とても美味いんだが、チョット甘め。
 辛さがあまり無いので、なんか物足りない感じだ。

khaomankai_05
↑カオマンガイ(ゆで鶏のせガーリックごはん)
 正直言って、期待したほどでもなかったが、
 なかなかの味わい。

khaomankai_06
↑カオ・ソーイ(カレーラーメン)
 なんと、レッグの鶏肉が入っているカオ・ソーイ。
 こんな豪快なのは、初めての経験だ。
 ココナッツミルクの甘さが程よく、美味。

khaomankai_07
↑ゲーンキョワーン(牛肉とオクラのグリーンカレー)
 これまた、程よい甘さで、超美味。

khaomankai_08
↑パッタイ(タイ焼きそば)
 調味料セットの、唐辛子をかけるとパンチが出て、
 さらに奥深い味わいに。

khaomankai_09
↑カオニャオピャックマムウワング
 (マンゴーともち米をココナッツミルクで混ぜたおやつ。
 ICEのせ。)
 2,3口なら食べられるが、それ以上は無理って感じの甘さ。
 甘い物好きの人なら、問題ないようだが。。

khaomankai_10
トリコさんからいただいた、大阪土産。
 ありがとうございます!

このお店、全体的に甘めなのがチョット気になるのだが、
辛いのが苦手な人でも、安心してタイ料理が食べられる、
そんなところが、人気の秘密のようだ。
週末は、激混みなので、予約の上ご訪問を。
続きを読む
珠玉:ゴーヤと豆腐のカリー
s_goya_0712_01

s_goya_0712_02

ゴーヤのシャキシャキと、
豆腐のフワフワのコントラストが、とても新鮮なカリー。

以前食べたような気がするのだが、
調べてみるとゴーヤと豆腐の組み合わせは、
見当たらなかったので、もしかしたら新作かも。
『カフェ リゼッタ(Cafe Lisette)』
のんびりTOKYOカフェ (エンターブレインムック)
のんびりTOKYOカフェ (エンターブレインムック)
(2008/04/02)
不明

商品詳細を見る



カフェ
二子玉川
世田谷区玉川3-9-7
http://www.lisette.jp/

二子玉川の、「カフェ リゼッタ」の写真が、ムックの表紙に!
ご存知の通り、このカフェの料理は、
珠玉の村上愛子シェフのプロデュース。

お店の半分は、ブティックなので、
火を使うことができないため、
珠玉のカリーはメニューにないが、
ワンプレーランチのキッシュや、サンドイッチ、
スイーツ、ドリンクなどが味わえる。
特に、キッシュは絶品との噂。
まだ未食なので、ゼヒ試してみなければ。
珠玉:インド風チキンカリー
オリジナルカリー
二子玉川
世田谷区玉川3-5-7 黒川ビル B1F
http://www.shugyok.com/

s_chicken_0706_01

s_chicken_0706_02

ーホールのスパイスを挽いて煮込んだルーと
 ヨーグルトに漬込んだチキンのカリー

s_chicken_0706_03

2004年7月10日、初訪問の時に食べたのが、
この『インド風キチンカリー』。
この一杯で、その後のカレー人生(?)が変わったのだから、
いわば、師匠のような存在だ。

これからも一生付いて行きますので、
今後とも、ご指導ご鞭撻、よろしくお願いいたします。

続きを読む
珠玉:枝豆とじゃがいも入りとりそぼろカリー
s_edamame_01
枝豆の食感がとてもいいアクセントに。
いつものように、激辛を頼んだのだが、今日も、超激辛。
最後だから、サービスしてくれているのだろうか?

s_edamame_02
↑黒ごま入りアイス
ほどよい甘さで、ゴマの味わいが絶妙。
グルジリ250thアニバーサリー「はぴジリ」
場所:池上 本妙院(←ノリさんのご実家)
主催:はぴいさん
調理:大森「ケララの風」店長 沼尻匡彦 氏(怪しいおぢさん)
   ↑7/20、OPEN!!

なかなかタイミングが合わなくて、今回初めてのグルジリ。
念願かなって、ようやく怪しいおぢさんの
南インド料理を味わうことができた。

hapi_jiri_01
↑ラッサムスープ、ダルカレー、サンバル、チャトニ、などなど
このラッサムが、激旨!
酸っぱいのはあまり得意ではないのだが、
これは、程よい酸っぱさで、とてもコクがあって、
今まで食べた中では、文句無くNo1ラッサムだ。

hapi_jiri_02
↑パパダム
サクサク、パリパリ、ビールのつまみに最適。

hapi_jiri_03
↑イドゥリ
蒸しパンのような感じ。

hapi_jiri_04
↑サラダ

hapi_jiri_05
↑これだけ並ぶと、壮観!

ここだけの話、手で食べるのが苦手だったので、
最後まで手で食べたことはなかったのだが、
そんなことは忘れて、夢中で食べている自分がいた。

『美味いっす~! 美味すぎるっす~!!』

激旨料理を作ってくださった、怪しいおぢさん、
企画していただいた、はぴいさん、
場所を提供していただいた、ノリさん、ご家族の方、
ありがとうございました。

大満足のひとときを過ごすことができました。
また、こんな機会があったら、よろしくお願いします!

その前に、もちろん、7/20、お店に駆けつけます!!
『百年ドレッシング カレー』
日光金谷ホテル
http://www.kanayahotel.co.jp/

レトルトカレーが、かなりの優れものだったので、
けっこう期待していた。
が、しかし、
普通に美味しいのだが、
あのカレードレッシングと比べてしまうと、、
というのが正直なところ。

hyakunen_d_01

hyakunen_d_02

ケッコウ酸味が強いので、
カレーの味が、あまり感じられないのが、残念だ。

レトルト:『金谷ホテル 百年ライスカレー』
日光金谷ホテル
http://www.kanayahotel.co.jp/

●ビーフカレー

ー 創業130周年を迎えた金谷ホテルでは、
 明治期から昭和初期までダイニングルームで
 供されてきたメニューの再現に取り組みました。
 その成果はクラシックディナーとして結実し、
 皆様から大好評をいただいています。
 話は前後しますが、現存する往時のメニューには
 「ライスカレー」が頻繁に登場します。
 代々の料理長に伝えられてきたレシピ集をひもとくと、
 カレーのレシピも見つかりました。
 その内容は現在世にあるカレーとは
 かなり異なるものでしたが、
 現料理長の中西健一が試行錯誤を重ね、
 かつて供されていたカレーを再現することに成功しました。
 それがクラシックディナーの野菜料理として
 皆様にお召し上がりいただいているカレーです。ー

hyakunen_01

なんと、カレーソースと、カレーの具が別になっているという、
初めて経験するレトルトカレーだ。

hyakunen_02

もらいものなので、値段は解らないが、
ものすごく奥深い味わいと、
このこだわりの仕様は、高級品の証だ。
いつの日か、ホテルで本物のカレーを味わってみなければ。

hyakunen_03


ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Laku

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。