おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
04 | 2008/05 | 06
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが、本物の"ガパオご飯"だ~!!
各地で、ガパオ論争が起こってるようなので、
タイの屋台で食べた、本場の"ガパオご飯"の画像を。

02_F_nb_03

02_F_nb_05.jpg

02_F_nb_06.jpg
↑ナイトバザールの屋台の"ガパオご飯"。
 今まで食べた中で、ダントツNo.1!

gapao_04
↑日本では、こんな別モノまであるのだから、
奥深いと言うか、恐ろしいメニューだ。
これだけ、いろんなバージョンがある料理は、
ある意味、ものすごく珍しいのかも。。
スポンサーサイト
『ガパオ食堂』
タイ料理
渋谷
渋谷区渋谷2-8-10 青山FMビル 1F
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13041239/

●ランチメニュー 2種類セット
 ガパオご飯+グリーンカレー+サラダ+スープ ¥880

渋谷にガパオ食堂というタイ料理店があるということで、
さっそく訪問。

gapao_01

gapao_02

ランチは、鶏肉のガパオ、グリーンカレー、
レッドカレーの3種。
2種類、3種類のセットにもできるとのことで、
ガパオと、グリーンカレーのセットにしてみた。

gapao_03

3,4分後に、ランチセット登場。
一目見てなんか物足りないと思ったら、
なんと卵が乗っていないではないか!
今までいろんな店で食べてきたが、卵が無いのは初めてだ。

まっ、それは百歩譲ったとしても、
ガパオ食堂という割には、ガパオも2切れしか入ってないぞ!
たまたまこの皿に、それだけしか入らなかったのだろうか。。
それにしても、この店名の割には少なすぎだ。
ひょっとして、わんさかガパオが入っているのではないかと、
ほのかな期待があっただけに、ショックは限りなく大きい。

gapao_04

辛さは、なかなかあるし、味もそれなり。
が、しかし、ガパオの香りも味わいもほとんど無いのだから、
ガパオご飯を食べた気がしないだろうが。

店名を聞いて、"期待"と"不安"が入り交じっていたのが、
正直なところなんだが、
ガパオご飯は、残念ながら"不安"の方が勝ち。

グリーンカレーは、けっこうな辛さと、
ココナッツミルクの甘さが絶妙のバランス。
これは、予想以上の美味さで、"期待"の勝ち。

看板メニューだと言う、ガパオご飯が、
イマイチだったのは、アンビリーバボー!!
ただ、グリーンカレーは、なかなかだったので、
次回は、ディナータイムに訪れてみたいと思う。
果たして、夜の料理は、どっちの勝利なんだろうか。

『とんかつ 大倉(1)』
とんかつ
二子玉川
世田谷区玉川4-7-5
http://allabout.co.jp/gourmet/eatoutshuto/closeup/CU20071129A/

●特ロース定食+カレー (¥1,300+¥100=¥1.400)

あの「美食の王様」K氏オススメのこのお店。
以前行ったことがあるような無いような。。
ということで、訪れてみた。

ookura_01

ookura_02

某K氏オススメの特ロース定食と、
そのご飯にかけてくれるカレーをオーダー。
出てきてビックリしたことに、
無菌豚のトンカツは、中はミディアムレア状態だ。
こういう豚肉は、初めて食べるので、そのジューシーさに驚く。

ookura_03

ookura_04

そして、2切れほどのこして、ご飯の上にのせ、
上から、カレーをかけて、カツカレーに。
一口食べてみると、まったく想像していなかったスパイシーさ。
そして、予想以上にピリ辛で、ほのかな甘さとのコラボが絶妙。
確かに、トンカツ屋さんのカレーにしては、素晴らしいデキだ。

ookura_05

ookura_06

が、しかし、
某K氏が絶賛するほどのことはないというのが、正直なところ。
6000軒以上のお店を食べ歩いている美食家らしいが、
カレーに関しては?? と思わざるを得ない。

ゼヒ一度、近所の"珠玉のカリー"を食べて、
その味わいの奥深さを学習してもらいたいものだ。

(お店の批判をしてるのではなく、
某氏の無知ぶりに言及してるだけなので、誤解なきよう。。)

揚げ物は、最近チョット苦手なので、
次回は、生姜焼き定食を食べてみることにしよう。
もちろん、ピリ辛のカレーもプラスして。
『結婚記念日パーティー in ムット』
インド料理
新宿
新宿区西新宿7-22-34 新宿東海ビル101B
http://muthu.web.fc2.com/

☆★スペシャルプレート1000円サービスデー!★☆
 2008年5月25日は私の25回目の結婚記念日です。
 感謝の気持ちを込めて、当日限定のスペシャルメニューを
 1000円(お酒などは別注文)で提供します。

muthu_0525_01
↑冷たいチャイ

muthu_0525_02
↑野菜のスープ

muthu_0525_03
↑25回目の結婚記念日仕様の特製ミールス

今回のメニューは、25回目の結婚記念日なので、
ムットさんと、奥様が好きな料理を、
いろいろ盛り合わせたとのこと。
食べる前から、ごちそうさまです。

『美味いっす! 美味すぎるっす!!』

ホントにごちそうさまでした。
これからも、末永くお幸せに!

↓詳細は、こちらをw。
USHZOさんの記事
珠玉:かぶときのことひき肉のカリー
s_kabu_0524_05

【緊急告知】5/31(土)、臨時休業
ってことなので、ご注意を!


●かぶときのことひき肉のカリー ¥780
 (テイクアウト・ルーのみは、-¥100)
―しょうがで体暖まる、さっぱりめのカリーです。―

s_kabu_0524_01
↑これは、お店の盛りつけ(撮影協力:にょこさん)

新作カリー(?)。
カブの入ったカリーは、今まであったので、
まったく気がつかなかったのだが、
ウチに帰って調べてみたら、どうやら新作のようだ。
ただ、食べ損なってただけかも知れないので、
次回要確認ってことで。

今日は、タイ料理を食べた直後の訪問だったので、
テイクアウトしてみた。
4年間近く通っているが、なんとテイクアウトは、初めて。
自宅で、サッカーを観ながら、珠玉のカリーを食べられるって、
なんて幸せなんだ!!

s_kabu_0524_02

s_kabu_0524_03

もちろんお店で、できたてを食べるのがベストなんだけど、
たまには、こういう楽しみ方もありなのかも。
また、機会があったら試してみることにしよう。
『立ち呑み 金魚』
立ち呑み居酒屋
荻窪
杉並区上荻1-7-1
http://www.ogikubo-ginza.com/Kingyo.html

TARAの後は、荻窪で飲み会。
荻窪とはまったく関係ないのだが、なぜか、
参加させていただいた。

という訳で、駅前の立ち呑み居酒屋、金魚へ。
1階は、文字通り立ち飲みなのだが、
人一人やっと通れる階段を上った2階は、
今風に言えば、ロフト風。
昔風に言えば、屋根裏部屋。
そこは、わずか、3,4畳くらいのスペースしかない、
超癒しのVIPルームなのだ。

kingyo_01

kingyo_02

kingyo_03
●ハムとサラミ

kingyo_04
●キムチ

kingyo_05
●しらすサラダ
 しらすだよ。これがしらすだ。ああしらす。
 詠み人知らず。。。。

kingyo_06
●すずきのカルパッチョ
 さすが、すずきさん。

kingyo_07
●ドライいちじく
 これは、初めての、味わい。

kingyo_08
●ポテトサラダ
 これは、うちのポテトサラダの次に美味い。

kingyo_09
●じゃこ天
 ものすごく、素朴な味わい。

kingyo_10
●あつあつ丸ごとタマネギのマリネ
 これは、激旨!!
 タマネギを蒸しているんだろうけど、
 この甘みは、絶妙。
 タマネギ嫌いの子供でも、食べれるかも。
『インドール』
定食屋(?)
飯田橋
新宿区神楽坂1-14
http://gourmet.yahoo.co.jp/0000687056/0002598569/ktop/

●カレーライス ¥500

indore_01
店名で判断すると、インド料理のお店みたいなのだが、
メニューを見ると、生姜焼きなどのメニューが並んでいて、
どう考えても、普通の定食屋さんだ。

カレーもあるのだが、お客さんのほとんどは、
生姜焼きを頼んでいる。


が、しかし、もちろん、カレーをオーダー。
待っていると、おばちゃんが、
「サービスです」と言ってサラダを差し出してくれる。
どうやら、セットになっているようだけど、
サービスと言われると、なんか得した感じだ。

indore_05

なかなかスパイシーで、それなりの味わい。
¥500でこれだけのカレーが食えたら、満足かも。
確かに、感動するほどではないけど、CP的には、No問題だ。

次回は、ゼヒとも生姜焼きを食べてみなければ。。

●生姜焼き(¥550)+ライス(¥150)=¥700
これは、お客さんのほとんどがオーダーしてるだけあって、
普通に美味くて、何の文句も無い。
っていうか、生姜焼きで、まずいのって食ったことが無いので、
美味くて当たり前のような気もするのだが。

indore_04

indore_03

『キッチンめとろ』
カレー/定食
飯田橋
新宿区神楽坂2-10
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/14070.html

●オムレツカレー ¥720
metro_01

metro_02
う~ん。なかなかスパイシーで、
家庭系のカレーとは一線を画しているのだが、
残念ながら、絶賛するほどの味わいでは。。
って言うのが、正直なところ。

metro_03

metro_04
●焼肉B(豚バラ肉)定食 ¥720
オムレツカレーと同じ値段なので、
焼肉の方が、オススメ。
『西荻・昼市』
超久しぶりに、西荻・昼市に。
出遅れてしまい、2時半過ぎに到着すると、
辺りは超満員で、座る場所も無いという混雑ぶりだ。

hiruichi_0518_01

hiruichi_0518_02

はぴいさんが、ハンサム食堂3号店に
場所を確保してくれたので、そこに落ち着くことにした。
hiruichi_0518_03

hiruichi_0518_04

hiruichi_0518_05
まずは、
●ゲーン・キョウ・ワン ¥300
 (グリーンカレー)
 ハンサム食堂のゲーン・キョウ・ワンは、
 とてもやさしい味わいだが、
 すごく味わい深くて、極上の一品。

hiruichi_0518_06
●ガイヤーン
 (タイ風焼き鳥)
 日本の焼き鳥とは、まったく違うが、
 なかなかスパイシーで、美味。

hiruichi_0518_08
●カイパロ ¥300
 (豚バラ・玉子・厚揚げの八角煮)
 なんか、豚の角煮と、おでんのコラボという感じの料理。
 とても美味くて、ビールに最適。
 本来、ご飯にかけるもののようだが、
 ご飯が無くなったみたいで、おかずだけ。
 確かに、飯がとても食べたくなるメニューだ。

hiruichi_0518_07
依然訪れたときには無かった、
ミルチのお姐さんたちの踊りが始まり、
昼市会場周辺は、ものすごい盛り上がりに。
多分、この一帯だけは、気温が2,3度上がったはずだ。

次回は、もっと早い時間から参戦しなければ。。
珠玉:欧風とろとろ牛すじカリー
s_gyusuji_0517_01

s_gyusuji_0517_02

●欧風とろとろ牛すじカリー ¥980

ー自家製のルーと、たっぷりの野菜をコトコト煮込んで、
 とろとろのカリーに仕上げました。

以前食べた、欧風ビーフカリーと同じモノ??
名前も、見た目も微妙に違っているのだが、
とても奥深くて、しかも、さっぱりしたこの味わいは、
同じ自家製ルーを使ったもののようだ。

『うまい、うますぎる。』

最近、一番お気に入りのカリー!

s_gyusuji_0517_03
ちなみに、5月から、
月、火、水、定休になったそう。
平日行かれる方は、ご注意を!
続きを読む
『マヤ(maya)』
maya_01

maya_02

ヌーベル・ネパール料理
目黒
目黒区下目黒1-2-22 セザールビル2F
http://g.pia.co.jp/shop/83092

2軒目は、同じビルの2階にあるマヤへ。
maya_03
●お通しの、スパーシーな大根
(以下、酔っぱらいモードに突入していて、
 料理名不明なので、あしからず。。)

maya_04
●甘酒のヨーグルトドリンク割り。みたいなお酒。。
 少し酸味があって、とても爽やかな飲み口。

maya_05
●マスターからサービスでいただいた、大量の缶ビール。
 太っ腹のマスター、高田馬場店常連のピエールさんに感謝!

maya_06
●じゃがいもの、スパイシー炒め
 ネパール風、肉じゃがという感じか。。

maya_07
●いんげんのゴマ和え
 和食の味わい。日本のとまったく同じで超驚き。

maya_08
●タコスみたいなヤツ。。

maya_09
●チベット風地獄カレー
 かなりの辛さだが、ものすごくコクがあって、激旨!
 確かに一人前を全部食べると、地獄に堕ちるかも。。

まったく知らなかったのだが、かなり奥深い美味さ。
今度は、酔っぱらう前に、しっかりと味わってみたいものだ。
『カトマンズ ガングリ(KATHMANDU GANGRI)』
ネパール&チベット料理
目黒
目黒区下目黒1-2-22 セザール目黒B1
http://r.gnavi.co.jp/g921200/

gangri_01
●スチーム モモ(チキン/ベジタブル)
―ネパールの蒸し餃子をオリジナルの
 ガーリックソースでお楽しみください―

gangri_04
●スウイーマイ(ポーク/ベジタブル)
―カトマンズ ガングリ特製。チベットの蒸し餃子に
オリジナル3種類のソースでお楽しみください―

なんか不思議な形の皮の中に入っている蒸し餃子。

gangri_03
●アムド ポーク
―ローストした豚肉とお野菜と竹の子の
 ソーヤソースの炒め物です―

中華料理の、八宝菜のような一品。

gangri_02
●レッドチキン&マシュルーム
―スパイスで煮込んだチキンと
 きくらげとマシュルームの炒め物です―

gangri_05
●チャムド プラウン
―エビとカリフラワーとブロッコリーの
 ゴマ風味ホワイトソースの炒め物です―

gangri_06
●チベタン フライド ライス
―ポップコーンのような
 香ばしい香り米(バスマティ米)の炒飯です―

パサパサなのかと思っていたら、以外とジューシーで美味。

gangri_07
●チャウチャウ
―チベットの焼きそばです―

これは、普通に美味い焼きそば。

gangri_08
●チベタン チョプシー(チキン/ベジタブル)
―チベットのジューシーな
 トマトソースのかた焼きそばです―

かた焼そばの上に、ナポリタンソースをかけたようなもの。
なんかクセになりそうな不思議な味わいだ。


チベット料理は、初体験だったのだが、
全体的には、中華料理っぽいものが多いよう。
なかなか美味だったので、他の料理もゼヒ味わってみたい。

値段:一人当たり(¥3,500)←安い! 安すぎる!!

▼おまけ
gangri_09
↑おかまのアトム。Raku作。。
カップ麺:『チリトマトヌードル』
chilitomato_01

chilitomato_02

日清食品
カップヌードル チリトマトヌードル
http://shop.nissinfoods.co.jp/shopping/data/index.html?pid=1561

これは、ケッコウ辛くて、旨みもあって、
とても素晴らしいできばえ。

あまり、見かけないので、
なかなかゲットできないのが残念だが、
見つけたら、ぜひお試しを!
『納豆・カレー味』
natto_0

natto_02

今日は、納豆。
って、納豆は、ほとんど毎日食ってるのだが。

普通に、タレ、醤油を入れた後に、
カレードレッシングを投入してみた。

香りは、やや、カレー臭。
もしかして、ひょっとして。。。

が、しかし、食べてみると、納豆の味に負けてしまって、
まったく、カレーの味がしない。
っていうか、これでは、普通の納豆だ。

恐るべし、納豆!!
一筋縄では、この強力な牙城を崩すことはできないようだ。
『タイフェスティバル 2008 2日目』
代々木公園
http://www.thaifestival.net/

今日は、どうしてもイーサン食堂のお好み焼きが
食いたかったので、午前中から参戦。

thaifes_0511_01

thaifes_0511_02

thaifes_0511_03
さすがにイーサン食堂。
11時前だというのに、もう行列ができている。
並ぶこと数分。
お目当てのホイトー(外はカリカリ! 中にムール貝)を、
ゲットすることができた。
これは、ベトナム料理の、バインセオと同じ料理なのかも。
見た目も、味わいもまったくいっしょのような気がする。

【追記】
バインセオ→米粉、食感はパリッと、焼いた生地に具をはさむ
ホイトー→小麦粉、モチッと、生地と具を一緒に焼く、貝を使う

とのことで、まったく別の料理でした。。失礼しました。
Fueさん、教えていただいて、ありがとうございました。


thaifes_0511_04
●カノムクロック(ココナッツミルクの焼き菓子)
 ココナッツミルクの甘さが程よく、クセになる味わいだ。

thaifes_0511_05
●ドリアン
 新鮮切り立てのドリアンとのことで、
 ほとんど臭みがなく美味。

thaifes_0511_06

thaifes_0511_07

thaifes_0511_08
ファーサイのカオマンガイ ¥500
 ライスもしっかり炊き込んであって、超美味。

thaifes_0511_09
↑タイのお姐さんたちのアトラクション

thaifes_0511_10

thaifes_0511_11
レストラン クロープクルアの、
●ムーパットバイガパオ(豚挽肉のスパイシーガパオ炒め)
 ¥500
 かなりの辛さで、超本格的なガパオ。

thaifes_0511_12

thaifes_0511_13
サケェーオのイサン風ソーセージ ¥300
 少し酸味があって、ものすごく深い味わい。
 1ヵ月半前から仕込んでることだけのことはある。

thaifes_0511_14
↑特別ゲストのトイプードル
 首締めないで、ワン!

thaifes_0511_15
●トート・マン・プラ(タイ風さつま揚げ)

thaifes_0511_16

thaifes_0511_17
メナムのほとりの汁そば ¥300

thaifes_0511_18
テイクアウトした、レストラン クロープクルアの、
●カオクルックカピ(タイ風五目ちらし) ¥400
 超美味なのだが、唐辛子を全部混ぜてしまったので、超激辛。
 しばらく、舌のしびれがおさまらず。。

thaifes_0511_19
●アジアンアジアンのタイパンツ ¥1500

thaifes_0511_20
ヤマモリのパッタイと鶏肉のバジル炒め 各¥250

例年に比べて、とても寒い一日だったのだが、
体感的には、すごく暑い一日を過ごすことができた。
気が早いけど、来年も、よろしくお願いします。
『タイフェスティバル 2008 1日目』
代々木公園
http://www.thaifestival.net/

あいにくの雨模様だったのだが、
会場に着いてみると、予想以上のお客さん。
さすがに、ものすごく人気があるようだ。

まず、一品目は、やっぱり、
●ガパオご飯
バーンリムパーで、ゲットした。
うーん。かなり辛くて、なかなか本格的な味わい。
ぜひお店に行って、もう一度味わってみないと。
thaifes2008_01

thaifes2008_02

かなり寒くなってきたので、二品目は、体が暖まる
●カオソイ
バーンウェンターで。
かなりの辛さと、ココナッツミルクの甘さが、
絶妙のバランスで、とても味わい深い。
鶏肉も、でかいのがゴロリと入っていて、食べごたえもある。
これまた、お店に行って味わってみなければ。。
thaifes2008_03

thaifes2008_04

●サンカヤー ファクトン シン
(原材料:南瓜・卵・ココナッツ砂糖・ココナッツミルク・砂糖・塩)
これは、甘さほどほどで、超美味。
thaifes2008_05

thaifes2008_06

●フルーツ盛り合わせ
ドリアン、美味いんだけど臭すぎ。。
vaderさんが、取り憑かれたように食っていたので、
しばらくは、かなり臭いかも。
できるだけ、近づかないように。。
thaifes2008_07

ヤマモリでゲットした各種。
パッタイが売り切れだったのが残念無念。
明日早めに行って、ゼヒとも手に入れなければ。。
thaifes2008_08
『サイゴンサイゴン』
ベトナム料理
芦屋
芦屋市西山町2-4
http://www.saigon-group.com/saigon_saigon/index.html

―阪急芦屋川駅北側の商店街を西に進むと
 ベトナム国旗を思わせる
 真っ赤な看板が目印のべトナム料理店。
 店内はベトナム語が飛びかい、本場ベトナムそのものです。
 夏には店先にテーブル席が設けられ、
 活気あるベトナム屋台を楽しめます。―

saigon_01

阪急芦屋川駅からすぐの、
ベトナム料理店、サイゴンサイゴンへ。

saigon_02

saigon_03
●ベトナムお好み焼き"バインセオ(Banh Xeo)" ¥800

とても美味いんだけど、量が少なすぎ。
野菜も、卵の中に入っているもやしも、まったく物足りない。
これだけでは、腹八分にもならないので、
なんかもう一品食べようと、街をさまようことに。。
『翠亨園』
中国料理
神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ2F
神戸市東灘区向洋町中2-13
http://r.gnavi.co.jp/k673200/

―「食の宝庫」と謳われる中国は広州の、
 永い伝統と豊かさを今に伝える本格派広東料理。
 前菜からデザートに至るまで、
 贅を尽くした美味の数々をご賞味いただけます。
 また、優雅なお食事のひとときを
 いっそう豊かに彩るお飲物も、
 中国酒・紹興酒をはじめ、
 厳選した中国茶など多数取り揃えております。 ―

suikyoen_01

suikyoen_02

今日は、お祝い事で、
神戸ベイシェラトンホテルの中国料理店へ。

suikyoen_03
まずは、シャンパンで乾杯。

suikyoen_05
●冷菜盛り合わせ

suikyoen_06
●蟹の卵のフカヒレスープ

suikyoen_07
●フレッシュ貝柱のあっさり炒め

suikyoen_08
●芝えびのチリソース煮込み

suikyoen_09
●季節魚の煎り焼き(黒豆ソース仕立て)

suikyoen_10
●翠亨園特製炒め焼きそば

suikyoen_12
●チャイニーズデザート

ものすごく久しぶりの、高級中華料理。
子供たちは、餃子とか焼売が出てこないし、
上品な味だったのが、物足りなかったようだったが、
大人には、極上の味わい。
こういう時だけは、大人になって良かったと思える瞬間だ。
『クワンチャイ』
タイ料理
芦屋
芦屋市東芦屋町3-5 芦屋清洲プラザ1F
http://www.khuan-jai.com/

―店名のクワンチャイはタイ語で“人気者”の意味です。
 心温まる雰囲気の中でタイの本格的料理を
 多くのお客様に味わって頂きたいと願っています。―

●チキングリーンカレーセット \880
(ゲンキョー・ワン+ドリンク+デザート)

●タイヤキソバセット \880
(パット・タイ+ドリンク+デザート)

●豚肉のタイバジル炒めセット \1,280
(パッ・ガパオ・ムー+ヤム・ウン・セン+揚げ物+
ドリンク+デザート)

khuan-jai_01

khuan-jai_02

神戸、西宮などに数店舗あるタイ料理のクワンチャイが、
去年の11月、芦屋にもOPEN。
という訳で、遅ればせながら訪れてみた。。

khuan-jai_03

ランチタイムの訪問なので、
お得なランチセットをオーダー。

khuan-jai_05

まずは、ヤム・ウン・センが登場。
一口食べてみると、かなり辛くて、とてもいい味わい。
これは、すごく期待できそうな予感が。

そして、トム・ヤム・クン、ゲンキョー・ワン、
パッ・ガパオ・ムー、
いずれもケッコウ辛くて、奥深い味わいで、超美味。
かなり、本格的な味わいだ。

khuan-jai_04

khuan-jai_08

khuan-jai_09

パッタイは、デフォルトでは辛くないが、
ものすごくコクがあって、これまた美味。
そえられた唐辛子を混ぜると、パンチが出て、
さらに絶妙の味わいに変身する。

khuan-jai_07

『アロイ~! アロイすぎる~!!』

これに、ドリンク、デザートまで付いているのだから、
大満足の、ランチメニューだ。

khuan-jai_11

次回はいつになるか全くわからないが、
いつの日か、ゼヒとも再訪したいお店だ。
『和蔵』
らーめん
溝の口
川崎市高津区久本1-2-2 SKIPSビルB1F
http://www.kazukura.yokohama.walkerplus.com/

kazukura_01

●カレーつけ麺 大辛 ¥780

カレーつけ麺があるということで、和蔵にやってきた。
辛さを選べるようなので、大辛をオーダー。

kazukura_02

麺がかなり太いので、ゆでるのに時間がかかるらしく、
10分ほどして、カレーつけ麺登場。
一口食べて驚いた。
なんとカレーのツユがヌルイのだ。
つけ麺って、あまり食べたことが無いので、
よく解らないのだが、普通こんなにヌルイものなんだろうか??

まあ、それはともかく、冷めてるので、
せっかくのスパイシーさも、辛さも、半減してしまっている。
多分、アツアツだったら、かなり美味いカレーだと思うだけに、
ものすごく勿体ない感じがする。

kazukura_03

つけ麺のツユは、ヌルイものかもしれないのだが、
せめて、カレーつけ麺のツユだけは、
アツアツにしてもらえないだろうか。

また行くことがあったら、頼んでみることにしよう。


ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。