おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
02 | 2008/03 | 04
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ソーセージ・カレー味』
今日は、ソーセージとスクランブルエッグ。
例によって、カレーソース・ドレッシングをかけてみる。

so_01

ピリ辛ソーセージ、スパイシーなスクランブルエッグ、
これは、どちらも、文句なく美味い。

so_02

カレー塩でも、かなりいけると思うので、
次回は今、そいつを試してみることにしよう。
スポンサーサイト
『ハンバーグハウス BALL HOUSE』
残念ながら、閉店しました。

ハンバーグ
溝口

●テリヤキハンバーグ ¥800

ball_01

洗足学園そばの、ハンバーグ屋さん。
以前は、カレーソースがあったらしいのだが、
メニューに無かったのが、ものすごく残念。

というわけで、テリヤキハンバーグを。
もちろん、オーダーが入ってから焼き始めるので、
それなりに時間がかかるが、10分ほどして、
アツアツのハンバーグが、登場した。

ball_02

ハンバーグが、とても、ジューシーで、超美味!
テリヤキソースも、そのままご飯にかけて食えそうな美味さだ。

他にもいろんなハンバーグがあるので、
またゼヒ食べに来たいものだ。
『クルンサイアム 自由が丘店』
タイ料理
自由が丘
目黒区自由が丘2-11-16 エクセレンスビル2F
http://r.gnavi.co.jp/a274800/

krungsiam_0323_01

何故か、二度も振られ、ようやく訪問することができた、
クルンサイアム。
が、しかし、1時40分くらいに到着すると、なんと満席。
仕方が無いので、予約して、20分後に再訪することにした。

krungsiam_0323_02
●今日のスープ

+¥200で、一品料理に、スープと生春巻きが付く、
ランチセットをオーダー。
生を飲みながら、待っていると、
まもなく、まずは、今日のスープの登場だ。
なかなか辛くて、酸っぱくて、美味。トムヤムスープだろうか。

krungsiam_0323_03
●ポピア・ソット(生春巻き)
ー生春巻きはベトナム料理の代表的なメニューですが、
 いまや多くのタイ料理店で定番メニューとなっています。
 当店の生春巻きは、たっぷりの具材を
 もちもちとした皮で包みました。
 スイート・チリソースでお召し上がりくださいー

krungsiam_0323_04
●パッキー・マオ ¥900
 (辛い大豆ソース風味の太めん)
ー直訳すると「酔っぱらい炒め」。酔っぱらいが適当に炒めて
 できた料理というのが、由来とか。辛みが後をひきますー

ケッコウ辛いんだけど、コクがあって、激旨!
太めんという割には、そんなに太くなかったのが謎だが。。

krungsiam_0323_05
●ガイ・パット・バイ・ガパオ・ラート・カオ ¥900
 (鶏挽肉のホーリー・バジル炒め)
ータイの屋台や食堂で人気NO.1のメニュー。
 バイ・ガパオ(ホーリーバジル)というタイのハーブと
 鶏挽肉の相性がすばらしい一品です。
 "揚げた"目玉焼きは必須で、半熟の黄身を混ぜながら
 食べるのがタイ流ですー

これは、ガパオもかなり入っていて、タイ米で、
なかなか辛くて、ケッコウ臭くて、本場仕様。
プリックナンプラーをかけると、さらに絶妙の味わいに。
メニューに「"揚げた"目玉焼きは必須で」とあるのに、
どうみても、揚げてない目玉焼きが、これまた謎。
もしかして、軽く揚げてあるのかもしれないけど。。

いろいろ謎が多い店だが、味わいは、かなりの本場仕様。
次回はじっくりと、ディナーを味わってみたいものだ。

辛さ:★★★★☆(なかなかの辛さ)
値段:一人当たり(およそ¥1,600)
珠玉:ミネストローネカリー
ー十種類の野菜が入った、やさしい深い味わいのカリーです。
 パキスタンのチャツネが、辛さとうまみを増して、
 後ひく味ですー

これは、ホントに、やさしくて深い味わいのカリーだ。
って、そのままのような気もするが、
本当なんだから、イタシカタない。。

s_mine_0322_01

s_mine_0322_02
『東京アメリカンクラブ ビンヤード』
ワインバー
港区高輪4-25-46
http://www.tokyoamericanclub.org/

という訳で、知らないうちに、
東京アメリカンクラブのビンヤードという、
ワインバーへ行ってしまっていた。
ひょっとして、オレは、ジャンパーか!?

tac_0320_01
●フライドポテト
某M○○のとは、エライ違い。
とてもサクサク、サッパリしていて美味い。
そしてこのソースが、絶品。
ただ、何が入っているのか忘れてしまったのが、致命傷。。

tac_0320_06
●ハンバーガー
これまた、某M○○のとは、エライ違い。
ファーストフードとは、一線を画す、
一品料理という感じだ。

tac_0320_02
●海老のサラダ(?)←適当。。

tac_0320_03
●フォアグラ・トースト(?)←多分。。

tac_0320_04
●ステーキ・トースト(?)←おそらく。。

もう、すべてが、美味すぎ。
ただ、昼間っから酔っぱらってたのと、
メニューを全く見てなかったので、
ものすごく、アバウトなのは、あしからず。。
『あろいな たべた(aroyna tabeta)』
タイ屋台料理
吉祥寺
武蔵野市吉祥寺本町1-9-10-B1
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000042708.html

なんと、ランチバイキングが990円で食べられるという、
あろいな たべたに、初訪問。
2過ぎに到着すると、かなりの賑わい、
なかなか人気店のようだ。

aroyna_01
aroyna_02

まずは、第一弾。
壁際にずらりと並ぶ料理の中から選ぶのは、かなり迷うけど、
最初は、食べたいものからチョイスした。

まずは、ホットペッパーのクーポンでゲットしたドリンクで、乾杯。

aroyna_03
●ミー・パッ・ムー(プーケット風豚焼そば)
 甘辛の味わいで、いくらでも食べられそうだ。
●カオ・パッ・ムー(タイ風豚チャーハン)
 これは、オーソドックスな焼飯ってとこ。
●ゲーン・キァオ・ワーン(グリーンカレー)
 けっこう辛くて、ココナッツミルクの甘みも効いていて美味。
●ゲーン・ペッ・ムー(豚肉のイエローカレー)
 イエローカレーって書いて↑あったんだけど、
 どう考えても、どう見ても、レッドカレーだよな。。
 これまた、辛くて、ほのかに甘くて、絶妙の味わい。

これだけで、けっこうお腹が膨れたのだが、
止められず、控えめに、第二弾。

aroyna_04
●ポピア・トート(揚げ春巻き)
●ガイ・トォード(タイ風唐揚げ)
 どちらも、タイ独特の辛いタレに付けて食べると、
 日本の春巻きや、から揚げと違う料理になるから不思議だ。
●パッ・パックルアム(野菜炒め)

aroyna_05
●ブアロイ(白玉ココナッツ)、フルーツ杏仁

このバラエティーに富んだ、本格的な味わいの料理が、
¥990で食べられるんだから、大満足。
ゼヒとも、再訪したいお店だ。

辛さ:★★★★☆(本場仕様の辛さ)
値段:ランチバイキング(¥990)


★おまけ
井の頭公園の桜。
あいにく、途中から小雨が降って来たのが、残念。
aroyna_06

aroyna_07

『米cafe BOX』
Cafe/おむすびやさん(?)
溝口
川崎市高津区久本2丁目6-12

box_01

●豚バラスパイシーカレー

洗足学園の向かい側にある、このお店。
米cafeというだけあって、レジの横のカウンターには、
十数種類のおにぎりがずらりと並んでいる。

box_02

奥の部屋の席について、豚バラカレーをオーダー。
店内を見回してると、4,5分で、カレーの登場だ。
かなり細長い器に入ったカレーは、サラサラ系。

box_03

まず一口食べてみると、最初は、甘さを感じて、
そのあと、辛さがやってくる。
辛さは、ピリ辛程度だけど、甘さとのバランスがなかなか。
予想以上に、深い味わいの本格的なカレーだ。
これで、¥577というのだから、CP的にも大満足。

box_04

他にも、豚バラ生姜焼きセットなどの定食もあるので、
ゼヒ、近いうちに再訪して、試してみなければ。
カレーが、これだけ美味いんだから、かなり期待できそうだ。

辛さ:★★★☆☆(ピリ辛)
値段:豚バラスパイシーカレー(¥577)
『プティフ・ア・ラ・カンパーニュ』
欧風カレー
半蔵門/麹町
千代田区一番町8-13 日興ロイヤルパレス一番町1F
http://gourmet.yahoo.co.jp/0000564867/P000792/

Petit-feu_01

Petit-feu_02

●ビーフカレー 辛口

外から想像するより、店内がかなり広かったので、驚く。
というわけで、ビーフカレーをオーダー。

Petit-feu_03

まずは、欧風カレー定番のじゃがいもが登場する。
ボンディが元祖らしいけど、どうして、じゃがいもが??
辛さを緩和させるためとか、いろんな説があるけど、
未だに、じゃがいもの意味が、イマイチ、理解できない。

それはともかく、カレーも、これまた欧風の王道だ。
炒めた玉ねぎの甘みと、スパイスの辛さ、スープのコクが、
絶妙のコラボレション。文句無く美味い。

Petit-feu_04

これまた、ボンディの流れだと思うし、
ものすごく手間がかかってるのは、わかるんだけど、
¥1,250~という値段設定が、どう考えても高すぎ。

普通の定食だって、¥800~¥900で食べられるのだから、
じゃがいも無しで、¥1,000以内っていうメニューも、
考えていただけないだろうか。

辛さ:★★★☆☆(それなりの辛さ)
値段:ビーフカレー(¥1,250)
『セラドン』
タイ料理
笹塚/幡ヶ谷
渋谷区幡ヶ谷1‐8‐3 GSビル本館1F
http://www.cela-don.com/index.html

cela-don_01

●ヤム・ネーム ¥1,050
(豚肉ソーセージのサラダ)

●ゲーン・ペッド・クン ¥1,400
(海老のレッドカレー)

●カオ・パッド・クラッパオ ¥1,050
(豚肉とバジル炒めごはん)
Khao Phad Kraprao
(Fried Minced Pork with Basil Leaves & Rice)

行く前に念のため、電話で確認してみると、話の途中で、

「ハックション!」「ハックション!!」
「ハックション~!!!」

と、くしゃみを3連発する、お店のお兄さん。
あっけにとられていると、

「ごめんなさい。花粉症ね。」

タイ人も、普通に花粉症にかかるのか。。
などと、妙なところに、食いついてしまう自分。

cela-don_02

紆余曲折があったが(←㊙)、なんとかたどり着いたセラドン。

まずは、本日のオススメから、
ヤム・ネーム(豚肉ソーセージのサラダ)をオーダー。
生ビールを飲みながら、待っているとヤム・ネーム登場。
サラダの中に、ソーセージが入っているもので、
良くある感じのサラダなのだが、
これが、ケッコウ辛くて、酸っぱくて、臭くて、絶妙の味わい。

cela-don_04

このお店で、嬉しいのは、具材を選べるところ。
という訳で、ゲーンは海老を選択。
海老のレッドカレーというのは、初めての体験だ。
辛さはあまり無いけど、とてもコクがあって美味。

cela-don_05

cela-don_06

そして、ガパオご飯。
これも、ライスを選べるので、
もちろん、タイ米でお願いした。
一口食べて見ると、かなり辛いんだけど、なんか薄味。
というか、あまりコクが感じられない。
ナンプラーをもらってかければ良かったんだけど、
テーブルにセッティングされていなかったので、
そのまま食べてしまったのが、敗因か。

cela-don_07

cela-don_08

どのメニューも、¥1,000以上と、
値段設定がケッコウ高めなのだが、
そのわりには、って感じなのが、正直なところだ。

辛さ:★★★★☆(ほどよい辛さ)
値段:一人当たり(約¥3,200)
『欧風カレー工房 すぷ~ん』
欧風カレー
国分寺
国分寺市南町3-4-11-105
http://www.curryspoon.com/

spoon_01

spoon_02

spoon_03

●コロッケカレー

欧風カレーってことなのに、とてもサッパリしていて、
コクがあって、なかなかの美味さ。
ドロッとした欧風カレーは、途中で飽きてしまいがちだが、
これなら、余裕でおかわりできそうな優しい味わいだ。

spoon_04

コロッケもアツアツ、ホクホクの、揚げたて。
これが、¥540で食べられるのだから、
コスパ的にも、大満足だ。

spoon_05

残念なのは、女性仕様なのか、量が少ないところ。
次回からは、大盛りライス(+¥60)にした方がいいかも。

一口食べた時から、
どこかで食べたことがある味だと思っていたのだが、
もしかして、市ケ尾の洋食屋レモンのだろうか。
それとも、きひろの限定カレーだろうか。
近いうちに、確かめに行くことにしよう。

辛さ:★★☆☆☆(辛さはあまり)
値段:コロッケカレー(¥540)

『サバーイ タイランド』
タイ料理
高円寺
杉並区高円寺北3-24-6
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/16665.html

sabai_01

sabai_2
突然、拉致られて向かったのは高円寺の、
サバーイ タイランド。

どうしても、サイバー タイランドと
言ってしまいそうになるのは、自分だけだろうか。
そんなことを考えながら、商店街の細い道を歩いて行くと、
知らないと見過ごしてしまいそうなところに店があった。

sabai_03
●ガイトム(ゆで鶏)
 ーたれをつけて食べてね・旨いよー

sabai_04
●トード マン プラ(タイ風さつま揚げ)

sabai_05
●ラープ(煎り米入りの挽肉サラダ)
 なかなか辛くて、臭くて、とてもパンチのある美味さ。

sabai_06
●プラーラープリック(スズキのチリソースがけ)

sabai_07
●タレパッナムプリックパオ(シーフードのチリーペース炒め)

sabai_08
●カノムパン ナグン(胡麻たっぷりの海老トースト)
 海老味のトーストは、初めての体験。
 ウチでもできそうなので、ゼヒ試してみたい。

sabai_09
●パッマクア(バジルとタイの味噌入り茄子炒め)

sabai_10
●パネーン ムー(豚カレー)
 ゲーンよりは、トロミがある"いわゆるカレー"だ。
 これまた、クセになる絶妙の味わい。

sabai_11
●ゲーンキョウワン(グリーンカレー)
 これは、激旨!
 こんな美味いのは、なかなかお目にかかれない。

sabai_12
●パットキーマオ(辛い大豆ソース風味の太めん)

sabai_13
●プーパッポンカレー(ワタリガニのカレー炒め)

『アロイ~! アロイすぎる~!!』

いきなりだけど、ここの料理は、まったくはずれなし。
何を食べても、超美味だ。

カノムパン ナグン、パッマクア、パネーン ムー、
ゲーンキョウワン、パットキーマオ、プーパッポンカレーは、
激旨!
なかでも、ゲーンキョウワンは、今まで食った中で、
間違いなくトップクラスの美味さだ。
これで、すずめナスが入っていれば、まさに現地仕様なのだが。

しかも、これだけ食べて、ケッコウ飲んで、
一人当たり、¥2,500チョットというのだから、驚きの安さ。

残念だったのは、ガパオを食べ忘れてしまったこと。
次回は、ゼヒしっかりと味わってみたいものだ。

辛さ:★★★★☆(パンチのある辛さ)
値段:5人でなんと(¥12,700)
『鴻(オオドリー)』
スープカレー
神保町
千代田区神田神保町1-25
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/304178.html

●黒毛和牛のハンバーグカレー

スープは、こくの「黒」
(たくさんの野菜と豚骨ベースのスープ)、
スパイシーな「赤」
(たくさんの野菜と手羽ベースのスープ)の2種類。
もちろん赤を選択。
辛さは、"かなりきます"の「3倍」に。

1階は、カウンター5席だけ。
入り口近くの一番端の席に座って待っていると、
まもなくスープカレーの登場だ。

oodori_03

一口飲んでみると、なかなかパンチのある辛さ。
しかも、すごくコクがあって、とても奥深い味わい。

『美味い~! 美味すぎる~!!』

oodori_04

スープカレーで、これほど美味いのは、初めての経験かも。
いわゆる、北海道のスープカレーとはちょっと違うようだが、
完成度は、かなりのもの。

次回は、ゼヒ、こくの「黒」を味わってみたいものだ。

辛さ:★★★★☆(ケッコウな辛さ)
値段:黒毛和牛のハンバーグカレー(¥1,050)
『HARE GINZA(2)』
オリジナルカレー
銀座
中央区銀座5-4-15西五ビル3階
http://www.hare-ginza.com/

●イエローカレー

席に案内されて、イエローカレーをオーダーすると、
お店のお姉さんが、

「かなり、辛いですよ。」と、一言。
「はい。」と、覚悟を決めて答える自分。

前回、唐辛子マーク4つのスペシャルカレーを食べて、
まだ、いけそうだったので、
唐辛子マーク5つのイエローもOKだと思ったからだ。

3,4分後に、早くもカレー登場。
予想通り、普通のカレー屋さんのカレーとしては、
かなり辛い方だと思うけど、
幸い自分のキャパ以内のようだ。
よ、良かった。。
これで、辛くて食えなかったら、思いっきり恥ずかしいもんな。

hareginza_01

一口目は、まず、甘さを感じ、
その後、かなり刺激的な辛さが容赦なく襲ってくる。
個人的には、もう少し甘さ控えめの方が、
バランスが良くなると思うんだけど、
基本的に、甘くて辛いカレーは、ものすごく好みなので、
なかなかの、好感触ってとこか。

hareginza_02

総合的にみると、前回食べた、
スペシャルカレーの方が、自分的には好み。
ただ、全体的なレベルはかなり高いので、
ますます、他のカレーも試してみたくなってしまっただろうが。
また、機会を作って、ゼヒとも再訪したいお店だ。

辛さ:★★★★★(かなりの辛さ)
値段:イエローカレー(¥680)
続きを読む
珠玉:豚肉とはくさいのマイルドカリー
オリジナルカリー
二子玉川
世田谷区玉川3-5-7 黒川ビル B1F
http://www.shugyok.com/

s_hakusai01.jpg

s_hakusai02.jpg

ーやわらかく煮込んだ豚肉を
 はくさいと合わせて
 牛乳でマイルドに仕上げましたー

とても、マイルドなんだけど、
今日のは、引き立てのスパイスだったようで、超激辛。

「今日の、メチャ辛いよ」
と言ったところ、

「良かったら、使ってください」
と、ティッシュを。。

『MARU』
Coffee,Curry&Beer
東村山
東村山市野口町1-11-3

●インド風ビーフカレー

東村山駅西口を出て、2,3分のところにあるMARU。
カレーが美味いということで、訪れてみた。

お店は、とても懐かしい感じの佇まい。
ものすごく居心地が良さそうな雰囲気だ。

maru_01

定番メニューのカレーを頼もうと思っていたのだが、
メニューの本日のオススメに、インド風~というのがあったので、
そいつをオーダーしてみた。

maru_02

ビールを飲みながら、待っていると間もなくカレー登場。
香りは、それほどスパイシーという感じじゃないが、
一口食べると、ケッコウ辛めで、それなりにインド風だ。

maru_03

ただ、なんか物足りないので、福神漬け・らっきょと、
一緒に食べてみると、ほのかな甘みが加わって、
パンチのある、自分好みの味わいに。

maru_04

maru_05

なかなか来る機会が無いと思うが、
次回は、じっくりとお酒を飲みながら、いろいろな料理を、
味わってみたいものだ。

辛さ:★★★★☆(辛さはあまり)
値段:インド風ビーフカレー+生ビール(¥850+¥580=¥1,430)
キレイなお姉さん度:★★★★★

『木曽路(2)』
立ち食いそば
新秋津
東村山市秋津町5丁目13-33
http://local.yahoo.co.jp/detail/spot/bc983def1645fa22dbcd4452eae4b26e/

●納豆ライス ¥350

もうひとつ気になっていた、納豆ライスを無謀にも頼んでみた。
もしかして、納豆とライスだけなのかと思っていたら、
なんとお椀の汁ものが付いている。
ちょっと、好感触。

が、しかし、
そのお吸い物を、一口飲んで、驚いた。
これって、そばつゆじゃん。
わかめとネギが入っているので、
言わば、「わかめそば・そば抜き」。

なんと、納豆は発泡スチロールの容器のまま、
その上にネギが乗せられているだけのもの。
社員食堂の納豆でさえ、ちゃんと他の器に入っているのに。。
恐るべし、木曽路。

kisoji_03

kisoji_04


この合理精神は、特筆モノかも。
確かに、納豆を他の器に移すと、
後で器を洗わなくてはいけないし、
レトルトカレーも、他の器に入れて温めると、
その食器を洗わないといけない。
そういった、人件費・水道料金などを、
極力抑えようという企業努力の現れなのだ。

まあ、それは評価するとしても、
カレーも、納豆ライスも、
これが、最初で最後になると思うけど。
『木曽路』
kisoji_01

立ち食いそば
新秋津
東村山市秋津町5丁目13-33
http://local.yahoo.co.jp/detail/spot/bc983def1645fa22dbcd4452eae4b26e/

●カレーライス ¥400

そば・うどんは、天玉(かき揚げ+卵)以外は、
かけ、天ぷら、たぬき、きつね、月見、わかめ、コロッケ、
すべてが¥300という、驚異的値段設定の、『木曽路』。
なぜ、具が無い「かけ」も同じ値段なのかは、謎だ。
これでは、かけを頼む人は、皆無だと思うのだが。

という訳で、カレーライスもあるので、一応頼んでみた。
まずは、ジャーのライスを器に盛るお母さん。
その後、テーブルの下でゴソゴソしているので、
作り置きのカレーをかけているのかと思っていたら、
その作業の後、袋のようなものをゴミ袋に捨てたではないか。
よくよく見てみると、それはレトルトの袋。

まあ、ある程度は予想してたのだが、
温かいご飯の上に、そのままレトルトカレーをかけて、
電子レンジで温め始めたのには驚かされた。

ウチで食べる時も、ほとんど電子レンジで温めているけど、
ご飯と一緒に温めるという荒技は、さすがにやったことは無い。
恐るべし、木曽路。
まあ、味は、当然のごとく、それなり。。

kisoji_02

が、しかし、もっと恐ろしいことを経験することになるとは、
この時点では、知る由もなかったのである。

つづく。


ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。