おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
10 | 2005/10 | 11
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『英国風カレー サンライン』
カレー
泉岳寺
港区高輪1-5-15
http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13001546/

●英国風特製ビーフカレー ¥1,500

気になっていた、サンラインに行ってみた。
薬膳カレーで、かなり辛いのに、「水は一切お出ししません」という
不思議なお店なのだ。

お店の中に入ると、10席くらいのカウンターには、お客さんが一人もいない。
昼時なのに、どうしてなんだろう?
とチョット不安になりながら、席についた。

「ビーフカレーでよろしいですね。」と女性の店主さん。
このお店は、ビーフカレーしかないんだけど、一応確認のため聞いているようだ。
英国風というのは、良く解らないけど、ニンニクと各種スパイスを長時間炒めて煮こみ、
具材を全て裏ごしして、スープ状にしたカレーなのだ。
体を温める薬効のあるカレーなので、
体を冷やす作用のあるお水は一切出さないとのこと。

何気に見ていると、寸胴からカレーを手鍋に移して、水を足して温めはじめた。
どうやら、寸胴の中のカレーは、濃いめに作ってあり、
それを水でのばして、最終的にスープ状にするようだ。

待つこと数分。
カレーの登場だ。

「ご飯とルーを混ぜると辛いので、まずは別々に食べてください。」とのお言葉。

sunline

ってことで、カレーを一口。
予想以上に辛い。
これは、辛いものが苦手な人だと、食べきれないレベルの辛さだ。
自分的には、食べられそうだったので、一安心。
食べ進むと、辛いだけじゃなく、とても奥深い味わいが広がっていく。

『美味~! 美味すぎる~!!』

一気に完食すると、抹茶アイスが出てきた。
これは、完食した人だけに提供されるらしい。
ということは、途中でギブアップする人も、ケッコウいるのかも。

とてもパンチがあって、コクのある、美味いカレーなんだけど、
¥1,500というのは、チョット高すぎのような気が。
お金に余裕ができた時に、もう一度訪れてみるつもりだ。
スポンサーサイト


ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。