おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『R』
喫茶店
西麻布
港区西麻布 2-16-5
http://merge.co.jp/R/

●カフェラテ(アイス) ¥650
 フレンチトースト ¥500

今日は、西麻布の『R』で、矢原先生けしはん教室
『R』は、『二子ノミの市』『二子朝市』のディレクターの滝本玲子さんが始められた喫茶店だ。

r_frenchtoast_01
↑後ろ姿が、滝本さん。外観を撮ろうとしていたら、挨拶してくださった

r_frenchtoast_02

r_frenchtoast_03

今回初訪問なので、始まる前に、カフェラテと、フレンチトーストをいただくことに。

r_frenchtoast_04
↑まずは、アイスカフェラテ登場

コーヒーの風味がよく効いていて、美味。

そして、フレンチトースト。
とてもしっとりしていて、なんか独特の味わいが。
黄色いきざまれたモノがかかっていて、そいつが怪しいと思い、聞いてみると、
まずは、レモンをしぼって、さらに皮をすりおろして、トッピングしてるとのこと。
レモンの風味と、メープルシロップ(?)とのコラボが、抜群なのだ。

r_frenchtoast_05
↑フレンチトースト

『オリジナル~! オリジナルすぎる~!!』

次回は、ホットドッグを食べながら、ビールをグビッと飲むつもりだ。

////////////////////////////////

今回の“けしはん教室”は、似顔絵でけしはんを作るという新しい試み。
矢原先生が、参加者の似顔絵を描いてくれて、それをけしはんにするのだ。

keshihan_0623
↑完成したけしはんと、インクをつけて、おしたもの

自分で彫っているので、原画より若作りになってしまったけど、自分的には大満足。
他の参加者の皆さんにも、「カワイイ~!」と、ほめていただいた。
まあ、こういう状況で、否定的は発言はありえないってことはよくわかってるけど、
そんなことは超越して、素直にうれしいのだから、不思議だ。
この喜びをまた味わいたいので、矢原先生、またの開催をよろしく!
スポンサーサイト
『Life』
カフェ
鎌倉
鎌倉市雪ノ下3-1-27
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14029032/

●ブレンド ¥600

life_01
↑とても、シックな佇まい

life_02
↑店内は、レトロな雰囲気。BGMはJAZZ。

とても落ち着ける空間で、ついつい長居してしまいそう。

life_03
↑ブレンド

無料で無線LANが使えるらしいので、ここからブログをアップするなんてことも可能。
いつの日か、チャレンジしてみたい。
『手ぬぐいカフェ 一花屋』
カフェ
鎌倉/長谷
鎌倉市坂の下18-5
http://ichigeya.petit.cc/muscat2/

●てぬぐい

松原庵 カフェを出た後は、長谷にある『手ぬぐいカフェ 一花屋』へ。
長谷駅から、線路沿いに5分程歩いたところにある、カフェだ。

ichigeya_01

ichigeya_02

ichigeya_03
↑ドリンクからフードまで、いろんなメニューが。
…あるのだが、すでに、お腹がタップンタップンだったので、
申し訳ないけど、手ぬぐいだけ見させてもらった。。

ichigeya_04

ichigeya_06
↑こんな渋い手ぬぐいを、ゲット。

次回は、しっかり野菜カレーを食べるつもりなので、お許しを。


▼おまけ
ichigeya_05
↑こんなところに、神輿が!?
月末にあるという「盆踊り大会」の時に、使うのだろうか。。
『松原庵 カフェ』
Cafe
鎌倉/由比ケ浜
鎌倉市由比ガ浜 4-10-3
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14032371/

●グラスワイン

無心庵を出た後は、由比ケ浜にある松原庵へ。

matsubaraan_01
↑築70年の日本家屋を改装し、'07年3月オープンした松原庵。

matsubaraan_02
↑お蕎麦やさんなのだが、夕方には、いつものお店に行かなければならないので、今回はパス。

matsubaraan_03
↑隣にある、カフェへ。

matsubaraan_04
↑外には、テラス席もあるのだが、暑かったので店内の席へ。

matsubaraan_05
↑水分は、十分足りていたので、アルコールを。。

次回、そばを食べに来た時には、
美味しいと評判のガトーショコラをデザートにするつもりだ。
『無心庵』
甘味処
鎌倉/和田塚
鎌倉市由比ガ浜3-2-13
http://www.k5.dion.ne.jp/~mushinan/

●冷やし田舎汁粉(つぶあん) ¥800
●クリームあんみつ ¥800

江の電・和田塚駅を降りて、すぐのところにある甘味処。
特筆すべきところは、線路をわたった向こう側に入口があること。
つまり、線路をまたいで行かないと、お店に入れないのだ。

15時前に到着すると、お店を入ったところで、待ちのお客さんが一組。

mushinan_01
↑まさに、鎌倉ならではの、ロケーションだ。

mushinan_02

mushinan_03
↑和田塚から、由比ケ浜に向かう電車の先頭部分を、門の内側からパチり。

mushinan_05
↑いろりの周りの、待ち合いスペース。

mushinan_04
↑お座敷。

mushinan_06
↑お座敷の奥の、板の間。

10分程して、自分たちの、番に。
お座敷を通り抜けて行くと、奥に板の間の洋室があり、窓際の丸テーブルに案内された。
手前にもう一つテーブルがあるのだが、個室の雰囲気があって、ちょっと得した気分だ。

mushinan_07
↑冷やし田舎汁粉(つぶあん)

程よい甘さで、自分でも無理無く完食。

『程よい~! 程よすぎる~!!』

mushinan_08
↑クリームあんみつ お好みで黒蜜を。

これは、一口もらっただけなのだが、別添えの黒蜜をかけなければ、それほど甘くなさそう。

mushinan_09
↑洋室から、座敷を見たところ。

mushinan_10
↑とても落ち着いた雰囲気で、思わず長居してしまいそう…

15時半過ぎにお店の外に出ると、なんと5,6組のお客さんが待っているではないか。
たまたま、すいてる時間に訪れたようで、超ラッキーだったのかも。
時間帯によっては、かなり混むようなので、時間に余裕を持っての訪問を。



ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Laku

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。