おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『(食)越南(ベトナム)(4)』
ベトナム料理
武蔵新城
川崎市中原区上小田中3丁目27-10
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14011047/

ようやく、待望のディナーに、訪れることができた。
20時に予約していたので、少し前に入ると、お店はほぼ満席状態。
ますます、人気が高まっているようだ。

vietnam_0321_01
↑ゴイ・クオン(2本) ¥660
─ライスペーパーで、えび・豚肉・生野菜を巻いたもの─

プリプリのえびと、モチモチとしたライスペーパーの食感が、絶妙。

vietnam_0321_02
↑ゴイ・ガー ¥680
─鶏とキャベツの酢のもの─

酢のものと言っても、ベトナムの酢は、あまり酸っぱくなく、甘みがある。

vietnam_0321_03

vietnam_0321_04
↑バイン・セオ ¥1080
─えび・豚肉・生野菜入りベトナム風お好み焼き─

パリパリとした皮、シャキシャキのもやしが、とてもいい食感。

vietnam_0321_05

vietnam_0321_06
↑えびのフォー

鶏のフォーは前回食べたので、えびのフォーにしてみた。
登場したフォーは、ケッコウ大きな丼に並々と入っていて、かなりのボリューム。
しかも、パクチー、ネギなどが山盛りになっていて、
麺どころか、スープさえも、ほとんど見えないのだ。

その強烈なインパクトに圧倒されながらも、まずは一口。
スープは、エビのダシがよく効いていて、超美味。
一口飲んで、完ぺきにやられてしまった。
もしかしたら、今まで食べたフォーの中で、一番自分好みの味わいかも。

『ゴーン! ゴーンすぎる~!!』

vietnam_0321_07
↑フー・ティウ・ミー・トオ(?) えびいか入り五目お米麺

汁なしの麺だということは、確かなのだが、このメニューだったかは。。
次回行ったときに、確かめてこなければ。。

もう、すべての料理が、はずれなし。
他の料理も味わってみたいので、近いうちに再々々々訪するつもりだ。
スポンサーサイト
『(食)越南(ベトナム)(3)』
ベトナム料理
武蔵新城
川崎市中原区上小田中3丁目27-10
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14011047/

ランチメニュー
●フォー・ガー(鶏肉をのせたお米麺)+チャイ・ニャン(竜眼) ¥830

今回は、待望のフォーをオーダーしてみた。
しばらくして登場したフォーを見て驚愕。
チョット大きめな丼に、麺とスープが並々と入っていて、
その上には、パクチーなどの野菜たちが、山盛りになっているではないか。

v_01

まずは、一口スープを飲んでみる。
とてもさっぱりしていながら、後味にものすごく深みがある重厚な味わい。
このお店のフォーのレシピは、解らないけど、
一般的には、鶏肉、しょうが、ためねぎ、にんにく、などで出汁をとり、
ベトナムの魚醤(ヌクマム)、塩などを使って味を調えるものらしい。

薄味なのに、この奥深いスープの味わいは、
おそらく、じっくり手間をかけて、煮込んだ鶏肉からでているものなのだろう。

v_02

『ゴーン! ゴーンすぎる~!!』

このフォーはもちろんのこと、今まで食べた料理すべてが、超美味!
近いうちに、ディナーに訪れてみなければ。

v_03
『(食)越南(ベトナム)(2)』
ベトナム料理
武蔵新城
川崎市中原区上小田中3丁目27-10
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14011047/

ランチメニュー
●ガー・サオ・ナム+ライス+スープ ¥1,080
 (鶏の五目炒め)

前回食べて、超好みの味わいだったので、
ふらふらと、また、武蔵新城へ。
今回は、ランチメニューの2番目、鶏の五目炒めをオーダーすると、

「香菜、大丈夫ですか?」と、マスター。

「大丈夫です!」と答えると、

数分後に登場した料理には、パクチーが山盛り。
ニンジン、たまねぎ、ピーマンなど、他の野菜たちも盛りだくさんだ。
そのルックスにも、いい香りにも、期待が高まる、高まる。

vietnam_0711_01

一口食べてみると、前回のダラット風牛肉炒めと同様、
甘みと、こしょうのピリ辛具合のバランスが絶妙で、超美味!!

辛さは、それほど感じないのだが、唐辛子がけっこう効いているようで、
食べ進むうちに、汗がじわじわと出てくる。
が、しかし、汗をぬぐうのも忘れて食べ続ける自分。
箸が止まらないというのは、まさにこういうことを言うのだろう。

vietnam_0711_02

『ゴーン! ゴーンすぎる~!!』

次回は、これまた気になっている、フォーを食べてみなければ。
『(食)越南(ベトナム)』
ベトナム料理
武蔵新城
川崎市中原区上小田中3丁目27-10
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14011047/

ランチメニュー
●ティット・ボイー・サオ・ダラット+ライス+スープ ¥1,080
 (ダラット風牛肉炒め)

vietnam_01

以前から気になっていたベトナム料理の店に、ようやく訪れることができた。
日曜日の2時頃に行くと、先客が3組。
いずれも、料理待ちのようなので、時間がかかるのは、その時点で覚悟した。

ランチメニューは豊富で、迷ったのだが、
初めてなので、メニューの一番上の料理をオーダー。

ダラットというのはは、ベトナム中南部に位置していて、
フランス植民地時代に、避暑地として開発された都市とのことらしい。
だから、どういう特徴がある料理なのかは謎なのだが。。

一人で調理されているようなので、時間がかかるのは仕方ないのだが、
覚悟した通り、待つこと30分。
ようやく、料理が登場した。

vietnam_02

が、しかし、待った甲斐があった。
パクチー、牛肉、トマトのコラボがすばらしく、
甘めの味付けと、こしょうのピリ辛具合のバランスも抜群で、超美味!!

『ゴーン! ゴーンすぎる~!!』

vietnam_03

あまりにも美味すぎたので、周囲の目も気にせず、
具を食べ終わった後、ソースを全部飲みほしてしまったではないか。。
もちろん、ちゃんとスプーンを使ってだが。。

ベトナム料理の、ディナー候補に遭遇!
近いうちに、いろんな料理を味わいに再訪してみるつもりだ。


ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Laku

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。