おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『タイ料理教室★Tit-Cai-Thaifood(2)』
May先生のタイ料理教室に、2回目の参加。
今回は、タイスキを教えていただく。
タイ料理は、けっこう食べに行っているのだが、
実は、ここだけの話、タイスキは今日が初めて。

例によって、まずは先生のお話を聞いてから、手分けして料理に取りかかる。

titcai_1213_01
↑切り具合を、キビシくチェックする(?)、May先生。

titcai_1213_02
↑ガパオを素揚げする、May先生。
 油がはねないコツを、伝授していただく。

titcai_1213_03
↑タイスキの、具と、たれのみなさん。
 上左から、野菜の皆さん。白菜、セロリ、空心菜、
 春菊、万能ネギ、きくらげなど。
 中華麺。むきえび。
 ピータンのサクサクバジル揚げ。タイのソーセージ。
 ナムチム・スッキー。2種類のタレ。
 左側が、唐辛子、パクチーの根、にんにく、ナンプラー、レモン汁、
 お酢、レモングラス、砂糖、塩などをミキサーにかけた、爽やかなタレ。
 右側は、チリソース、オイスターソース、シーユーカオ、にんにく、
 ごま油、砂糖、パクチーの根、ガディアムドーンの汁などを
 ミキサーにかけ、火にかけ沸騰させ、最後にパクチー、白ごまを混ぜたもの。

titcai_1213_05
↑タイスキの具のみなさん。
 左側は、ワンタンの皮に、たたいた豚肉と、鶏肉を包んだもの。
 その横は、小さなイカにミンチの肉をつめたもの。
 右側は、むきえび。下は、ミンチの肉を団子状にしたもの。
 一番下は、この餡をのりで巻いたもの。
 このミンチ肉だけで、これだけのバリエーションができるのには、驚きだ。

titcai_1213_04
↑豪華な、タイスキ完成

titcai_1213_06
↑具を鍋に投入。
 とても、待ち遠しいひとときだ。

titcai_1213_07
↑鍋が煮えるまでに、ピータンのサクサクバジル揚げを。
 ピータンを揚げてから、ガパオごはんの具の部分を上からかけたもので、
 ピータンの独特のクセがかなり無くなって、とても食べやすく、美味。

titcai_1213_08
↑最後は、ごはんを入れておじやに。
 タイでは、ご飯を入れることは無いそうだが、ここは、日本なので、No問題。
 もう色んな出汁が出ていて、超美味。
 かなり満腹だったので、全部食えなかったのが残念だったのだが。
 あまりにも美味すぎて、前半飛ばしすぎたのが、敗因か。。

ゼヒとも、来年の新年会で、作ってみたいものだ。

スポンサーサイト
『タイ料理教室★Tit-Cai-Thaifood』 パットガパオ・ラート・カーオ他
titcai_01

以前から、とても気になっていた長澤 恵さんの、
Tit-Cai-Thaifoodに行ってきた。
もちろん、教えていただくのは、ガパオライス!

料理教室というのは、初めての参加なので、やや緊張していたのだが、
到着すると、長澤さんが笑顔で迎えてくださり、一気にリラックス。

エスニカンさんのブログでよく見ていたので、ぜひ一度参加したかったんです。」

とお話しすると、

「エスニカンさん、今日いらっしゃいますよー。」

と、先生から衝撃のお言葉が。
みんな、驚きの声を上げていると、計算したかのように、エスニカンさんが登場。
大爆笑になったことは、言うまでもない。

のっけから、予想もしていなかった、ドラマのような展開だ。

今日のメニューは、「タイの喧騒の街角で食べる屋台料理!」
パットガパオ・ラート・カーオ(ガパオライス)、
ヤム・ママー(インスタントラーメンのサラダ)、
カノム・クローンクレーン・ゲーオ(貝殻のココナッツミルク)、
カノム・カイノッカター(鶉の卵のお菓子)←先生のプレゼントメニュー
の4品。

まずは、それぞれの材料、作り方のポイントなどの説明から。

カパオ(ホーリーバジル)、
ホーラパー(スイートバジル)、
メンラック(ヘアリーバジル)
の違いや、
ここだけの話という、かなりディープな話も聞かせていただいた。

という訳で、ガパオライスは、もちろん、
カパオ(ホーリーバジル)を使った料理のこと。
つまり、ホーラパー(スイートバジル)では、
“ガパオライス”じゃないってことを、再認識。

そして、いよいよ、各自作業を分担して実践に。
豚肉を細かく切って、ひたすら、タタク、タタク。
そして、クロック(すり鉢)で唐辛子、にんにくなどを、
ひたすら、スル、スル。
もっぱら、力技関係の担当だ。。

材料の加工がすべて終わったら、"炒め"、"揚げ"の作業開始。

titcai_02
↑まずは、カイダオ(揚げ卵)
 コツを伝授していただいたので、全員プロ並のデキ栄え!

titcai_03
↑カノム・カイノッカターを揚げているところ

titcai_04
↑真打、ガパオの炒め開始
 まずは、先生のお手本から。 ガパオは、驚くほど大量に投入!

titcai_05
↑続いて鍋をふるう、エスニカンさん。

titcai_06
↑料理完成!
 屋台料理とは言え、こうやって盛り付けると超豪華だ。

titcai_07
↑本日のメニュー、一人前。

titcai_08
↑パットガパオ・ラート・カーオ(ガパオライス)
 これだけ大量にガパオが入っていると、それだけで超幸せ。

titcai_09
↑ヤム・ママー(インスタントラーメンのサラダ)
 サラダと言っても、麺が入っているので、かなりのボリューム。
 結構辛くて、酸っぱくて、超美味。

titcai_11
↑カノム・クローンクレーン・ゲーオ(貝殻のココナッツミルク)
 もちっくにゅの食感が楽しい♪

titcai_10
↑カノム・カイノッカター(鶉の卵のお菓子)
 ほのかな甘さが、絶妙!

『アロイ~! アロイすぎる~!!』

もう大満足な、あっという間の4時間。
タイ料理人を目指して(?)、今後も、通ってしまいそうだ。


ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Laku

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。