おいしい生活! part1
アロイ タイ料理、ベトナム料理、和食、洋食、麺類、パン、ケーキ、なんでも食べある記! B級グルメにはまっている、今日この頃!
10 | 2017/03 | 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ラオスフェスティバル2012』
ラオススティバル
代々木公園
http://laos-festival.info/

ラオスフェスに参加するため、今週も、代々木公園へ。
ジャマイカフェスと同じくらいの規模で、会場は、ステージ周辺のスペースだ。

laos-fes_07
↑第3回ラオスフェスティバル開催

ラオスフェスと言っても、タイ料理のブースが数々。

↓ルンルアン                            メイスィールアン↓
laos-fes_02
↑バーンリムパー                         サワディ↑

↓ビアラオ ¥400                        大使館ブース↓ 何故か手書き…
laos-fes_03
↑ビルマ風素麺の材料                       ビルマ風素麺↑

まずは、ラオスのビール、ビアラオをゲットして一回り。
大使館ブースの、ビルマ風素麺を購入してみた。

カオソイ(カレーラーメン)の素麺版といった感じ。
美味いんだけど、熱くも冷たくもなく、ぬるいのが、残念なところ。
って、もしかしたらそういう食べ物なのかもしれないけど。

laos-fes_04
↑ひき肉バジル、“ゆで卵付”!?              なんとフランス料理のブースが↑

laos-fes_05
↑ALUNAのステージ

↓ビアラオ ダーク(黒ビール) ¥400
laos-fes_06
↑ラオス風ソーセージ ¥300                 すた丼屋のPRをする「掟マン」の方々↑


★2010年のレポは、こちら
スポンサーサイト
『インドネシア フェスティバル 2011』
代々木公園
http://indonesianembassy.jp/indonesiafestival/

今日は、代々木公園で、インドネシア フェスティバルを楽しむことに。
いろんなフェスに行っているが、インドネシアは初めてかも。

indnesiafes_01

12時過ぎに到着すると、ほどほどの込み具合。
人気のあるブースは、行列になっているが、おそらく10数分並べば買える感じだ。

早くも梅雨が明けてしまい、ものすごく暑かったので、まずはビールを。

indnesiafes_02
↑バタフィアビール

indnesiafes_03

インドネシアのビールらしい。
まったくクセがなく、とても飲みやすいビールだ。

indnesiafes_04
↑ステージでの演奏

indnesiafes_05
↑インドネシアの楽器、アンクルン

indnesiafes_06
↑アンクルンの体験合奏

アンクルンをお客さんに配って、みんなで演奏しようという、企画。
アンクルンとは、インドネシアの竹製の打楽器で、中をえぐってオクターブに調律した2本の竹筒と
それをつなぐ竹枠からなり、ゆすって竹筒と竹筒をぶつけて音を出す。
音程は竹の長さ・太さによって異なり、ハンドベルのように何人かで分担して音階を形成する。
とのことで、配られたアンクルンにつけてある番号が、
1=ド、2=レ、3=ミ、4=ファ、5=ソになっているらしい。
お姉さんが指した番号のアンクルンを持った人が鳴らすことで、音楽を奏でようということらしい。

まずは、1から順番に慣らして、最終的には、“ふるさと”の合奏を。
とても優しい、素朴な音で、不覚にも、感動してしまったではないか。。
そして最後には、配られたアンクルンを、プレゼントするというサプライズまで。
なかなかやるな、インドネシア大使館!

indnesiafes_10


indnesiafes_07

indnesiafes_08
↑店名不明…

indnesiafes_09

●ミーゴレン(インドネシアの焼そば) ¥500
─味は負けないーよ─


音楽を堪能して、腹が減ったので、このお店で、ミーゴレンを。
甘辛い味付けで、超美味。

『エナック スカリ~! エナック スカリすぎる~!!』

あまりにも暑かったので、2時間余りで、退散。
来年は、午前中の早い時間に訪れないとね。
『ラ・ジュルネ(3)』
カフェ、創作料理
鎌倉/由比ガ浜
鎌倉市由比ガ浜3-9-47 中丸ビル1F
http://r.gnavi.co.jp/a084200/

●焼肉ライス ¥1.050

今日こそ、ナムル丼を食べようと、久しぶりに、ラ・ジュルネへ。
黒板のメニューを見ると、以前は一番上に書いてあった、ナムル丼が見当たらない。
が、おねえさんが持ってきてくれたメニューには、載っていたので、

「ナムル丼を」と、オーダーすると、

「すみません。暑い時期はやっていないんです。」
「涼しくなってきたので、もうすぐ始まると思いますが…」と、おねえさんのお言葉。

という訳で、泣きながら(心の中で…)、焼肉ライスをお願いした。

lajournee_0924_01

頼んでから、メニューを眺めていたら、タイ風ピリ辛スープを発見。
すっかり忘れていたのだが、これも食べたい候補No2の料理だった。。
もう、調理が始まっているようなので、再び泣きながら(心の中で…)オーダー変更は断念。

数分後に登場した、焼肉ライスに驚いた。
この店では、当たり前のことなのだが、あまりの量の多さに、毎回ビックリしてしまうのだ。

lajournee_0924_02

まずは、野菜から攻略。
ドレッシングがとても美味。
そして、野菜は、葉っぱだけじゃなく、茎の部分も入っているので、
シャキシャキとした、食感も存分に楽しめる。

焼肉も、肉だけじゃなく、ナス、タマネギなど野菜類と炒められていて、超美味。
しかも、にんにくチップス、きざみのりなどが、とてもいいアクセントになっているのだから、
もう、何も言うことがない。
でも、お約束なので、

『超美味~! 超美味すぎる~!!』

正直言って、ナムル丼が食べられなかったショックで、衝動的に頼んでしまったのだが、
そのショックを払拭してくれるだけのインパクトがある、感動的な料理だった。
次回こそは、待望の、ナムル丼を。。
期待が、ドンドン膨らむ。

☆前回のレポは、こちら
『馬来西亜マレー(2)』
マレーシア料理
祖師谷大蔵
世田谷区祖師谷4-21-1
http://hw001.gate01.com/zakka/sub2.htm

一年ぶりに、馬来西亜マレーへ。

malaysia_0620_01
↑タイガービール
シンガポールに本社を置くビールメーカーのビールなのだが、
マレーシア、タイ、ベトナムでも、よく飲まれているらしい。

malaysia_0620_02
↑サンバル・ソーセージ
酸っぱ辛くて、美味。

malaysia_0620_03
↑トムヤム・ソーセージ

malaysia_0620_04
↑グリーン・ニョッキ
グリーンカレーの中に、すいとんが入っている。。

malaysia_0620_05
↑プタイカレー
空豆みたいな、プタイという豆の入ったカレー。

malaysia_0620_06

malaysia_0620_07
↑クーパー・フォー
イエローカレー風のスープに、そうめんが入ったもの。

malaysia_0620_08
↑バクテー
トロトロになるまで煮込まれた豚肉が、超美味。

malaysia_0620_09
↑イスパハーニ
なんとも、豪快な、スープ。

何を食べても美味いのに、驚愕。
しかも、ビールを1本飲んで、腹一杯食べて、¥2,250って。。

『セダップ~! セダップすぎる~!!』

『安い~! 安すぎる~!!』


※1回目の訪問は、こちら。
『「夏にぴったり!本場の味を日本の素材で」ラオス料理教室』
ラオス料理教室
http://homepage2.nifty.com/aspbtokyo/news/news_201009.htm

日 時:2010年6月12日(土) 11:00~14:30(10:30受付開始)
参加費(材料費込み):一般2,000円、会員1,800円
募集人数:20人(先着順)
メニュー(予定):魚のカオプン(魚でだしをとったスープに野菜たっぷりの麺)、
        ポンマーククワ(ナスのチェオ‥辛みそ)、
        きゅうりのサラダ(パパイヤサラダのきゅうりバージョン)
        もち米、ラオスコーヒー
持ち物:エプロン、三角巾、マスク、タオルなど

会 場:馬込文化センター調理室(大田区中馬込三丁目26番3号)
    馬込文化センターについては、こちらをご覧下さい。

ラオス料理に興味のある方は、ゼヒ。

laos_03
↑以前、サバイディー ピーマイパーティでいただいた、ラオス料理。
左上から、
●タム・マークフン(パパイヤとにんじんのサラダ)
 パパイヤとにんじんをレモンや
 唐辛子を利かせたドレッシングで頂くヘルシーなサラダ
●ヨーチュン(揚げ春巻)
 肉、野菜などさまざまな具を、もちもちの皮で揚げたラオス風春巻
●ピン・カイ(ラオス風鶏肉のオーブン焼き)
 レモングラス、ニンニクなどのタレに漬けてからグリル。ラオス風焼き鳥。
●チャオ・ボーン(唐辛子辛ミソ)
 古都ルアンパパンの特産品。もち米を付けながらお試しください。
●カオニャオ(もち米)
 ラオスの主食はもち米。片手で小さく丸めて、おかずと一緒にどうぞ。
●ラープ・グァ(ラオス風牛肉のハーブ和え)


ブログ内検索

QRコード

QRコード

プロフィール

Author:Laku
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

RSSフィード

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。